Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
唐辛子とナツアカネ
杉並区から加齢黄斑変性の検診をしてもらえるというので、近くの眼科を受診した。そちらは異常なしということだったが、「右目に軽い白内障がありますが、目がかすんだりしませんか」と言われてしまった。加齢に伴う変化で、すぐどうということはないそうだが結構ショック。これからいろいろガタが見つかってくるのだろう。
今日は神奈川西部に行く。
e0167571_1832696.jpg
e0167571_18323117.jpg
みかんの葉にクダマキモドキ(ですよね)がとまっていた。
e0167571_1833323.jpg
まだまだアキアカネは元気である。
e0167571_18332678.jpg
畦に唐辛子をみつけた。
e0167571_18334479.jpg
蕉門十哲の宝井其角が「あかとんぼ はねをとったら とうがらし」と詠んだところ、師匠の芭蕉は「とうがらし はねをつけたら あかとんぼ」とやり返したという。確かにナツアカネと同じ色だった。唐辛子にとまってくれると良かったのだが。
e0167571_183475.jpg
トンボはいつまで見られるのか?せいぜい週一の頻度で、場所も変えて観察しているのでほとんど意味がないが、去年が11月21日(ナツアカネ)、一昨年が12月20日(アキアカネ)であった。さて今年はどこまでがんばってくれるかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-21 18:38 | トンボ | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-11-22 10:44
このように3枚の写真重ねて掲載していただくと「唐辛子」と「赤とんぼ」の尾の部分似ていることが良く分かります。
私も感覚的にチョウよりもトンボの方が年の暮れまで飛んでいたような気がいたします。
Commented by dragonbutter at 2010-11-22 23:07
himeooさん、コメントありがとうございます。
強い寒波が来なければまだまだ生き残ると思います。
マイ・レコードの更新ができるでしょうか。
<< 榎の幹で冬越し | ページトップ | いたずら坊主? >>