Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
関西トンボ散策 -1-
<9月25日の記録>
先週は大阪出張があった。用件が終わった週末、電車を何回も乗り換えて、最後は4量編成の電車にゴトゴト揺られながらある町に着いた。
関西まで来ると、関東では見られないトンボが何種類もいる。そのひとつが赤くならない赤とんぼ、ナニワ(浪速)トンボだ。名前からも想像できるように、関西を中心に中国地方と四国の一部に産する。成熟すると青くなるこのトンボはとってもユニークで、憧れのトンボだった。
着いたのはこのトンボがいるという町だ。この町は天体観測に来る人がいるという、星空がきれいな町らしい。ため池はぎょうさんあるというこの町だが、ある方のご好意で教えていただいたこの池は、見るからに感じがよい。関西も木曜の朝に激しい雷雨があって以来、ずいぶん涼しくなった。
水辺を少し歩くと、とても小さな青っぽいトンボが不規則に飛んでいる。オオシオカラトンボをずうっと小さくしたうえ、華奢にした感じのナニワトンボだ。
e0167571_2355669.jpg
e0167571_236813.jpg
これでも赤とんぼ(アカネ属)の仲間だ。オスを何とかカメラに収められて一安心。目が慣れてくるとオスはチョコチョコとたくさん飛んでいる。私と同じくトンボ観察と思われる方が現れた。A市在住のYさんだった。当然のことながら関西のトンボにはめっちゃ詳しく、いろいろと教えていただき、楽しいひと時を過ごした。メスはなかなか現れなかった。かろうじて私が交尾写真を撮れたころ、Yさんは所要のため「楽しんでください。」といって帰られた。
ショータイムが始まったのはそのあと、11時半ごろだった。ナニワトンボの連結打空産卵と単独打空産卵が目の前で展開された。ポロポロと卵が空中に撒かれるのが肉眼でもわかる(以下の4枚の写真のうち2枚で落下する卵が写っていますので探してみてください)。
e0167571_2385913.jpg
e0167571_239777.jpg
このトンボは秋にある程度水が落とされる池を好む。産卵は決して水面ではなく、水量が減って地面が現れた場所、それも木立が上を覆って影を落としているような暗い場所に産卵するのだ。実はそんなこととは露知らず、水面ばかりを捜していたら、Yさんから笑われた。ナニワトンボの真似でもするかのように、リスアカネが同じ場所で、全く同じ形態の産卵を見せてくれた。
e0167571_23102024.jpg
e0167571_23103497.jpg
まだしばらくは饗宴が続くのかも知れなかったが、そろそろ時間切れなので、余韻に浸りながら楽園のようなため池を後にした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-09-26 23:20 | トンボ | Comments(6)
Commented by banyan10 at 2010-09-27 11:13
ナニワトンボおめでとうございます。
仕事で各地へ行けるのはいいですね。
なんとなく雄は関西人のような印象に見えるから不思議です。(^^;
産卵も見事ですね。僕もトンボの生態は知らないことだらけです。
Commented at 2010-09-27 12:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2010-09-27 20:51
ナニワトンボ撮影おめでとうございます。
2枚目の♂の正面から見た眼が妙に漫画チックで可愛いですね!
Commented by dragonbutter at 2010-09-27 22:22
banyanさん、コメントありがとうございます。
今年はたまたまシーズン中に出張が多く、仕事の後楽しめました。
banyanさんのキチョウの写真もそうでしょうが、トンボやチョウの不思議な生態をカメラで捕らえられた時はうれしいですね。
Commented by dragonbutter at 2010-09-27 22:27
鍵コメさん、ご訪問ありがとうございます。
話に色をつけてしまってすみませんでしたm(_ _)m
邪魔どころではなくとても楽しかったです。
HPも拝見しました。重要な活動に頭が下がります。益々発展するといいですね。
遠いのでなかなかチャンスはないでしょうが、またどこかでお会いしたいものです。
Commented by dragonbutter at 2010-09-27 22:29
himeooさん、コメントありがとうございます。
himeooさんとbanyanさんに指摘されて顔を見直してみて笑ってしまいました。ちょび髭を生やしたお笑い芸人の雰囲気ですね。
<< 関西トンボ散策 -2- | ページトップ | シルバーウィークの空振り >>