Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ふるさとの蝶に向かいて言ふことなし -2-
ここも表日本のギフポイントの例に漏れず訪花の写真は撮りづらい。ミツバツツジ以外の訪花シーンは想定していなかった。
その日のベストショットのチャンスは到着後すぐ、あるいは帰る直前にやってくることが多い。すぐに飛来した個体が斜面の向こうに消えたので走っていくと、そこにはショウジョウバカマが咲いていて吸蜜中だった。足を滑らすと池に落ちるので慎重に回り込む。
e0167571_23315067.jpg
何度か花を渡り歩き1分近く留まってくれた。そうこうするうちに40人はいると思われる団体さんがやって来た。今日は観察会なのだ。しばらくぶりにお会いする地元の研究者IさんやSさんが引率されている。ひとしきりお話させていただいた後、皆さんは上のほうに移動された。ギフはその後も降りてきた。とまったところに近づくと食事中、という場面が多かった。このあたりには大きな花がないので接近しないとわからないのだ。下写真はヒメオドリコソウとカキドオシに来たところだ。
e0167571_23321391.jpg
e0167571_23323050.jpg
ヒメオドリコソウは子供の頃見た覚えがない。大学で上京して初めて見て汚い草だなと思った記憶がある。東京に侵入したのが明治中期らしいので、もともとギフにヒメオドリコソウという組み合わせはなかったことになる。
山のうえに戻る途中正面から飛んできたギフが目の前のタチツボスミレに止まった。
e0167571_23333092.jpg
これもここではめったに撮れないチャンスだったが、蜜が少ないからか2-3秒で飛んでいってしまってジャスピンは撮れなかった。今回の写真は300mm(PENTAX)で撮ったものが多いが、ピントが少し甘い。いつも使っている180mmマクロ(SIGMA)はマニュアルフォーカスで撮っているが、フォーカスリングの回転方向が逆なので調子が狂うため300mmはオートフォーカスで撮ったのが悪かったかな。
ミツバツツジのポイントでは2年ぶりにお会いする里山に遊ぶのCLと棒さんがやって来るギフを待っておられた。まだかと思われたミツバツツジは数輪咲いており、午前中2回ほどチャンスがあったという。最初からここに来ていればミツバツツジに絡むギフが撮れたかも、と悔やまれたが、そうしていたら上にアップした訪花シーンは撮れなかったであろう。また訪れる理由が出来たわけだからこれでいいのだ。蝶が来ない分、ゆっくりとお話できたのはうれしかった。1時を過ぎると曇って風も出てきたので250kmの帰路に就いた。
e0167571_23335617.jpg

蝶にも蝶を愛する人たちにも会えた幸せな一日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-04-16 23:47 | チョウ | Comments(12)
Commented at 2012-04-17 06:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maximiechan at 2012-04-17 06:25
ギフチョウは吸蜜源を選ばない大食漢なんですね。
実は、今年は多くのブログ仲間が色々な花での吸蜜を撮影されていて、そんなことを思うようになりました。
それでもショウジョウバカマでの吸蜜は初めて見ました。
素晴らしいですね。
Commented by ダンダラ at 2012-04-17 09:31 x
ほのぼのとした良い風景ですね。
それにいろいろな吸蜜写真が撮れて十分満足されたとのこと。
見ているこちらもほのぼのしてきました。
ギフのシーズンは冬をくぐり抜けたこの風景も魅力ですよね。
Commented by himeoo27 at 2012-04-17 21:57
色々な花でのギフチョウの吸蜜シーンどれも素敵ですね!
私も、新潟か、北長野で挑戦してみたいです。
Commented by dragonbutter at 2012-04-17 23:12
鍵コメさん、おっしゃるとおりで正解です。
この二つの町はしょっちゅう取り違えられます(笑)。
Commented by dragonbutter at 2012-04-17 23:14
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
ショウジョウバカマでの吸蜜は予想していなかったのでうれしかったのですが、アングルを選ぶ余裕がありませんでした。
Commented by dragonbutter at 2012-04-17 23:16
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ここは何回行っても心癒される場所です。
もう少し美的センスのある写真が撮りたいのですがなかなか思い通りにはいきません。
Commented by dragonbutter at 2012-04-17 23:17
himeooさん、コメントありがとうございます。
この日はいろんな花に来てくれました。
新潟や北長野に行かれればもっと美しいシーンが待っていることでしょう。
Commented by grassmonblue at 2012-04-18 22:25 x
南信のご出身でしたか。
昨年一度だけ訪ねたことがありますが、チョウたちの楽園エリアのようですね。
こうして保全されているのをみるとうれしくなります。
なるほど、黒條、黄色地とも濃いような感じがします。
Commented by dragonbutter at 2012-04-18 23:01
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
それでもいなくなった蝶を挙げていくと悲しくなります。
このあたりにはまだオオムラサキ、クロヒカゲモドキがいるそうで、昨年夏にはムモンアカシジミも見つけました。
Commented by CLと棒 at 2012-04-21 23:28 x
ショウジョウバカマと撮られているなんて、見事というほかありません。^^;
この組み合わせははじめてみました。^^;
Commented by dragonbutter at 2012-04-22 20:59
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
私もショウジョウバカマとの組み合わせは念頭にありませんでした。
次の機会にはもう少し質の高い写真を撮りたいです。
次のチャンスがいつになるかわかりませんが。
<< イトトンボ羽化 | ページトップ | ふるさとの蝶に向かいて言ふこと... >>