Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
二番穂とナツアカネ
日曜日はいい天気であったがほぼ一日仕事。土曜日は見たかった蝶とトンボがダメだったので、またまた赤トンボです。
とっくに稲刈りの終わった水田。ここでは刈り取ったあとから新たに芽が出て稲穂が実ってさえいる。二番穂って言うらしい。例年になく暖かな秋の影響だろうか。そんな田んぼのあちこちでナツアカネが産卵していた。
e0167571_2216388.jpg
これほどの数を見るのは初めてだった。打空産卵する種類は撮影が容易だ。動きが小さい上に接近しやすいからだ。
e0167571_2217869.jpg
この日は何とストロボを忘れてしまい苦戦した。内蔵ストロボを使ってみたが、1/180秒より速くシャッターが切れないためこんな感じの写真に。
e0167571_22182368.jpg
曇りがちなのでISOを上げざるを得ず、ざらざらした写真になってしまった。
e0167571_22191654.jpg
e0167571_22193584.jpg
e0167571_22211100.jpg
e0167571_22203598.jpg
カメラをすぐそばまで持っていっても夢中で産卵を続ける姿に感動した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-10-21 22:25 | トンボ | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2012-10-27 16:18
晴れた日曜日が仕事だと精神衛生に悪いですね!

赤トンボはこの時期良く見ますが、連結飛翔を止めて
撮影されているところが素晴らしいです。
Commented by dragonbutter at 2012-10-27 22:38
himeooさん、コメントありがとうございます。
この時期撮影対象が少なくなってきて、赤トンボネタが続いてしまいました。
Commented by CLと棒 at 2012-11-04 22:00 x
つがいの飛翔、お見事というほかありません。^^/
Commented by dragonbutter at 2012-11-05 18:25
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
ナツアカネでしたら注意深く近づいて連写すると当たりが出ますので機会があったらお試しください。
<< 厳しい現実(過去画像から) | ページトップ | 赤トンボのいる風景 >>