Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
Emerging Ephemeral
蝶のスプリング・エフェメラルはギフチョウとヒメギフチョウが代表。トンボとなるとそう呼ぶにはちょっとごついけどやはりムカシトンボだろう。
昨日はそのムカシトンボの羽化を初めて撮影できた。
e0167571_817362.jpg
e0167571_8171942.jpg
e0167571_817422.jpg
オスとメス1個体ずつだった。いずれも処女飛行の前1分間ほど翅を震わせて準備運動をしてから飛び立った。
e0167571_818133.jpg
e0167571_8181590.jpg

この撮影は現地でお会いしたトンボ写真の大先輩Mさんのおかげです。お会いできなかったら一人ではきっと見つけられなかったでしょう。次回は自力で見つけたいところです。処女飛行まで長い待ち時間でしたがトンボの話をいろいろと伺っていたらあっという間でした。
e0167571_8191390.jpg
e0167571_8192472.jpg

この後、他のトンボの羽化を探すため場所を移動した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-04-27 08:20 | トンボ | Comments(12)
Commented by banyan10 at 2014-04-27 13:20
ムカシトンボ行っていたのですね。
羽化おめでとうございます。
ヤゴから探さないといけないので、出て来るところは難しそうですね。
Commented by e-mihi0216 at 2014-04-27 14:41
長い時間頑張られました。おかげさまで有難うです。

ムカシトンボですか・・・進化してオニヤンマ?

すみません・・・無知なもので。

孫が見てくれるといいのですが・・・。
Commented by himeoo27 at 2014-04-27 18:17
ムカシトンボの羽化を撮影できて良かった
ですね!
やはりネーミングがイイなあ~。
Commented by dragonbutter at 2014-04-27 22:25
banyanさん、こんばんは。
羽化殻は見つけましたので、羽化前のヤゴを見つけるのも難度は同じだと思いますが、この日は最初の沢でうまくいかず時間をつぶしてしまったため出てくるところには間に合いませんでした。
Commented by dragonbutter at 2014-04-27 22:31
e-mihiさん、コメントありがとうございます。
ムカシトンボは世界中で3種類だけ知られ、「生きた化石」ともいわれる原始的な特徴を残すトンボです。
いつまでも日本の渓流で命をつないで欲しいものです。
Commented by dragonbutter at 2014-04-27 22:34
ヒメオオさん、こんばんは。。
ヒメオオさんもいくつかトンボの羽化場面を撮られていますが、じっくり観察できるのでうれしいですよね。
確かに「ムカシトンボ」って名付けた人はいいセンスをお持ちだったんですね。
Commented by grassmonblue at 2014-04-28 00:16 x
本日はありがとうございました。
ムカシトンボ。迫力満点でさぞかし感動されたことと思います。
自分も、以前、知人からの画像付きメールではじめてこのトンボの羽化経過を知った時、感動して転載させてもらったことがあります。
Commented by hemlenk at 2014-04-28 07:47
ムカシトンボの羽化!じっくり見させていただきました(*^^*)
ため息ものですね。川からどのくらい離れているんでしょう。とにもかくにも、感動の一幕ですね。ナイスです(^^)v
Commented by dragonbutter at 2014-04-28 22:44
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
昨日はお時間を作っていただきありがとうございました。
またの機会に赤レンガでお会いしましょう。
ムカシトンボは本当に感動ものでした。
産卵にも挑戦したいです。
Commented by dragonbutter at 2014-04-28 22:50
ヘムレンさん、こんばんは。
長いこと撮りたかったシーンでした。
どうだったでしょうね。10m以上は離れていたと思います。
2枚目の写真に見える木立の向こうが流れです。
Commented by maximiechan at 2014-04-28 23:05
ムカシトンボ羽化の撮影おめでとうございます。
初めての時の感動は一入ですよね。
ところで、私はその日は埼玉で観察。目の前を飛ばれても撮影できず、ただただ眺めているだけでした。
そして、翌日は群馬県で羽化~飛び立ちまで、前回よりもきれいな写真が撮れて大満足でした。
Commented by dragonbutter at 2014-04-29 22:25
maximiechanさん、こんばんは。
長いこと撮りたかったシーンでした。
ムカシトンボの飛翔は撮りずらいですね。
ホバリングをしながらメスを探す場面は一度見る機会があっただけです。
<< コサナエ発生 | ページトップ | これは反則!? >>