Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
これでも蜻蛉好きさん、ご..
by dragonbutter at 22:29
フィールドではお邪魔をし..
by これでも蜻蛉好き at 22:15
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 22:56
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
タグ
(138)
(124)
(110)
(69)
(62)
(57)
(56)
(55)
(52)
(37)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
最難関種に挑戦、そして当然の結果
この日は個人的に撮影最難関と考えているキイロヤマトンボに会いに出かけた。ヤゴは去年秋に見つけている。
前日古い友人達と痛飲してしまい早起きが出来なかったので、現地に着いたら10:30を回っていた。手強い相手に対してこれでは最初から勝負はついていた様なもの(笑)。
春のサナエシーズンも終わって、川にいるトンボはコオニヤンマ、アオハダトンボ、そしてミヤマカワトンボくらい。暇なのでアオハダトンボとミヤマカワトンボに遊んでもらう。魚眼ズーム(テレコン付き)を広角端(10mm)にして、ノーファインダーで触れるほど近づいて撮影すると面白い写真が撮れることがわかった。
e0167571_23445130.jpg
e0167571_23452845.jpg
e0167571_23453740.jpg
もちろんこいつらは敏感なので、ゲーム感覚で騙し騙し近づくのも楽しい。大空をゆったりとヤブヤンマが飛んでいる。
e0167571_23455733.jpg
自由に空を飛べることがうらやましく感じる瞬間。
川原に大きな美しいヤマカガシ。
e0167571_23462625.jpg
1mは超えていたかな。シマヘビと違ってこちらはたいそう臆病で私が写真を撮ろうと回り込むと常に反対側に逃げていく。しかしおとなしいとはいえ、この蛇はハブやマムシよりずっと強い毒をもっているのであまり追い詰めると危険らしい。
午後は川を上流、下流と移動してキイロヤマを捜す。最後の場所でそれらしいトンボが飛んでいるのを橋の上から見つけて川に下りた。少なくともオス、メス1匹は飛んでいた。しかしコヤマトンボとの鑑別は飛んでいると極めて難しい。この写真は拡大すると腹部第3節の黄色条の形でキイロヤマとわかるが、あまりに証拠写真以下なので小さく載せます(笑)。
e0167571_2347496.jpg
ここで会った採集者が美しい未熟メスを捕獲した。写真に撮らせていただいたが悔しいので載せません。
あとでキイロヤマとわかったオスは川面の上を不規則に飛んでいた。一方コヤマは岸に沿って往復飛翔をすることが多い。メスのほうは川岸2-3mのところを高速に飛んで虫を捕らえていた。これも若いムカシトンボの摂食飛翔に劣らず満足いく撮影は不可能に近いと思われた。
来年は羽化を狙いたいが時期を当てるのが難しいだろうな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-06-26 23:53 | トンボ | Comments(6)
Commented by yoda-1 at 2012-06-27 04:10
キイロヤマトンボを撮影成功、おめでとうございます。
しかし、このようなトンボがいるのは初めて知りました。
魚眼レンズは威力抜群ですね。
今年こそはいろいろトンボもと思いましたが、全くその余裕なしでありました。
下のモートン交尾時間は勉強になりました。そうだったのかとい感じです。
その下のヒロオビミドリシジミはYODA未見なだけに、うらやましく拝見しました。
Commented by dragonbutter at 2012-06-27 22:51
yodaさん、コメントありがとうございます。
キイロヤマは未撮影に限りなく近い出来です(笑)。
魚眼でトンボ、余裕のあるときもう少し追求したいです。
Commented by himeoo27 at 2012-06-28 20:07
キイロヤマトンボ胸部のミドリシジミの翅表のような
メタリックグリーンが綺麗ですね!
撮影時の興奮が伝わってきました。
Commented by banyan10 at 2012-06-29 17:33
トンボは広角は難しいと思っていましたが、見事ですね。
魚眼はないですが、チャンスがあれば水辺の広角は狙っているのですが、難しいです。もっとも、僕の場合はあまり時間かけていないからなのでしょうね。(^^;
Commented by dragonbutter at 2012-06-29 22:41
himeooさん、コメントありがとうございます。
確かにエゾトンボの仲間はメタリックな輝きがあります。
特に未熟な個体は黄斑がはっきりしているのでなおさらきれいです。
Commented by dragonbutter at 2012-06-29 22:43
banyanさん、コメントありがとうございます。
仰るとおりで時間をかけてじっくりと近づかないとなかなか難しいです。
ということは本命が現れない暇なとき、ということになりますかね。
<< 葦原のヒヌマ | ページトップ | モートンの朝 >>