Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ハネビロエゾを捜す
今日はハネビロエゾトンボ(ビロエゾ)狙いで某所に行ってきた。南関東で見られるエゾトンボの中ではもっとも少ない種である。
もちろんまだ見たことはない。車を置いて小さな山を越えると池があった。その先に、池に流れ込む小さな流れがある。薄暗くてじめじめした場所だ。
e0167571_22185145.jpg
マムシ、スズメバチ、ヒルといった会いたくない生き物もいそうな、、。
こういった場所にビロエゾはいるというので流れに沿って捜すことにする。今までの経験ではこんな所はミルンヤンマがいそうだ。オニヤンマのオスが何度も飛んでくる。暗いと色や大きさがよくわからず、遠くで飛ぶとビロエゾか、とドキッとする。メスが産卵に来た。お決まりの写真を撮る。
e0167571_22191782.jpg
そこにオスがアタックをかけて連結して飛び去った。黒系のアゲハ(主にモンキアゲハ、写真はジャコウアゲハ)がたくさん飛んでいる。
e0167571_22193344.jpg
眼状紋がバカでかいコジャノメの2化もいた。
e0167571_22194870.jpg
20分ほどたった頃、ちょっと上流をのぞいたらなんとエゾトンボの仲間が苔むした石に産卵している。このような環境にいるエゾトンボはビロエゾに違いない。それまではホバリングするオスばかりを念頭に探していた。いきなり夢にまで見たメスの産卵である。あわてて(でもゆっくりと)近づいて何枚か撮る。写真の記録によると2-3分の出来事であった。最初から見ることができたらもう少し長かったかも知れない。
特定の石がお気に入りらしく、その周りをあわただしく飛び回って腹を打ち付けて産卵していた。ホバリングは全くせず、暗いためピントが合わせづらい。とりあえず石にピントを合わせてバシャバシャ撮ったが、ほとんどピンボケで、加工してもこんなものが2-3枚撮れただけ。
e0167571_22203413.jpg
e0167571_2220414.jpg
e0167571_22204953.jpg

産卵管が長く、腹部に黄色い斑紋もないのでビロエゾに違いない。初撮影だからこれで満足しないと。エゾトンボの仲間は複眼を後ろから見ると赤茶色をしていることも知った。
立秋が過ぎたら急に虫の声が賑やかになった。でも今日は東京は久しぶりに猛暑日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-08-15 22:39 | チョウとトンボ | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2010-08-16 07:47
ジャコウアゲハの飛翔は良い感じで、颯爽としていますね!
早い速度で飛ぶトンボを撮りなれているので、蝶の飛翔画像は朝飯前なのかな?
Commented by banyan10 at 2010-08-16 18:00
ハネビロエゾトンボおめでとうございます。
トンボはまだまだ知らない種類が多くあります。
僕の方は蝶が中心になってしまう時期ですが、下のコシボソも見事でしっかりトンボも撮影していますね。
Commented by dragonbutter at 2010-08-16 22:54
himeooさん、コメントありがとうございます。
私にとってはチョウの飛翔の方がずっと難しく感じます。不規則に飛ぶからです。ジャコウアゲハはふわふわとゆっくり飛びながら産卵場所を捜していたので撮ってみました。
Commented by dragonbutter at 2010-08-16 22:58
banyanさん、コメントありがとうございます。
ハネビロエゾはじめじめした陰気臭い場所にいました。
オスは長時間ホバリングするので撮りやすいと聞いているのですが、見つけられませんでした。
Commented by CLと棒 at 2010-08-17 10:15 x
ハネビロエゾトンボというのですね。^^
初撮りおめでとうございます。
それにしても、トンボは奥が深いですね。
オニヤンマの仲間は、空飛ぶ宝石といった感じですね。^^
ジャコウアゲハ、そういえば、しばらくあっていませんし、写真に撮っていませんでした。^^;
躍動感があっていいですね~~~。
Commented by dragonbutter at 2010-08-17 23:07
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
本当にトンボの複眼は生きた宝石のようです。
ジャコウアゲハは信州では珍しいですよね。私も子供の頃は会いたいチョウのひとつでした。
Commented by ヘムレン at 2010-08-18 21:05 x
ハネビロエゾ!ナイスです。
エゾトンボの仲間を飛んでいる状態で見分けるのは、とても小生には無理(^^;)
環境的にはどのような違いがあるのでしょうか。
う~ん・・・。見てみたい種であります(^^)
Commented by dragonbutter at 2010-08-18 22:39
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
私も飛んでいるのを見て見分けることはできません。
環境と、うまく写っていた写真から判断しますが、採集しないと最終的には無理のことがあると思います。
環境はタカネ:比較的小さな池
エゾ:湿地
ハネビロエゾ:湿地や池に流れ込む細流
といった感じと思いますが、縄張りを張ったり産卵する成熟個体にしか当てはまらないと思います。
週末できたら再チャレンジしたいです。
Commented by maximiechan at 2010-08-19 18:26
産卵の写真、とっても難しそうですね。暗いし、距離は一定ではなさそうだし、動きがあるし・・・。でもこんな撮影を数多くこなして、腕を上げていくしかないでしょうね。私は、八重山でずっと飛び続けるハネビロトンボ属のトンボを最初はただ見ているだけでしたが、途中からダメ元で飛んでいるところを写し止めればいいんだと気づき、頑張りましたが・・・。こっちでもっと修行してまた挑戦したいです。
Commented by dragonbutter at 2010-08-19 22:33
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
このような場面はおっしゃるとおり数打つしかなさそうです。
私のカメラは連写に弱いので不利ですが。
また私のストロボは連写では2,3発しか光らないので暗い場面ではつらいです。
<< ハネビロエゾ再び -1- | ページトップ | 横浜でコシボソとミヤマカラス >>