Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
陽だまりの中で
週末は法事があって信州に帰った。土日とも晴れて小春日和だった。帰りの初狩PAからは真っ白な富士山が間近に見えた。
e0167571_22351970.jpg
手前にリニアの試験線と中央本線が見える。リニアが東京と飯田を結ぶ頃、まだ元気でいられるだろうか。
諏訪で中央道を降りて、山を越えて伊那谷を目指した。道路の脇に積もったカラマツの葉には霜が降りていた。途中で寄り道した山の湖はとても静かだった。水面は一部氷結していた。
e0167571_22354136.jpg
湖畔の茂みを散策すると次々と小さな虫が飛び立った。成虫で越冬するオツネン(越年)トンボだった。
e0167571_2236379.jpg
気温が上がってきたので活動を始めたようだ。2匹が追飛するのも見られた。このトンボは日本で最も地味なトンボではないだろうか。春になって成熟しても褐色のままだ。その上小さいので飛ぶのを目で追ってもすぐに見失ってしまう。枝にとまることもあるが、主に木の幹にピタッととまって日向ぼっこをしていた。
e0167571_22371435.jpg
複数匹集まっている場所もあった。
e0167571_22375582.jpg
意外と敏感で近づくのが難しかった。
山を下り、高遠の奥の集落で車をとめた。
e0167571_22381336.jpg
ここでも至る所でオツネントンボが飛んでいた。
e0167571_22383518.jpg
今年は当たり年なのかもしれない。私の肘やズボンにとまって日光浴を始めたオスもいた(笑)。
e0167571_22385269.jpg

高い山の雪の量は例年より多そうだった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-11-25 22:45 | トンボ | Comments(2)
Commented by CLと棒 at 2013-12-10 22:44 x
リニアができると、お気軽に都会のSnapを撮りに行けますね。

それまでは、元気でいないと!(笑)
Commented by dragonbutter at 2013-12-11 23:27
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
こちらは反対に気軽に飯田方面に撮影に行けます。
お互い元気でその時を迎えられるといいですね。
<< 初冬の公園にて | ページトップ | ヤゴ写真の加工に初挑戦 >>