Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
タグ
(138)
(122)
(109)
(69)
(62)
(56)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
季節外れの出会い
家でする仕事は明日に回すこととして、今日はゆっくりと起きて電車で西に向かった。乗り換えた電車は東京駅に乗り入れている最新式車両だが、ドアは押しボタンを押さないと開かない。
e0167571_23331222.jpg
地方に行けば当たり前だが、自動ドアでない車両に乗るのは久しぶりだ。
駅から歩き始めると、近くの幼稚園は運動会。子供達の大きな声が響いてくる。目的地は里山保全地区。特別これといった目的種がいるわけではないが、去年はルリボシヤンマとミルンヤンマが撮れている。
水田と休耕田は秋の蝶とトンボでいっぱい。上からキタテハ、オオウラギンスジヒョウモン、ナツアカネ、ヒメアカネ。
e0167571_23243585.jpg
e0167571_2324567.jpg
e0167571_23275856.jpg
e0167571_23282083.jpg
そしてまだいたクロヒカゲ。
e0167571_23284016.jpg
飛び出したニホンアカガエル(多分)がいい色で撮れた。
e0167571_23315678.jpg

休耕田からがさがさ羽音をたててヤンマのメスが飛び出した。とっさのことで種類の判別ができない。場所と季節からしてルリボシヤンマかカトリヤンマだろうが、胸の黄緑が目立ち、お腹が太いのがしっくり来なくて気になった。
今年はミルンヤンマが少ない。日が傾きかけてそろそろ帰ろうかと思っていたら、400mm望遠レンズを装備した方が声をかけてきた。メインは鳥らしい。トンボと蝶を撮りに来たと話すと、「こんなトンボを撮ったんですが、クロスジギンヤンマですかねえ」と言って液晶画面を見せてくれた。『この季節にまさか』と思って覗かせて頂くと確かにクロスジギンである。さっきから気になっていたヤンマもこれに違いない。この場所に時々飛んでくるミルンヤンマは撮れる気がしなかったので、その場所に案内していただく。もう大分日が傾いているし、そんなに長く同じ場所で産卵しているとも思えなかったが、その方が帰ってすぐに葦原からそのメスが出てきた。あたりが薄暗くなっても少しずつ場所を変えながら産卵を繰り返した。
e0167571_23294524.jpg
e0167571_2330791.jpg
ストロボが必須の条件だったのと、長靴を持っていなくてもう少し近寄りたかったので、出来に少し不満は残るけど、随分たくさん撮らせてくれたメスだった。こんな秋たけなわの季節に見られることがどれほど珍しいかはよく知らないが、仮に記録的な遅さだとしたら、今年の記録破りの猛暑が関連していると考えるのが自然だろう。例年なら越冬するはずの幼虫がいつにない残暑で、いつも以上に第2化として羽化しても不思議ではないので。
降りたひとつ先の駅までのんびりと歩いてたどり着いたら、あたりはすっかり暗くなって半月が光っていた。
今日は普通種ばかりいっぱいアップしてしまいました。結構楽しい午後でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-10-16 23:40 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2010-10-17 16:31
「キタテハ」とても翅が橙色に輝き、形状も鋭角的に見えてとっても良いですね!
昨日は他の蝶を写しに行きましたが、結局キタテハを中心にした撮影になってしまいました。
Commented by banyan10 at 2010-10-17 19:14
クロスジギンヤンマの産卵ですか。
ギンヤンマと同じくらい遅くまで見れる可能性があるのですね。
ナツアカネ、ヒメアカネの連結、交尾もいいですね。
Commented by maximiechan at 2010-10-17 19:51
ヒメアカネの交尾は一瞬目にしただけで、まだ撮影することはできていません。いずれ取っ手みたいです。
クロスジギンヤンマの産卵は本当にこんな時期に?と驚きです。私が撮影したのは5月9日でした。2化でしょうか?
Commented by dragonbutter at 2010-10-17 21:07
himeooさん、コメントありがとうございます。
この時期のキタテハは赤みの強い褐色になり、本当にきれいですね。新鮮なものが多かったので、ついカメラを向けしまいました。
Commented by dragonbutter at 2010-10-17 21:10
banyanコメントありがとうございます。
これからはクロスジギンヤンマ=春のトンボ、という考えを改めないといけないと思いました。まだまだ知らないことばかりです。
Commented by dragonbutter at 2010-10-17 21:45
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
ここではたくさんのヒメアカネ交尾体が見られました。敏感で近づくのは容易でなかったです。
クロスジギンは夏でも結構見られるようです。私も今年は7月下旬に撮りました。しかし10月中旬はないと思っていました。翅の痛みもないので2化ではないかと思いましたが、2化があると明記している図鑑はないのであくまで想像です。
<< アカネトリヤンマ? | ページトップ | ムラサキツバメの蛹探し >>