Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新の記事
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、あけまして..
by dragonbutter at 22:44
明けましておめでとうござ..
by himeoo27 at 20:27
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 21:40
banyanさん、あけま..
by dragonbutter at 21:39
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
仕事帰りの道草
仕事帰りにちょっと道草。
目的はこれ。
e0167571_2163574.jpg
このトンボの特徴はなんと言ってもこれ。
e0167571_2165442.jpg
サナエトンボは似た種類が多くて鑑別に苦労するが、オナガサナエは名前からもわかるように、尾部付属器がこんなに立派!!それを自慢するかのように腹部を少し持ち上げてとまっている。こんなハサミムシの鋏のようなものに首根っこをはさまれたメスはさぞ痛いんじゃないかと思うが余計な心配だろう。本当は人工物でないものにとまった写真が撮りたかったんだけど。
近くではモンキチョウがもつれ合って飛んでいた。
e0167571_2195676.jpg
一時4匹がつるんだが、さすがにいい写真が撮れなかった。
近くの里山保全地区の田んぼで、初めて見る大きな蛾を目撃。
e0167571_21172728.jpg
どうもハグルマトモエらしい(間違いがあればご指摘ください)。
ウスバキトンボも増えてきた。産卵も観察された。
e0167571_21175413.jpg
ということは夏も後半に入ったということだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-08-01 21:21 | トンボ | Comments(2)
Commented by maximiechan at 2009-08-04 05:23
勿論撮るチャンスがあれば撮るし、だんだん勉強していくつもりですが、いつも飛び回っているイメージの強いヤンマは、自分の撮影スタイルと合わない気がして、積極的には撮影しようとは思っていません。でも何種類か撮って、それぞれの種の違いなどがわかってくると、だんだん深みにはまりそうですね。秋にはあの場所でマダラヤンマが見られるそうですね。それが起爆剤になってしまうかもしれません。
Commented by dragonbutter at 2009-08-04 18:54 x
maximiechanさん:
マダラヤンマはよくホバリングをするため、ヤンマの中では撮りやすい方だと思います(私もそんなにいろいろ撮っていませんけど)。是非狙ってみてください。
<< 夏の渓流にて | ページトップ | 高原にて >>