Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
「心」気一転
ブログのテーマから外れるので詳しくは書かないけど、、
しばらくブログをお休みしたのは、昨年秋から苦しめられていた発作性の不整脈に対してカテーテルアブレーション(カテーテル焼灼術)という、心臓内で不整脈を起こす異常な刺激が伝わる場所を焼く治療を受けていたためである。リスクもあるし、1回の治療の成功率も私の不整脈の場合60-80%ということで悩ましい選択だったが、思い切って受けることにした。三浦雄一郎さんがこの治療を4回も受けて80歳でエベレストの頂に立ったという話も背中を押してくれた。この最先端治療の恩恵を受け、術後の経過は今のところ順調、まるで心臓を入れ替えてもらったようだ。
今日は気温が上がるという。まだ穿刺部位が少し痛いので軽く散策できる場所で春を探すことにした。30分以上ぶらぶらしていたらモンキチョウが飛んだ。
e0167571_2211493.jpg
この1匹だけだったのでここではまだまだ出始めのようだ。キタテハはよく飛んでいた。
e0167571_22112244.jpg
新生蝶も撮れたので帰ることにしたが、途中で感じよさそうな川を越えた。小畔川という標識。ダンダラさんもこのあたりをフィールドにいておられるのかな、と思ったら急に寄ってみたくなり、急遽駐車できる場所を見つけて河川敷を歩いてみた。しばらくは何も飛び出さなかったが、歩くうちモンキチョウがいっぱいの一角を見つけた。
e0167571_2213353.jpg
視野の中で常に複数のモンキが飛んでいる感じ。求愛飛翔を見つけたので近づいてみると、白い方はモンキのメスではなくてモンシロチョウだった。
e0167571_22131981.jpg
既に羽が破損したモンキもいくつも見られたのでここの発生はだいぶ前のようだ。
e0167571_22133624.jpg
ワイシャツにセーターだけでも暑いくらいのいい陽気だった。
私の乏しい撮影記録の中では今日のモンキチョウとモンシロチョウは最も早い初見となった。
まだ不整脈は再発の可能性がなくなったわけではないが、それはまたその時考えるとして、これから体と相談しながら少しずつ体力をつけて行きたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-03-16 22:17 | チョウ | Comments(10)
Commented by fanseab at 2014-03-16 23:41
そのような大手術をされたとは、思いもよりませんでした。無事手術が成功して、ホッとされたことでしょう。でも場所が場所だけに、くれぐれもご自愛の上、蝶撮影を再スタートして下さい。
Commented by banyan10 at 2014-03-17 19:47
不整脈ですか。
お互いに体にガタがくる年ですが、順調に回復するといいですね。
調子が良くなったらまた同行させてください。
モンシロチョウは今年はいつもの場所で見れません。
小畔川で寄ったかいがありましたね。
Commented by dragonbutter at 2014-03-17 22:46
fanseabさん、コメントありがとうございます。
手術とはいっても胸を開けたわけではありませんので、3泊4日の入院で済みました。
今は快調です。
無理せず撮影をしたいと思います。
Commented by dragonbutter at 2014-03-17 22:50
banyanさん、コメントありがとうございます。
年も年ですから、たとえ不整脈が治っても近いうち別の病気になるんでしょうけどね。
今のところ調子はいいので、登山して高山蝶を、といった企画でない限り同行できると思います。
Commented by thecla at 2014-03-17 23:32 x
びっくりしました。フィールドに出られないというのが一番きつい気がするので、回復されて良かったですね。
くれぐれもご自愛ください。
Commented by dragonbutter at 2014-03-18 22:52
theclaさん、コメントありがとうございます。
今回の経験から健康であることのありがたさを実感しました。
お互い体は大事にしながらフィールドを楽しみましょう。
Commented by ダンダラ at 2014-03-28 10:18 x
大雪の記事の後、しばらく更新がなかったので、訪問が遅れてしまいました。
そんな手術を受けられたのですね。
今は具合はいかがですか。
小畔側いらしたのですね。
風景を拝見して、あのあたりかなと言うのはわかりました。
河原全体どこにでもいるわけではなくて、この時期だとピンポイントで3か所くらいに発生していたと思います。
そろそろギフの季節、出歩けるまでに回復されているといいですね。
Commented by dragonbutter at 2014-03-28 23:24
ダンダラさん、お気遣いありがとうございます。
おかげさまでうそのように順調です。
このまま根治となることを願っています。
ここもおっしゃる通りで、ほんの数十メートルの狭い範囲で高密度に見られました。
ダンダラさんのおっしゃる3か所のひとつかもしれませんね。
来年はもう少し早く訪れたいと思いました。
Commented by grassmonblue at 2014-04-21 14:42 x
こんにちは。
先日は当方ブログにお訪ねいただきありがとうございます。
ご病気のこと、手術のこと読みまして驚きました。
でも経過良好にて、ギフヒメギフを楽しまれているご様子なによりです。
私は自分の体調もいまいちですが、女房が倒れましてチョウ活動お休みのやむなきにいたりました。
時間はないわけではありませんが、やりくりが窮屈となり無理できません。
毎年チェックしていたモンシロチョウ初見日調査も中止しましたが、遅ればせながら簡単にリサーチできたらと思っていまして、本記事にあるモンシロチョウ初見の小畔川河原は市町村だとどこになりますか?
例の喫茶店には時々行っております。お会いできればよいですね。
Commented by dragonbutter at 2014-04-21 23:02
grassmonblueさん、こんばんは。
おかげさまで今のところ再発はなく、普通に生活できております。
ご事情は前に西友でお会いした時に聞いておりましたので気になっておりました。
場所は埼玉県の川越市です。モンキチョウがとても多くて驚きました。
例の喫茶店でお会いできればうれしいです。
週末かGWのいつか、是非声をおかけください。
<< 自然から学ぶ | ページトップ | 大雪の後で >>