Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
晩秋の土曜の道草
今回も問題です。
これは何でしょう。答えは後ほど。
e0167571_22113711.jpg
e0167571_22115339.jpg

今日は仕事帰りによく行く都内のの緑地で道草。
e0167571_2213236.jpg
ここには年末遅くまでナツアカネが見られるポイントがある。もちろんまだまだたくさん飛んでいる。
e0167571_22135956.jpg
私にまとわりついてくるやつもいた。
e0167571_22141760.jpg
腕に止まったところをもう片方の手でカメラを必死に握って撮った。普通にとまったときはゆっくり近づいてもすぐ逃げるくせに、腕に止まると少しぐらい動かしても飛ばない。そんなに居心地がいいんかい?
写真には撮れなかったが真っ赤なコノシメトンボも見ることができた。
ここはオオムラサキがいることになっている。都心から最も近い産地のひとつだろう。もちろん保護されている。しかしシーズン中にあまり来ていないこともあって、目撃してなかった。
食樹であるエノキの大木の根元で、去年は見つけることが出来なかった越冬中の幼虫を探す。今日は少し落ち葉を裏返しただけですぐに見つかった。確かにオオムラサキの幼虫だ。
e0167571_22144847.jpg
越冬幼虫は思ったよりずっと小さかった。突起が4対であること、体が細長いこと、しっぽが二つに分かれていることから、ゴマダラチョウやアカボシゴマダラとは区別がつくという。無事冬を越して大きくなれよ、と思いつつ落ち葉の堆積の中に戻した。

・・・・・というわけで、正解はナツアカネの複眼に映った太陽とオオムラサキ幼虫の角でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-11-21 22:20 | チョウ | Comments(7)
Commented by ニコン at 2009-11-22 10:59 x
こちらではナツアカネjをすっかり見なくなりました。でもまだいるのですね☆

私も今度落ち葉を裏返してみよっかな~(笑)

クイズですが、トンボの複眼は分かりました。
(ナツアカネだとは分かりませんでしたが。。汗)

オオムラサキの角は全く分かりませんでした(爆)
Commented by エフ at 2009-11-22 11:21 x
そうですか、drugonbutterさんも葉っぱめくりをされたのですね。
私もやったことがありますが、見つかると少しびっくりして、そのあとじわっと嬉しくなりました。
別の場所でしたが、飼育するために持ち帰ったら、車の中で動き始めてこまりました。意外と眠りは浅いようです。
そろそろゼフの卵でも探しに行こうかな。
Commented by dragonbutter at 2009-11-24 20:01
ニコンさん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
ここではナツアカネは少なくともあと2-3週は見られると思います。
トンボの複眼、いくらニコンさんでもナツアカネまでは無理ですよね(笑)。
Commented by dragonbutter at 2009-11-24 20:05
エフさん、コメントありがとうございます。
法事で実家に帰っていて返事が遅れました。
飼育してみたい誘惑はありましたが、保護されている場所でしたので大事に戻しておきました。
ゼフの卵ですか、いいですね。私も実家にあった「原色日本蝶類幼虫大図鑑」というのを持ってきてしまいました(笑)。
Commented by ジェッタ〜 at 2009-11-25 10:06 x
>飼育してみたい誘惑はありましたが、

そのままが戻して、また春の目覚めの頃に写真を撮らせてもらう事の方が飼育写真より何倍も価値が有ると思うので、それで良かったと思いますよ。

とっても寒々しく固まった幼虫が逆に可愛く感じます。
Commented by dragonbutter at 2009-11-25 23:00
ジェッタ〜さん、コメントありがとうございます。
私もこれを撮っていて、なんともいえず可愛く感じました。
これってやはり普通の人から見たら変わっているんでしょうね。
うまく目覚めの頃の写真が撮れるといいんですが・・・・・
Commented by ジェッタ〜 at 2009-11-26 16:50 x
だいじょぶっ だいじょぶっ
ハッキリ場所が解るなら脱皮するのに1週間以上かかるし、脱皮した後は必ず枝の先端の新芽で休んでいるし、きっと自然状態の良い写真が撮れると思いますよ、期待してますので春先は通ってみてあげて下さい。

よく観るのは、忘れ無いように枝にピンクや赤いリボンを巻いている人がいますが・・・・それはあまり・・・好みじゃ無いですけど、どうしても忘れそうなら・・・

以前に河原のすすきにピンクのリボンが巻いてあって、「何かな〜」ってその枯れたススキの葉を丹念に観たら、ギンイチモンジの越冬蛹でした

じゃ 春のオオムラサキ写真待ってます。
<< 中央道からの山岳展望 | ページトップ | ウィークデイの休日 >>