Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
青森に蝶とトンボを追う -3-
カバイロシジミを撮った後、途中ひなびた食堂でマグロ漬け丼を食べて、半島を東に向かい、虫林さんお勧めのポイントを目指した。
最初のポイントは河口が沼のようになっている感じの場所で川に沿って歩道がある。歩き始めてすぐにモンシロチョウがとまっていた。大きくてきれいなので近づいてみるとちょっと変だ。
e0167571_981912.jpg
これは去年北海道で捜したけど見られなかったオオモンシロチョウではなかろうか。この蝶のことは全く頭になかったが、北海道の他に青森にも進出していると読んだことを思い出した。後で開翅写真が撮れたのでオオモンシロチョウと確認できた。
e0167571_984062.jpg
この蝶は元々日本にはいなかった蝶。ユーラシア大陸から野菜等に蛹などが付着して侵入したとも、ロシア沿海州から直接飛来したともいわれている。ここではモンシロとオオモンシロは半々といったところかな。
のっけからあまり歓迎すべきでない蝶を見てしまったが、川沿いの歩道に入ってすぐにエゾトンボの仲間が飛んでいた。時々2秒ほどの短いホバリングをするので飛翔写真をねらった。
e0167571_99067.jpg
腹部の7節あたりの前縁に小さな黄色斑があること、上付属器がひげのように細長いことからエゾトンボだろう。
e0167571_991338.jpg
青森にはキバネモリトンボもいるようだが、残念ながら翅は完全に透明だ。エゾトンボは、学生の頃行った北海道でいくらでもいた記憶があるが、撮影できたのは初めて。
先に進むとゴマシジミが飛んでいる。
e0167571_9103884.jpg
パスト連写で飛翔をねらった。翅表の青がきれいだ。
e0167571_9124058.jpg
他にジャノメチョウの交尾も撮れた。
e0167571_9125554.jpg

最後となるポイントは尻屋崎近くの湿地。ここでもゴマシジミを探す。数は少ないがどれも新鮮だった。
e0167571_9131711.jpg
何とこんな本州最北端で撮影者に会った。とても真剣に撮られていたので挨拶しかしなかったが、広角で飛翔をねらったベストショットには何とその彼がしっかり納まっている。飛翔写真ではよくあることだ。
e0167571_9134265.jpg
ヒョウモンチョウも飛んでいた。
e0167571_913572.jpg

下北は素晴らしい撮影スポットに溢れていた。まだまだ素晴らしい場所があるだろう。ただ帰りの時間を気にしながらの撮影が残念だった。次回訪れることがあれば(あるかなー)、もっとのんびりと廻ってみたいものだ。
いろいろご教示いただいた虫林さんに感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-12 09:16 | チョウとトンボ | Comments(8)
Commented by banyan10 at 2010-08-12 13:38
オオモンシロ偶然に撮れるくらい発生しているのですね。
エゾトンボの飛翔はさすがですね。
ゴマも北海道に近い青ですね。
Commented by dragonbutter at 2010-08-12 22:03
banyanさん、コメントありがとうございます。
少なくともこの場所では何匹も見ました。
他の場所ではいなかったのか、それとも気付かなかっただけなのかわかりません。
エゾトンボは比較的飛翔写真が撮りやすいと思いました。時間をかけてもっといいものを撮りたかったのですが、新幹線の時間が気になって、、。ゴマも同様です。
Commented by エフ at 2010-08-13 08:45 x
やはりオオモンシロでしたか。
予感はありました。
だんだん南下していくのでしょうか。
ゴマも青くてきれいですね。
サイズも北海道型に近いのですか?
Commented by himeoo27 at 2010-08-13 08:47
ゴマシジミは未見です。
皆さんの写真を見ると、翅の裏面も表面も、地域差なのか個体差なのか模様や色彩が多彩でとても楽しめますね!
Commented by dragonbutter at 2010-08-13 17:24
エフさん、コメントありがとうございます。
岩手などでも記録はあるそうです。しかし青森で始めて記録されてから10年以上経ちますが、あまり南下する様子はないようです。
ゴマはやや小さめな印象がありましたが、しばらく見た事がありませんのであてになりません。見た限り青ゴマでした。
Commented by dragonbutter at 2010-08-13 17:27
himeooさん、コメントありがとうございます。
ゴマシジミは最も地域差の大きい蝶ですね。
だからマニアもそれそれの地域のゴマを採りたがるのだと思います。
Commented by 虫林 at 2010-08-16 12:48 x
コメントが遅くなりました。
オオモンシロは大間方面でも、何頭かみることができました。
ゴマはまだ発生初期のようですね。
でも、大間から尻屋までの長い海岸線を堪能されて良かったですね。季節を買えれば、海岸線に多いカシワなどのゼフも楽しみですね。とにかく、ご苦労様でした。
Commented by dragonbutter at 2010-08-17 23:09
虫林さん、コメントありがとうございます。
その節はお世話になりました。
オオモンシロは下北北部には広がっているようですね。
確かに季節を少し早めてゆっくりと訪れたい場所でした。
<< 横浜でコシボソとミヤマカラス | ページトップ | 青森に蝶とトンボを追う -2- >>