Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
トラ模様のヤゴ
早いものでもう11月最後の週末となった。
もうシーズンオフだけどヤゴ探しにシーズンオフはない(笑)。ということで6月に行った清流に出かけてみた。この川は9月の台風15号で大増水しており、ヤゴが大丈夫か心配だった。
川に増水の跡は思ったほど残っていなくて、6月に来た時と同様きれいな水が流れていた。流れに入ってがさ入れを初めると間もなくコヤマトンボが数匹採れた。多い場所では1回すくうと2-3匹網に入ったりした。
e0167571_18422322.jpg
ここのコヤマトンボの数はとても多いので予想通りといったところか。続いてホンサナエ。
e0167571_1844396.jpg
これも6月には多かったが1匹だけ採れた(Yさん、お墨付きありがとうございました)。なんかウルトラマンに出てくる怪獣のような面構え。狛犬の顔のようにも見える(目のように見えるところは複眼ではない)。
e0167571_18444527.jpg
トンボはヤゴを見つけるのと成虫を見つけるのとどっちが簡単か?これは種類によると思う。まだヤゴしか見てないものもいる。ヤゴを見つける方がずっと簡単といわれるトンボの中にキイロヤマトンボがいる。成虫の撮影は関東では難度五つ星ではないだろうか。今日の出撃の1番の目標はこのトンボのヤゴだった。捜し始めて約30分。すくった砂礫の中にすぐそれとわかる黄色いヤゴがいた。
e0167571_18462414.jpg
これがヤゴの最美麗種といわれるキイロヤマトンボのヤゴだった。その後すぐに、来年羽化すると思われる大きなやつもみつかった。
e0167571_18464643.jpg
e0167571_1847759.jpg
トラかヒョウを連想させる紋様のヤゴだ。爪が長いのも特徴だ。撮影後はリリース。来年何とか無事羽化してほしいと願いつつ。砂地に放つとあっという間に腰をフリフリしてもぐってしまった。
e0167571_18481665.jpg
e0167571_18482840.jpg
派手な色も砂地では保護色なのだ。実はこの場所は6月にトンボを観察した場所からは数百メートル下流であることがわかった。半年以上経っており場所を間違えたのだ。でもこれが幸いした。前回のポイントはみるからにヤゴが好みそうなのだが、なぜかいくらガサってもキイロヤマどころかヤゴ自体ほとんどいない。いたのはコオニヤンマ1匹のみ(もちろんやらせ写真です)。
e0167571_18485616.jpg
9月の増水が影響しているのだろうか。ちょっと心配。
成虫の写真がないと寂しいので2回だけ目撃したナツアカネ。
e0167571_18492457.jpg
来年は成虫の時期に是非訪れたい所だが、6月は仕事も忙しく、他にも行きたいポイントだらけなので夢が叶うかはわからない。
翌日足と腰が半端じゃなく痛い。流れの中を歩いたのと、長いこと腰を屈んでいたせいだろう(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-11-28 18:56 | トンボ | Comments(6)
Commented by エフ at 2011-11-28 19:51 x
待ってました!
今シーズンの初がさ入れですね。
それにしても、ヤゴのいろいろな形態には興味が尽きません。
なぜあんなに脚の長さが違うのでしょうかね。
Commented by dragonbutter at 2011-11-28 22:19
エフさん、コメントありがとうございます。
ほんとにトンボは不完全変態とはいっても、ヤゴと成虫の形態は全く異なりますし、水中から空中へと活動の場を移すということもあって全く別次元の生きものの感があります。
形も実に多様ですね。
Commented by himeoo27 at 2011-12-03 18:20
私にとってはチョウが越冬するのでシーズンオフですが、
貴兄にとっては「ヤゴシーズン」イン!!という感じですね。
成虫と同じくヤゴも多彩で興味が付きませんね。
Commented by CLと棒 at 2011-12-04 21:42 x
ヤゴを見つける方が簡単なトンボもいるのですね。
この辺のところは、私にとって未知です。^^;

そうそう、先日ブータンの幻のアゲハの番組を見て、感激しました。^^;
Commented by dragonbutter at 2011-12-04 22:11
himeooさん、コメントありがとうございます。
本当にヤゴの形態は多彩です。どれもそれなりにカッコいいです。
ヤゴがすくえた時の快感は病みつきになりそうです(笑)。
Commented by dragonbutter at 2011-12-04 22:15
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
ヤゴは見つければ必ず写真が撮れるのがいいですね。
ブータンシボリアゲハの番組は本当に心を熱くしながら見ました。こんな素晴らしい番組を見れるのでしたら受信料も安いものです。
<< 自転車ですぐの公園にて | ページトップ | 晩秋の日を浴びて >>