Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
この場所は入山規制で入れ..
by ダンダラ at 16:29
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
春よ、来い
春はそこまで来ているはずなのに、この週末は冷たい雨。
こんな日に浮かんでくるのが松任谷由実の「春よ、来い」。
曲には人それぞれの思い出がある・・・・
私は1995年アメリカにいた。帰国直前だった。当時インターネットなど普及しておらず、日本のニュースを知るすべは週1回地元のケーブルテレビから流れる30分ほどの日本語ニュースだけだった。この年の初め、日本では悲しい大事件がたて続きに2つおきた。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件である。
この時私はアメリカという国の暖かさを感じる出来事を経験した。地元のケーブルテレビが震災直後から日本の番組を臨時で一日何時間にもわたって流してくれたのだ。わざわざそこに住む少数の日本人のためにである。果たして海外で大地震が起きたとき、その国の放送を日本のテレビは流しただろうか。流れた番組はほとんどがNHKだったので、大部分が地震の臨時ニュースだった。義理の弟が大阪に住んでいたのでとってもありがたかった。臨時ニュースの合間に朝ドラも流れた。それが「春よ、来い」だった。松任谷由実の主題歌が毎日テレビから流れた。だから私はこの曲を聞くと一見競争至上主義と思われがちなアメリカという国の暖かさを思い出すのだ。
昔話は年取った証拠かな。
一応虫の写真を・・・・
といっても何とか見られる写真はほとんどブログに掲載済みである。これはオニヤンマの産卵シーン。ピントはそこそこ決まっているんだが、背景に人工物があるため載せなかったもの(似たような写真は掲載済み)。
e0167571_2125744.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-03-06 21:28 | トンボ | Comments(0)
<< 冬眠から覚めて | ページトップ | 早春の秩父路、花の巡礼 >>