Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
赤城姫に会いに
明日から天気が崩れそうなので、連休最後の遠出をする。
赤城ヒメギフ撮影だ。
以前は群馬県の北部にいくつか産地があったらしいが、現在関東でヒメギフチョウが見られるのは赤城山だけだ。
昨日はニュースで高速の大渋滞を報道していたので、家を5時半頃出たが、既に渋滞は始まっていた。
9時頃目的地に着くと、「赤城姫を愛する集まり」の方たちが集合しているところだったので、お話をしながら一緒に登り始める。途中は1匹も出現しなかったが、山頂に着くと、反対側の南斜面でかなりの数が飛んでいる。しばらくぶりにお会いするTheclaさん他、10人近いカメラマンが既に到着している。薄曇のせいか、結構とまってくれた。
e0167571_21111551.jpg
そのうち2匹がもつれ合って地面に墜落。すわ交尾か!、と思ったが、どうもオス同士の戦いであったようだ。
e0167571_21121163.jpg
一度だけスミレに訪れたが、あわてて撮ったらしっかりピンボケ。まだまだ未熟だ。むしろシャッターを押す寸前に飛び立った写真のほうが面白い(負け惜しみ)。
e0167571_21135015.jpg

超接写で写すと毛むくじゃらな顔が蛾みたいでちょっと気味悪いね。
e0167571_21143469.jpg

帰りにカタクリの花で粘ってみたが、雲が厚くなって飛来しなかった。
やや消化不良ではあったが、初めての場所だからまあまあとしよう。
帰りは覚悟していた渋滞が全くなくて、拍子抜けした。
最後になったが、赤城姫を守っておられる地元の方々に敬意を表したいと思います。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-05-03 21:18 | チョウ | Comments(2)
Commented by thecla at 2009-05-03 23:32 x
お疲れ様でした。千葉のルーミス以来でしたので、最初わからず失礼しました。
私もカタクリの花の前でしばらく粘ったのですが、やっぱり飛んできませんでした。
まあ、これでまた行く口実が出来たと思うことにします。
Commented by Dragonbutter at 2009-05-04 08:26 x
theclaさん:
お疲れ様でした。午後曇ってしまったのが痛かったですね。またの機会に挑戦したいと思います。
<< メッカ訪問 | ページトップ | 渓流の生きた化石 >>