Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新の記事
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 09:36
「クロモ」に「ツマジロウ..
by himeoo27 at 07:21
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 11:18
Hemlenさん、コメン..
by dragonbutter at 11:17
タグ
(142)
(126)
(112)
(70)
(62)
(58)
(57)
(56)
(52)
(39)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
榎の幹で冬越し
朝起きると雨が降っていたので、のんびりと朝食をとってテレビを見ていたら日が射し始めた。午後から自転車で5分ほどのところにある不燃ゴミ圧縮施設の上に作られた公園へ出かけた。
ここにはエノキの大木があり、去年は落ち葉の葉っぱめくりをしたらゴマダラチョウの幼虫が見つかったけれど、今日は不発に終わった。園内を歩くと、幼木とも大木ともいえない高さが10mほどのエノキが何本かあった。そのうちの一本の幹の細い枝が分かれている場所のすぐ下にアカボシゴマダラの幼虫がいた。
e0167571_21252511.jpg
褐色がかった色合いで、すでに越冬体勢に入っているようだ。それにしても見事な保護色である。
e0167571_21254529.jpg
e0167571_21261239.jpg
ゴマダラチョウと違ってアカボシゴマダラは枝にとまって越冬することが多いようだ。果たして無事春を迎えることが出来るだろうか。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-23 21:27 | チョウ | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-11-25 20:50
アカボシゴマダラの冬場の幼虫は、無事越冬しやすい「越冬タイプ」と、越冬困難な「非越冬タイプ」がいるそうですが、これらは「越冬タイプ」かな?
Commented by dragonbutter at 2010-11-25 23:02
himeooさん、コメントありがとうございます。
角が細長くないので多分越冬可能なタイプだと思います。
写真を拡大してみたら周りに糸を吐いて幹に固定しているようです。また機会を見て確認したいと思います。
<< 晩秋の房総 | ページトップ | 唐辛子とナツアカネ >>