Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
アオスジアゲハ吸水
土曜日は雨。そして日曜日は一日仕事。というわけで過去画像から。
毎年行く神奈川の森の8月。目的はここを流れる小川にいるたくさんのコシボソヤンマだった。しかしどういうわけか今年は1匹も飛んでいなかった。考えられる理由をいろいろ挙げてみた。時期はよいはず。時間帯も例年と変わらない。水質も一見変わっていないし、水量もやや少ない程度で問題になりそうではない。周りの木々の枝が伸びて少し暗くなっているが、この程度では・・・。第一シーズン前の去年12月にはコシボソのヤゴがたくさん採れている(すべてリリース)。結局わけがわからない。とても心配ではあるが、1世代のサイクルが2-3年なので来年の復活を祈るしかない。
この少し奥に毎年アゲハが吸水に来るポイントがある。2年前はミヤマカラスアゲハ。
e0167571_21545998.jpg
去年はモンキアゲハ。
e0167571_2155159.jpg
今年はアオスジアゲハが来ていた。
e0167571_21553335.jpg
なかなか敏感であったが、飛ばれても待っていると近くに下りてきて、何度か接近できた。
広角で撮ったものの中に噴き出す水が写っているものがあった。
e0167571_21565341.jpg
e0167571_2157296.jpg
この行動をポンピングという。最近吸水の目的はアンモニアの摂取であるという研究が発表された(Honda K et al. Naturwissenschaften, 2012, 99, 695-703)。
最後に動画。

前回この近くで撮ったモンキアゲハのポンピングと比較するとアオスジアゲハのほうが勢いよく飛ばしているのがわかる。個体差もあるかもしれないけどね。掲載の画質でははっきりしないけど、動画で排出しているおしっこはどうみても黄緑色をしているがなぜだろうか。ポンピングは動画撮影に適したシーンなので機会があればこれからも記録していきたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-11-18 22:18 | チョウ | Comments(0)
<< 顔写真 | ページトップ | 晩秋の日差し >>