Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
最新の記事
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
変わらないでほしいもの
at 2016-12-25 18:35
緑色のヤゴ
at 2016-12-15 21:24
貫禄あるヤゴ
at 2016-11-27 23:05
続・ついに玄関先で!
at 2016-11-14 23:30
檜洞丸に登る
at 2016-11-08 22:50
杉並公園日記 晩秋編
at 2016-11-06 21:04
ついに玄関先で!
at 2016-11-03 21:43
LINK
お気に入りブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
絵本屋ティール・グリーン...
A little som...
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
banyanさん、コメ..
by dragonbutter at 22:50
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:46
寒い時期のヤゴ観察は厳し..
by banyan10 at 20:46
寒さが苦手なヒメオオとし..
by himeoo27 at 16:48
タグ
(132)
(111)
(107)
(68)
(60)
(53)
(52)
(52)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ヤゴ後沖縄気分
サナエトンボはほとんどが流水域で育つが、ウチワヤンマとコサナエは例外的に止水域のサナエだ(西日本にはコサナエの仲間が他に3種いる)。
春にコサナエがたくさんいた浅い池に行った。
e0167571_164057.jpg
ザルで掬うと3回目ほどで早くもコサナエが入った。
e0167571_16402584.jpg
30分足らずで終齢が2匹掬えた。初めて見るヤゴであるが、第10節が長いので他のサナエとはすぐ区別できる。コサナエは小さなサナエだが、成虫になるまで2-3年かかるという。東京近辺では限られた場所でしか見られないが、区内では唯一皇居にいるらしい。
他にはカワトンボ、モノサシトンボ(多数)、シオカラの仲間がいた。
その後で少し移動して蝶の温室に行ってみた。真冬でも、種類は少ないもののたくさんの蝶が飛んでいた。
e0167571_16404643.jpg
e0167571_16405989.jpg
e0167571_16411298.jpg
e0167571_16413170.jpg
e0167571_16414265.jpg
いつかフィールドで撮影したいものだ。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-01-08 16:43 | チョウとトンボ | Trackback | Comments(4)
お正月の天体ショー
今年の正月はゆっくりと過ごした。天気も良くて暖かだった。
2日は家内と遅ればせながら話題の「君の名は。」を見に行った。夫婦50割引というのはお得感がある。
冒頭の場面は彗星が分裂して、その一つが大気圏に突入するアニメーションならではの美しい映像だった。
映画館からの帰り、西の空に三日月がかかり、すぐそばにとても明るい宵の明星が輝いていた。何とか写真に撮りたかったが、帰宅した時は既に沈みかけていた。
翌3日、今度は火星が月に大接近するということだったので、自宅のベランダで撮影した。
月は思いのほか明るくて素人写真もいいところですが(汗)。
明るめに撮ると月の欠けている部分をうっすらと見ることができる。
e0167571_21531741.jpg
これは地球照といって地球に照らされた月の表面。太陽の光が地球と月で2回反射したものを見ていることになる。
暗く撮ると月のクレーターも写りはじめるが、あまり暗くすると火星が消えてしまう。
e0167571_21552066.jpg

金星は昨日に比べて随分と月から離れてしまった。
e0167571_21553784.jpg
「惑星」の由来がわかるような気がした。
今夜は「しぶんぎ座流星群」の活動が極大を迎えるという。見たい気はするが、明日は仕事で早いのでもう寝ることにしよう(笑)。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-01-03 21:58 | その他 | Trackback | Comments(4)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年も皆様に素晴らしい出会いがありますことを。
遅ればせながら去年の思い出深いカットを月ごとに並べてみました。
再掲載ありです。月1なので惜しくも載らなかったシーンもあります。
見直してみますと、映像だけでなく、寒さ、暑さ、風やせせらぎの音、そして現地でご一緒した方(カッコ内に記しました)の顔などよみがえります。
e0167571_0152098.jpg
e0167571_0153336.jpg
e0167571_0154422.jpg

1月:積雪のある山中で見つけたアサギマダラ(妻と)東京都
2月:モンキチョウ初見記録更新(ダンダラさん、banyanさん)埼玉県
3月:シロミスジのonly oneカット(単独行)沖縄県
4月:カタクリの咲く斜面に来たギフチョウ。(単独行)新潟県
5月:北アのオレンジ、クモマツマキチョウ(Fさん、霧島緑さん)長野県
6月:小さな命の輝き、オオミドリシジミ(Hさん、haruchanさん)神奈川県
7月:照葉樹林の宝石、キリシマミドリシジミ(banyanさん、ヘムレンさん、みき♂さん、daronさん、Sさん)静岡県
8月:高層湿原の上を飛ぶルリボシヤンマ(妻と)長野県
9月:ミヤコグサとシルビアシジミ(ミヤビア)(banyanさん、ヘムレンさん、みき♂さん、ダンダラさん)栃木県
10月:真田の里でマダラヤンマ(Hさん)長野県
11月:秋でもナツ、ナツアカネの交尾 神奈川県
12月:杉並に進出したホシミスジの越冬巣 東京都
事情はいろいろでしょうが、蝶やトンボのホームページやブログに一時ほどの賑わいがなくなっているように感じます。かくいう私もなかなか時間がとれなくなり、不本意ながら不定期にはなりますが、出来るだけ更新を続けたいと思いますので、思い出した頃訪問していただければ嬉しいです。
今年もどこかでお会いしましょう。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-01-01 00:17 | その他 | Trackback | Comments(10)
変わらないでほしいもの
風邪で喉をやられてしまった。この年になると風邪が治りにくくなってきた。
24日は天気もいいし、体調も少し回復したので、南関東ではなかなか見ることが難しいヨツボシトンボのヤゴでも探そうかと午前限定で出かけた。
この小さな池は人工的なものらしいが、長い年月でヨシが茂っていい感じだ。浅いのである程度長靴でも入れる。
ヤゴの数も多い。中でもマルタンヤンマのヤゴがいっぱいいた。
e0167571_1831023.jpg
他にはシオカラトンボ属、ショウジョウトンボ、モノサシトンボが掬えた。シオカラとはちょっと違う雰囲気のヤゴが採れた。
e0167571_18315268.jpg
脚は細めで頭部が台形。複眼も少し大きめ。よく見ると3-8節に背棘があるので目的のヨツボシトンボだ。
e0167571_18321396.jpg
羽化は観察したことがあるがヤゴを掬ったのは初めて。
コオイムシも掬えた。
e0167571_18322952.jpg
春になれば赤とんぼも何種類か発生するに違いない。
ここはアメリカザリガニもブルーギルもいなくて水生昆虫にとっては楽園なのだろう。そんな意味でもいつまでもこのままの状態で残ってほしい池である。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2016-12-25 18:35 | ヤゴ | Trackback | Comments(4)
緑色のヤゴ
Paracercion(クロイトトンボ属)のヤゴ兄弟。
e0167571_2122458.jpg
別の場所で掬ったもの。環境その他から別種とふんでいるが、まだ若齢で自信がないので兄と弟と呼んでおく。いずれもさぞ目立つのではないかと思われるきれいな緑色のヤゴである。
しかし兄貴のしがみついていたカボンバと一緒に撮るとなかなか見つけにくい。
e0167571_21222712.jpg
e0167571_21223761.jpg

上が兄で下が弟。兄のいた沼にはブルーギルもいたので、このような保護色でかろうじて生き残っているのかもしれない。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2016-12-15 21:24 | トンボ | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |