Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
これでも蜻蛉好きさん、ご..
by dragonbutter at 22:29
フィールドではお邪魔をし..
by これでも蜻蛉好き at 22:15
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 22:56
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
タグ
(138)
(124)
(110)
(69)
(62)
(57)
(56)
(55)
(52)
(37)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
大雪山撮影行-2-
21日と22日は山麓を回ることにする(実は22日にもう一度山をチャレンジしたのだが、悪天候のため途中で断念、下の写真は斜度をほんの少し強調してますが、笑)。
e0167571_22381121.jpg
21日午前は鳥の大物を撮影できたんですが、別の機会ということで、、

山麓はまだ春の気配が残っている。林道沿いの渓流にはムカシトンボが高飛し、黒っぽいシジミは近づくとコツバメだったりする。
e0167571_2240849.jpg
林道ではエゾスジグロシロチョウが多い。
e0167571_22403669.jpg
この蝶、最近ヤマトスジグロシロチョウと本種に分けられた(以前は両者ともエゾスジグロシロチョウと呼ばれていた)。そんなわけで我が写真のコレクションに1種追加となる。
サカハチチョウには何度もアカマダラ(北海道特産種)かと騙されかけた。
e0167571_2241818.jpg

越冬タテハもまだまだ元気だ。クジャクチョウのオス(右)が盛んに翅を震わせて求愛していたがふられてしまった。
e0167571_22423554.jpg

麓で目に付いたのがエゾシカだ。
e0167571_22445813.jpg
数が増えて食害がひどいらしい。こちらが見つけるよりずっと前から気付いているんだろう、見つけたときは必ず既にこちらを見つめて警戒していた。でもあわてて逃げ去ることはしない。近づくと一定距離を保ちながらずっとこっちを見ている。
草原には本州では見られないヒメウスバシロチョウが優雅に舞う。
e0167571_22461734.jpg
e0167571_2247037.jpg
本州のウスバシロチョウのような黄色味がないため更に清楚な雰囲気だ。エゾシロチョウはまだ出始めたばかりだろうか、今までの記憶にはない新鮮な美しさがあった。
e0167571_22474774.jpg

道路沿いにきれいな花に彩られた廃屋があった。住んでいた人がよっぽど花好きであったんだろう。そこに咲いていたレンゲツツジには時々ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、そしてキアゲハが訪れた。北海道のミヤマカラスアゲハ春型は日本産蝶類多しといえども、最も美しいもののひとつである。
e0167571_22511920.jpg
少し時期が遅いのか、摺れた個体が多く、またあまり日が射さないため(というよりテクニック不足のため)本来の美しさを再現できていない。
ふと見ると葉の上に小さなサナエトンボがとまっている。ダビドサナエに似るが胸部の模様からモイワサナエだ。
e0167571_22514922.jpg
関東ではそう易々とはお目にかかれないので、喜んでカメラに収める。
そろそろ日が傾いてきた。最終便に間に合うように空港に戻らなくては。
Hさん、遠くまでお付き合いありがとうございました。また企画しますね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-06-26 22:59 | チョウ | Comments(0)
<< お久しぶりの4種 | ページトップ | 大雪山撮影行-1- >>