Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
この場所は入山規制で入れ..
by ダンダラ at 16:29
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
蜂の巣物語 -2-
玄関先のコアシナガバチの巣、ヒメスズメバチに襲われるのを目撃した後も、昨日までは確かに働き蜂がたくさんいて、特に変わりなかった。
しかし今日昼に覗くと蜂が一匹もいなくなっている。餌を捜しに出かけているのかと思ったがどうも違う。下から覗いても幼虫や蛹はいそうもない。だいいち巣には小さな蟻がいっぱいたかっている。
e0167571_22255398.jpg
ヒメスズメバチは親蜂を決して襲わないというから、可能性としては、
1. 新しい女王蜂と雄蜂が生まれて営巣活動を終了した。
2. スズメバチに幼虫、蛹をすべて食べられたため、この巣を放棄した。
以上は全く素人の想像であるが、どうもこの巣が再び使われることがないことは確かのようだ。見つけてからは短い付き合いだった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-08-30 22:28 | その他の昆虫 | Comments(0)
<< ミヤマシジミの楽園 | ページトップ | 久しぶりの蝶遠征 >>