Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
春の渓流と林道
at 2017-04-17 19:09
春爛漫
at 2017-04-15 21:30
ヤゴ飼育のアイテム
at 2017-04-08 19:31
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 22:36
渓流の脇に瑞々しい花々が..
by yurinBD at 22:51
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:13
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 21:48
タグ
(137)
(117)
(107)
(68)
(61)
(54)
(54)
(53)
(48)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
Trigomphusの楽園
2日め(5月4日)はやっと晴れた!
まず行ったのはミカドアゲハのポイント。愛知県で確実に見られる場所はまだ少ない。GWに発生しているかは全くわからなかったのでだめもとだった。オガタマノキの上を飛ぶ2匹のミカドを一度確認できたが、それっきりだった。フライング気味なのか時間が早すぎるのかわからないが、ここであまり時間をつぶしたくないのでちょっと悔しいけど移動することにする。それにしてもアオスジアゲハに比べてとても白い印象だった。
今日のメインは丘陵地帯にある池。日本にはコサナエ属Trigomphusが4種類いるが、コサナエ以外はすべて西日本に行かないと見られない。西日本の3種類のうちフタスジサナエは徳島に行ったとき撮影済み。タベサナエも昨日何とか撮れた。残るはオグマサマエだ。西日本各地に記録があるが、水質の悪化や外来魚の侵入のため、各地で絶滅危惧種に選定されている。今回あわよくばと思っていたサナエだ。今日は一人なので自力で見つけるしかない。
車を止めて林の中を30分くらい進む。途中でカワトンボの写真を撮りながらゆっくりと登っていく。
e0167571_1864560.jpg
足が痛くなり始めた頃目的の池に到着。
池を巡る道はなく、トンボも飛んでいない。水が流れ込む一帯が湿地になっておりハンノキが芽吹いている。
e0167571_187185.jpg
長靴でぐしょぐしょと入っていくとサナエトンボが飛んだ。オグマだ!あちこちに成熟したオスが飛んでおり、バトルも見られる。
e0167571_1874435.jpg
ゆっくりと近付けば比較的撮りやすい。
e0167571_188666.jpg
数は少ないが羽化したてと思われる個体も時々弱々しく飛ぶ。少し小さめだ。一応撮っておこうと近付くと胸側の黒条が2本。
e0167571_1883044.jpg
フタスジサナエだ。2年ぶりの再会。
余裕ができてオグマの広角をねらっていたらすぐ近くでバサバサと黒いかたまりが飛ぶ。オグマの交尾だ!間抜けなことにこの瞬間広角をつけた一眼しか首からぶら下げていなかった。大事な場面ではいつもこんな具合だ。20mも戻れば望遠マクロがあるのだが、取りに行ったら場所を見失うか飛ばれてしまうだろう。この広角レンズもなんとか1/2倍撮影まで出来るので、ゆっくりと近付いて飛ばれる直前に撮ったものをトリミングしたもの。
e0167571_1885864.jpg
連休のベストショットだが、マクロをもっていなかったことが悔やまれる。
そろそろ引き上げようかと思った頃出てきた未熟な個体に念のため近付くとちょっと感じが違う。前肩条がないし、腹部10節が短いのでタベサナエのメスのようだ(ちょっと羽化不全気味かな)。
e0167571_1892785.jpg
結局ここはTrigomphus3種類が混棲する楽園だった。
それにしても最初の池で見つけることが出来てよかった。なんたってもうひとつの候補池には山道をもう小1時間は歩かないといけなかったので。
この後のポイントでは空振り続きだったので省略(笑)。それでも今年初めての収穫のある遠征だった。帰りの渋滞は予想通りの酷いもので、家に帰ったら日が変わっていた。
ちなみにタベ(田部)もオグマ(小熊)もトンボ研究者の名前です。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-05-07 18:16 | トンボ | Comments(6)
Commented by maximiechan at 2011-05-07 19:14
まだまだ知らない蜻蛉がたくさんいるのだなと思いました。
いざというときにレンズの選択を間違っていたとか、カメラの設定をミスっていたとか・・・皆さん色々と悔しい思いをしているのでしょうね。
それにしても素晴らしい成果おめでとうございます。
Commented by himeoo27 at 2011-05-07 20:17
「ミカドアゲハ」は私も憧れの蝶です。
GWに昨年8月maximiechan さんが集団吸水を撮影された八重山諸島を回ってみましたが、時期が合わず殆ど遭遇できず、当然証拠写真も撮れませんでした。
Commented by tyoutorin at 2011-05-08 03:55
念願のサナエ含め楽園にたどり着けた喜びはひとしおだったでしょう。うれしさ一杯のブログでした。
Commented by dragonbutter at 2011-05-08 22:09
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
蝶もそうでしょうが、西に行くと関東で見られない種類がいて楽しかったです。
マーフィーの法則ではないですが、どうして絶好のチャンスで不具合がおこるのでしょうね(笑)。
Commented by dragonbutter at 2011-05-08 22:10
himeooさん、コメントありがとうございます。
お互いミカドアゲハは宿題として残ったわけですね。いつか撮りたいですね。
Commented by dragonbutter at 2011-05-08 22:13
tyoutorinさん、コメントありがとうございます。
念願のサナエが撮れたこともありますが、とても感じのいい湿地で、心が洗われるようでした。
<< 風前の灯 | ページトップ | 東海遠征 >>