Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
仙台出張
先週末は仙台出張だった。用件は土曜日で終わったので、日曜日は近場に足を伸ばした。最初の沼では地元の方から熊に注意するよう再三言われたため、誰もいない散策路はちょっと怖かった。おまけにすごい暑さで際限もなく汗が噴き出してくる。見たいトンボは飛ばず、撮影する気になったのはオゼイトトンボくらい。それでも今まで交尾シーンは未撮影だったので必死に集中力を保って何枚か撮る。
e0167571_23465368.jpg
写真は涼しげなんだけどね・・・。他の多くのイトトンボ同様、メスにはオスと同じ青色になるタイプ(一定の呼び方がなく、図鑑によって「オス型」「同色型」「青色型」と様々)と黄緑のタイプがあり、幸い両方撮ることが出来た。
e0167571_23472577.jpg
産卵は草が邪魔して撮れなかった。暑さにめげてここは終了。少し先で道路の近くに別の沼が見えたので近づこうとするがアプローチがよくない。道と岸の間の暗い林を草を掻き分けながら歩いていたら大きめのシジミがとんだ。一瞬2週間前に見たクロシジミかと思ったが、近づくとオナガシジミだった。
e0167571_23484629.jpg
あたりを見回すと食樹であるオニグルミが何株か生えている。オナガシジミは全く予想していなかったのでうれしかった。暗いなかで撮影条件を考えようとしていたら飛ばれてしまった。まだいるはずと思い近くを捜すともう1匹だけみつかった。確かに「尾長」だね。
e0167571_234945.jpg
やはりこれ以上の写真には三脚が必要のようだ。このあとは成果もなくて早めに仙台に引き返した。とにかく暑かった!仙台の町は七夕前日。駅周辺では飾りの準備も終わり、人でごった返していた。浴衣姿の女性が多くて涼しげだった。
e0167571_23493222.jpg
e0167571_23494495.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-08-06 23:56 | チョウとトンボ | Comments(4)
Commented by hemlenk at 2012-08-07 06:12
クマ…遭遇しなくてよかったですね(^_^;)
だれもいないフィールドは、期待感と不安感が入り混ざって複雑です。
ヨシ原や笹が密生しているところに、ポツンと一人はビクビクですー(^_^;)
オゼイトの交尾、綺麗ですね。
オナガシジミ、今年は、結局出会えませんでした。
Commented by dragonbutter at 2012-08-07 22:05
hemlenさん、コメントありがとうございます。
熊は数日前に目撃されていたようです。
鈴があるとよかったです。
オナガシジミは期待していなかっただけにうれしかったです。
斑紋にはかなりバラエティーがありそうですね。
Commented by grassmonblue at 2012-08-07 22:46 x
イトトンボ、やっぱり集中力が要るのですね。
わたしは最近カメラを向けなくなりました。
成果があって良かったです。
オナガシジミ、こうした出会いはうれしいものですね。
実は未見未撮影で、こんな出会いがしてみたいです。
Commented by dragonbutter at 2012-08-09 10:09
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
イトトンボは低い位置で交尾しますし、オスメス両方にピントを合わせようとすると、かなりカメラを低く構えねばならず、おまけに敏感ですので暑い中ではかなりの根気を要します。
オナガシジミは実は私も初見でした。別の場所でポイントは聞いていたのですが、行く機会を伸ばしていたのでここで撮れたのはうれしかったです。
<< キチョウ兄弟の河川敷 | ページトップ | 高原に舞う >>