Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
この場所は入山規制で入れ..
by ダンダラ at 16:29
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
新潟のギフ
3週間ぶりの好天に恵まれた週末。もう表日本のギフには遅いだろうと考え、新潟に向かった。国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・
e0167571_16394030.jpg
雪景色!その先も残雪がたっぷり残っている。
e0167571_16395897.jpg
更に北上すると予想通り雪は消えた。目的地は3度目である。しかし前回の2度目は1匹も目撃すらできなかった。遅すぎたのだ。
到着は9時前。寒い。青空は見えるが雲が太陽にまとわり付いて日が射してもすぐ曇ってしまう。山道を登り、尾根から少し外れたところにあるカタクリの群落で雲がとれて気温が上がるのを気長に待つ。しばらくすると上越市のNさんが別ルートで登ってこられた。専らビデオ撮影をされているという。下で既にカタクリに来たギフを撮影されたとのこと。10時半頃から申し合わせたかのようにギフチョウが次々と飛来した。3匹目くらいで何とかカタクリの吸蜜を撮ることができた。
e0167571_16405627.jpg
e0167571_1641677.jpg
スミレサイシンでの吸蜜はピンボケ。
e0167571_16442011.jpg
いつもスミレには短時間しかとまらないので苦労する。でも裏日本ならではのシーンだろうか。
去年は神奈川と南信のギフを見ただけなので、さすが新潟のギフは白っぽいなあと思ったが、後で液晶を覗いていたらどうも違和感のある個体が出てきた。
e0167571_1645885.jpg
何故だろうとよく見ると後翅の赤斑がオレンジ色に置き換わっている(この個体は周辺部に赤い鱗粉がわずかに残っている)。
e0167571_16452636.jpg
こういう個体をイエローテールというらしい。家に帰ってネットで調べるとオレンジのものから黄色に近いものなど程度は様々なようだ。通常個体をはさんで何度も登場したが、複数いたかは不明だ。
e0167571_16454845.jpg
この個体は上ほどではないが少しオレンジに近い赤に見える。ここでは赤い鱗粉ができない変異した遺伝子の頻度が高いのだろうか。撮った時点で気付けばもっと真剣に探したのだが。
実は恥ずかしながらカタクリに来たギフは証拠写真しかなかった。完璧とはいえないが何とか撮れてよかった。
Nさん、楽しいひと時をありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-14 16:48 | チョウ | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2013-04-14 19:18
カタクリの花に吸蜜するギフチョウ良いですね!
来年チャンスを作って出かけてみたいです。
Commented by banyan10 at 2013-04-14 20:41
一日違いでしょうか。
イエローテールおめでとうございます。
生態写真はほとんど見た記憶がありません。
これからチェックしますが、写っている可能性は低そうな気がします。(^^;
Commented by dragonbutter at 2013-04-14 22:53
やはりカタクリの花とギフチョウは日本のチョウの生態写真の中でも最も見栄えのするものですね。
次回は広角写真も狙いたいです。
Commented by dragonbutter at 2013-04-14 22:57
それはお会いできず残念でした。
イエローテールの生態写真は佐合さんのHPに載っていますね。
ファインダーを覗いた時点で気付くべきでした。
気付いたのは翌朝です(笑)。
Commented by hemlenk at 2013-04-14 23:32
わっ!イエローテール。やりましたね(=^・^=)
しかも、縁取りに赤が残っているところなんぞ、さらに上品に見えますね(^_^)/
本日、越後ギフに会って来ましたが、やはり個体数の多さと、カタクリ吸蜜が気軽に見られるのは魅力的でした(=^・^=)
Commented by dragonbutter at 2013-04-15 23:39
hemlenさん、コメントありがとうございます。
ギフチョウの魅力はアクセントとなる後翅の赤斑でしょうから、ちょっと間が抜けた印象もします。
縁取りに赤が残っているタイプはウェブや図鑑にも調べた限りでは載っていませんでした。
Commented by maximiechan at 2013-04-17 05:59
トンネルを抜けてから暫くは本当に雪雪雪ですよね。
その雪解けの状況がわからないと無駄足になることもあるので、皆さんの報告が有り難いです。
イエローテイルというものもいるのですか?
雰囲気が随分違いますね。赤上がりとか色々と翅に変化があって面白いですね。
Commented by cactuss at 2013-04-17 21:09
イエローテールはすごいですね。
光の加減で黄色に見える場合がありますが、この写真は周辺に赤が残っているので、確かにイエローテールですね。
生態写真では初めて、見ました。
Commented by dragonbutter at 2013-04-17 23:32
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
去年はその無駄足を踏みました(笑)。
魚沼の方はこれからがピークでしょうね。
Commented by dragonbutter at 2013-04-17 23:34
cactussさん、コメントありがとうございます。
cactussさんからお墨付きをいただけるとうれしいです。
ファインダーを覗いたときに異常に気付くべきでした。
<< 新潟のギフ(その2) | ページトップ | タナゴ誕生 >>