Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
再びホソミイト
今日はもう一度千葉にホソミイトトンボを見に行った。banyanさんが交尾、産卵の写真を撮られていたからだが、着いたのが遅かったからか、水田の沖の方に少数の連結がいただけだった。
e0167571_2037056.jpg
しかし新たにメスの写真が撮れた。
e0167571_20371970.jpg
実はきれいな青だったのでオスと思って撮ったが、後で確認するとメスだった。
腹部を曲げて産卵管の掃除?をしていた。
e0167571_20373855.jpg
シオヤトンボが打水産卵をしていた。
e0167571_203808.jpg
しばらく続くと思ってじっくり撮ろうとしたら飛ばれてしまい、腹部が水面を打つ瞬間は撮れなかった。
私が好きなホタルカズラが咲いている一角を見つけた。
e0167571_2042345.jpg
光るような青紫の花だった。
シュレーゲルアオガエルが交尾の季節を迎えていた。
e0167571_20381731.jpg
見てください、この幸せそうな目つき。首都圏近郊からは少なくなりつつあるカエルらしい。カエルの写真も面白そうだな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-05-09 20:43 | トンボ | Comments(12)
Commented by himeoo27 at 2010-05-09 21:01
最後の「シュレーゲルアオガエル交尾」の写真が、愛嬌たっぷりで大好きです。
Commented by dragonbutter at 2010-05-09 21:30
himeooさん、コメントありがとうございます。
カエルの写真は昆虫と違って表情豊かですから(といってもこちらが勝手に想像しているんですが)面白いかも。
Commented by mari_ca at 2010-05-10 13:23
春ですね~♪ ^^
ほほえましく美しい写真を拝見しながら、そんな風に思いました。

ホソミイトトンボって、ホントに細~い!
それに比べて、シオヤトンボはむっちりしてますね。
トンボにもいろいろあるもんだな~とつくづく感じます。

カエルさん、プライベートなシーンをアメンボに覗き見されてますよ。(笑)
Commented by banyan10 at 2010-05-10 17:41
ホタルカズラは僕も好きな花です。
僕が撮影したのは9時~10時半くらいです。
先日会った詳しい人の話では14時こらいには林に戻るようなので、早めの時間の方がいいのでしょうね。
Commented by ヘムレン at 2010-05-10 22:07 x
ホソミイト・・続けてゲットですか!。。素晴らしいです。
お腹を曲げて・・・産卵管の掃除?なんですか(^^;)。。
前に、ムカシヤンマでも同じような行動を目撃しましたが、どういう意味があるのでしょうね。単に、屈伸運動・・・ですかね(^^;)
Commented by maximiechan at 2010-05-10 22:34
ホソミイトトンボの雌もきれいな青が出るのですね。
蜻蛉のオスメスの見分けも難しいです。今、自分はカワトンボのオスメスの見分け方がよく分かりません。
Commented by dragonbutter at 2010-05-10 23:25
mari_caさん、コメントありがとうございます。
ホソミイトトンボは日本一細いトンボといえるかもしれません。
アメンボがしっかり写っているとは、パソコンのモニターで開くまで全く分かりませんでした(笑)。
Commented by dragonbutter at 2010-05-10 23:30
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
本当に腹端をいじっている写真はピンボケでした(汗)。
本当の意味は分かりませんね。Ask dragonflies.としか言いようがありません。
Commented by dragonbutter at 2010-05-10 23:40
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
成熟越冬型はメスも青くなるようです。それにしてもこんなに青くなるんですね。
ただ夏型メスは成熟すると黄緑色になるそうで、これも撮ってみたいです。
トンボのオスメスの区別は腹端の形が確実ですが、複眼から腹端までピントを持ってくるのは簡単ではないですよね。決まりきった写真になってしまいますし。
Commented by dragonbutter at 2010-05-10 23:44
banyanさん、コメントありがとうございます。
確かにもう一箇所別のポイントをチェックしてから行ったので、少し遅くなっていました。
蝶もそうですが、場所や時期の他に、時間も重要なポイントですね。
Commented by CLと棒 at 2010-05-15 10:50 x
チャマダラセセリ、私はまだ撮っていません。(T_T)
カエルも、かわいらしいですね。
今年は、クモマツマキチョウやミヤマモンキチョウを是非撮りたいと思っています。
Commented by dragonbutter at 2010-05-15 19:09
CLと棒さん、コメントありがとうございました。
チャマダラセセリは飯田、下伊那ではきびしいかもしれませんね。
クモマツマキチョウとミヤマモンキチョウのUPを楽しみにしております。
<< 弾丸セセリ | ページトップ | 春の渓流 >>