Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
この場所は入山規制で入れ..
by ダンダラ at 16:29
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
新潟のギフ(その2)
先日載せたイエローテイルと言えそうな個体、その後写真を整理したら10:29から11:44にかけて何回か飛来しており、拡大すると同一個体であった(まあそんなにいるはずがない)。
e0167571_2336072.jpg
e0167571_2336995.jpg
この日はある程度カタクリへの飛来が撮れたので、途中から広角と飛翔に挑戦することにしたわけだが、どれも中途半端な結果に終わった。何と広角写真に挑戦した相手が全てイエローテイルだったのだ。
e0167571_23362536.jpg
e0167571_23363444.jpg
気付いていたらマクロでもっと真剣に撮ったのに。
飛翔は全てノーマル個体のうえに打率もきわめて低かった。
e0167571_23365110.jpg
e0167571_2337242.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-17 23:38 | チョウ | Comments(6)
Commented at 2013-04-18 01:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dragonbutter at 2013-04-18 23:35
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
その図鑑、持っていますがざっと見た限り見つかりませんでした。
改訂増補の前のものだからでしょうか。
新潟で頻度が高いのでしょうかね。
Commented by 虫林 at 2013-04-19 07:00 x
素晴らしいイエローテールですね。
僕もいつかと思っていますが、なかなか撮影できません。
こんな個体を見ると、色彩の多型の不思議さ、面白さがわかりますね。
おめでとうございます。
Commented by ダンダラ at 2013-04-19 08:02 x
イエローテールはこれだけはっきりした写真は初めて拝見したような気がします。
でも野外では気が付かないことが多いでしょうね。
素敵な出会いをくれた運命の女神さまに感謝ですね。
Commented by dragonbutter at 2013-04-19 23:28
虫林さん、コメントありがとうございます。
本当に仰るとおりですね。
どのような仕組みでこのような多型、異常型が生まれえるのでしょうか。
神の悪戯がはたらいているとしか思えません。
Commented by dragonbutter at 2013-04-19 23:32
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
異常型を期待して出かけることはありませんから、野外で気が付くことは難しいですね。派手な異常は別として。
撮りっ放しにしないでしっかりチェックをすることの重要さも身にしみて感じました。
<< エレガントなヤゴ | ページトップ | 新潟のギフ >>