Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
これでも蜻蛉好きさん、ご..
by dragonbutter at 22:29
フィールドではお邪魔をし..
by これでも蜻蛉好き at 22:15
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 22:56
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
タグ
(138)
(124)
(110)
(69)
(62)
(57)
(56)
(55)
(52)
(37)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
晩秋の里山と赤トンボ
今日は雲間から時々日が射す天気。横浜に残された里山を見に行ってきた。今年はCOP10の影響か、「里山」という言葉がマスコミでよく取り上げられた。そのせいもあってか、また紅葉が始まったこともあってか、お弁当を広げる親子連れで大変賑わっていた。
e0167571_20817.jpg
とっくに稲刈りの済んだ田んぼには稲の新芽が伸びて、一見田植えの後のよう。雨もよく降ったので湿田のような状態になっている。
日が射すとどこから現れるのか赤とんぼがたくさん飛び始める。思いのほかいろんなアカネを観察できた。今日は主に広角かコンデジで環境を入れて撮影した。でもこの時期になると体温を上げるためだろうか、童謡「赤とんぼ」のように竿の先には止まらず、コンクリートや板といった平面に好んでとまるので、風情のある写真は撮れない。まずはナツアカネ。顔まで赤くなる。
e0167571_2083260.jpg
次はリスアカネ。数は少なかった。
e0167571_2084945.jpg
去年ほとんど見なかったコノシメトンボがたくさんいた。
e0167571_2094295.jpg
e0167571_2095755.jpg
趣向を変えて背景にフォーカスして撮ってみた。
e0167571_20101894.jpg
ツーショットも撮れた。
e0167571_20103431.jpg

雲が多かったからか、去年ほどではなかったが、アキアカネが産卵していた。
e0167571_20105988.jpg
そのなかに翅の先が黒いペアーをみつけた。コノシメトンボの産卵だった。
e0167571_20113712.jpg
e0167571_20115095.jpg
初めて観察できてうれしかった。産卵自体はアキアカネと変わらないものだった。ワンチャンスだったため2匹ともピントが合ったものは撮れなかった。まだ少なくとも1-2週間はアカトンボの季節は終わらないだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-07 20:25 | トンボ | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2010-11-07 21:02
コノシメトンボの産卵シーン、ナイスです!!!
あの動きの速いペアを1チャンスでものにするとは凄腕ですね。
Commented by ダンダラ at 2010-11-08 15:52 x
先日NHKの番組で、アキアカネ(だったと思う)が日本固有種で、里山の環境に実にうまく適応しているといったようなことを言っていました。
あまり気にもしていなかった赤とんぼの知らない一面を見せられて楽しい番組でした。
そのご散歩の折に近くにいた赤とんぼを撮りましたが、こちらはミヤマアカネでした。
流水を好むとか。
何でもそうですが、興味がないと何も見えていないんですね。
Commented by dragonbutter at 2010-11-08 21:11
himeooさん、コメントありがとうございます。
稲刈りが終わった田んぼでしたので、長靴で少し中に入れてもらって撮りました。稲の新芽が出ていなければもっとシャッターチャンスはあったのですが。
Commented by dragonbutter at 2010-11-08 21:19
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
私も見ました。アキアカネは関西では激減しているようです。里山があっても、そこの何かが変わってきているんでしょう。
Commented by maximiechan at 2010-11-08 21:54
横浜にはこんな里山もあるのですね。まあ、確かに広い町ですから色々な環境があるのでしょう。
さて、コノシメトンボの連結産卵は、数少ないチャンスをしっかりと捉えて見事です。
リスアカネはまだ色づいていない個体を自宅近くで見たことがあります。キトンボの場所でも昨年は証拠程度の撮影をしたことがあります。でも、確実に出会える場所を知りません。
Commented by dragonbutter at 2010-11-08 22:31
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
翅の先が黒いのは全部コノシメだと思って撮ったら、1匹だけリスが混ざっていました。確かにまとまって見られる場所は少ないでしょうね。木立が豊富な暗い池が狙い目ですが・・・
<< 晩秋のトンボ池にて | ページトップ | ヒメアカネ受難 >>