Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
春の渓流と林道
at 2017-04-17 19:09
春爛漫
at 2017-04-15 21:30
ヤゴ飼育のアイテム
at 2017-04-08 19:31
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 22:36
渓流の脇に瑞々しい花々が..
by yurinBD at 22:51
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:13
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 21:48
タグ
(137)
(117)
(107)
(68)
(61)
(54)
(54)
(53)
(48)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
終演間近
今日は秩父のキトンボを見に行った。風任せ自由人のmaximiechanさんの記事から、まあまあの発生状況であることはわかっていた。確かに2年前ほどではないが、そこそこの数が飛んでいた。
e0167571_21222210.jpg
静止と飛翔が撮れると産卵場面が撮りたくなる。単独産卵のメスが初めて撮れた。
e0167571_2123299.jpg
逆光であるが、反射する光がいい雰囲気ともいえる。今日は渋滞を避けて電車で行ったので長靴を持参せず、なかなかいい角度に回り込めない。上からの写真で見られるものが1枚あった。
e0167571_2123481.jpg
その後、絶好の産卵場面に出くわしたが、何とか単なる連結飛翔でなく、メスが打水した瞬間にこだわったら全滅だった(笑)。このペアーは元気がよく上下動が大きくてうまく捉えられなかった。副産物はマユタテアカネの交尾、ミヤマアカネの産卵、そしてメスのネキトンボ(単独では初撮影)といったところか。
e0167571_21241573.jpg
e0167571_21243038.jpg
e0167571_21244931.jpg

午後からはカトリヤンマがやってくるのを待ったが、飛来しても超高速で飛び回るだけで、去年のようなホバリングを全くしてくれない。何が違うんだろうか。タカネトンボもやってきたが、飛翔はこれまた全滅。腕以外にも動体視力、さらに暗いところでの視力が衰えているのかもしれない。時々休憩するが1-2分で飛び立つため撮影条件を修正できず満足いくものは撮れなかった。
e0167571_21251392.jpg
肉眼では胸がメタリックグリーンに輝いてとてもきれいだったんだけどね。エゾトンボの仲間をきれいに撮るのはむずかしい。
帰りの電車で一人ビールで乾杯、というほどの成果ではなかったが、天気も良くて楽しい1日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-10-10 21:34 | トンボ | Comments(4)
Commented by maximiechan at 2011-10-11 06:21
私の記事を参考にして観察に行かれたということ、光栄です。
度重なる洪水には本当に気をもみました。
エゾトンボの仲間には私も気がつきましたが、シャッターすら切れませんでした。
出会った色々な種類の蜻蛉を確実に撮影される腕はさすがですね。勿論キトンボの飛翔撮影も見事です。
Commented by dragonbutter at 2011-10-11 22:19
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
ここはいつまでもキトンボがたくさん見られるポイントであり続けて欲しいですね。
暗いところを飛ぶトンボは、例え少しくらいホバリングしてくれても撮影は難しいですね。
Commented by CLと棒 at 2011-10-23 22:49 x
bravo!

飛翔写真、光が見事にとらえられていて素晴らしいですね。

流石です。^^v
Commented by dragonbutter at 2011-10-24 22:42
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
本当は順光になる位置に回りこめなくて苦し紛れに撮った1枚です。光の反射ももちろん偶然の産物です(笑)。
<< 可憐なカップル | ページトップ | 産卵日和 >>