Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
Where are you from?
今日は以前掲載したコバネアオイトトンボを撮った日(10月18日)に行ったもう一箇所の記録です。すっかり賞味期限切れですが・・・・・

18日の遠征の主目的はトンボの飛来種(元々その土地には土着していなくて、遠方から飛来した種)の撮影だった。いただいた情報では2種類見られるチャンスがありそうだ。
天気は快晴。でも風が強い。目的の池に着いてさっそくスタンバイ。マイコアカネ、ネキトンボ、アオイトトンボがいっぱいいる(下の写真はネキトンボ)。
e0167571_1414696.jpg
秋の日差しは低く、逆光になるとトンボが見にくい。目的のスナアカネは1977年に初めて日本から記録された飛来種だ。10時頃から飛び始めるということであったが、今日も10時少し前にきちんと「出勤」。これも何人かいた達人に指摘していただかなかったらすぐにはわからなかったろう。そういわれればネキやアキアカネより少し白っぽく見える。それでもウスバキトンボもいるし、やっぱり難しい。
活発に飛び回っていたが、なんとかとまったところを証拠写真程度にカメラに収めた。
e0167571_1421415.jpg
これきりのチャンスだった。複数匹来ているということだったが、この日はどうもこの1匹だけだったようだ。長旅のせいかだいぶ擦れている。
飛来種には大陸からのものと南方からのものがいるが、スナアカネの本来の分布はアフリカ,南ヨーロッパ,中央アジア、インドなど。「スナ」は体色から来ているらしいが、「中央アジア」や「砂」という言葉から、シルクロードを通って飛んできたのかな、なんて想像してしまう。複眼の下半分や胸の一部は青灰色の「異国情緒」あふれるトンボであるが、うまくそれが写っていなくて残念。
10時を過ぎるともう一種類の飛来種、ハネビロトンボも飛び始める。
e0167571_1425166.jpg
こちらはアカトンボ達よりやや大きめで、羽に褐色斑があるので私でもすぐわかる。とても飛翔力が強いトンボだが、2度ほど休んでくれた。
e0167571_143627.jpg
こちらは南方系のトンボ。日本でも九州や四国の南部では定着しているようだ。
このトンボには思い出がある。学生時代の夏休み、実家の近くの標高900mにある池にトンボ観察に出かけた。そこにどうも様子がおかしいトンボがいた。近づくと、一瞬我が目を疑ったが、ハネビロトンボであることはすぐにわかった。夢中になって撮影したあと採集し、高校時代の恩師で地元のトンボを研究しておられた故I先生を母校に訪ねた。先生は「ちょっと待ってろ。」というと、地方紙に電話をかけ、記者?がすぐバイクでやって来た。これが長野県でのハネビロトンボの初記録となった。そのあと学生時代、奄美や沖縄にも行ったので、たくさん見ているはずなのだが、ハネビロで思い出すのはこの時のことだけである。あの思い出の記事のスクラップも度重なる引越しでどこかに行ってしまった。(涙)
トンボの飛来種がいるということは蝶の飛来種がいてもいいのにな、と思いながら気をつけていたが、見たのはアサギマダラとウラナミシジミだけだった。あっ、こいつらも飛来種と言えなくもないか。
e0167571_1434617.jpg

最後にご希望によってお名前は控えさせていただくが、お世話になった○○さん、ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-11-08 14:14 | トンボ | Comments(8)
Commented by Noreen05 at 2009-11-08 22:25
迷蝶という言葉がありますが・・・蜻蛉の世界では迷蜻蛉とは言わないのでしょうね(爆)。長旅をする蜻蛉もいるのですね~飛来種と呼ぶのですね!dragonbutterさんのBlogのお陰で不思議な蜻蛉の世界を楽しく拝見させていただいています。
Commented by dragonbutter at 2009-11-08 23:01
Noreenさん、コメントありがとうございます。
確かに迷トンボということもありますが、トンボの場合は飛来種ということの方多いかと思います。いかにも遠くから強い飛翔力でもって渡ってきたという感じがする言葉ですね。
今年は日本海側で大陸からの飛来種が多かったみたいです。
Commented by banyan10 at 2009-11-09 16:33
まだ飛来トンボまでは手が出ませんが、スナアカネは特に貴重なようですね。おめでとうございます。
ハネビロトンボの思いではいいですね。トンボ歴は学生の頃からなのですね。良い先生にも恵まれたようで羨ましいです。
Commented by dragonbutter at 2009-11-09 19:27
貴重な情報を教えていただけたおかげで何とか撮ることができました。なかなか自分で見つけるというわけにはいかないですから。
学生の頃、夢中でトンボを追いかけていた時期がありましたが、とてもながーい休業があって、再開して今年は3年目です。
Commented by maximiechan at 2009-11-09 23:10
ハネビロトンボは凄いですね。この夏デビューの蜻蛉駆け出しの身ですから、まだまだ未撮影がたくさん。来年の春が楽しみです。
Commented by dragonbutter at 2009-11-09 23:27
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
確かにこの時期になると、どうしても来年への期待に胸が膨らみますね。
私も撮りたい種類がいっぱいあります。
鬼に笑われそうですが・・・・・
Commented by ニコン at 2009-11-12 21:59 x
こんにちは。初めまして。ニコンと申します。
キトンボで検索していて、このブログにたどり着きました。

飛来種とは羨ましいですね~☆
またちょくちょく訪問させていただきます。
よろしくお願いします。
Commented by dragonbutter at 2009-11-12 23:55
ニコンさん、初めまして。ご訪問ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
ニコンさんのブログにもときどき訪問させていただきます。
ホソミイトトンボの飛翔写真、いいですね。
<< ウィークデイの休日 | ページトップ | 晩秋の一日 >>