Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
会津逍遥 -1-
先週は福島に出張があった。用件は土曜日に終わったので日曜日はレンタカーで県内をまわってみた。といってもあまりポイントを知っているわけではないので行ったことのある場所が中心となる。
カラカネトンボは福島以外にも群馬や長野で何回も見ているが、どうも相性が悪くてまともな写真がない。この日もひたすら縄張り飛翔で飛び回り、おまけに密度が高くてすぐバトルが始まる。ホバリングしているところを捉えるしかないが、時間が短くて難しい。それでも今までよりはましなのが何枚か撮れた。
e0167571_23201262.jpg
「ピントの来た写真は後ろ向き」という法則が今回も多くのカットに当てはまった。こんな感じにね(笑)。
e0167571_23205798.jpg

ジュンサイの上ではエゾイトトンボのカップルが沢山見られたが、もう少し低い位置から撮りたかった。
e0167571_23212667.jpg

第二のポイントへ向かう途中ラジオをつけるとサッカーで日本が1対0で勝っていた。「これはひょっとして」と期待した途端あっという間に逆転され、試合終了少し前に目的地に着いた。勝っていたら車の中で最後まで聞こうと思ったけど、まだ先があるのですぐ散策を始めた。未熟なサラサヤンマがあちこちで摂食飛翔をしていた。ヒョウモンの最盛期なうえに、ここでは咲いている花が少ないので撮影には有利だった。
e0167571_23224060.jpg
クモガタヒョウモンの夏眠前の新鮮なメスは初めてかもしれない。オスとのツーショットが撮れたがオスがピンボケで残念。
e0167571_23241833.jpg
湿地には入ることができず目的のトンボは諦め。
ここで12時を回ってしまった。次に行く場所はとても迷った。約100km先の新潟の某所まで行くことも考えていたが、高速代も高いし、初めての場所で空振りしたくなくなって県内でもう一か所まわることにした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-16 23:25 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by hemlenk at 2014-06-17 05:13
カラカネトンボ、ナイスショットですね。まだ見たことがないので出会いたいトンボです。
トンボの飛翔写真、どうしても後ろ向きが多いですよね。法則....があったのですね(笑)
Commented by yoda-1 at 2014-06-17 07:21
カラカネの向かって来る飛翔おみごとです。
これはホバリングしていた瞬間なのですか?
クモガタもペアショットも素晴らしいです。
Commented by banyan10 at 2014-06-17 10:46
カラカネ素晴らしいですね。
ウラギンは一瞬交尾かと思いました。(^^;
クモガタ雌は雄に比べて夏眠前はなかなか出会えませんね。
Commented by dragonbutter at 2014-06-17 23:03
ヘムレンさん、こんばんは。
カラカネトンボは結構見ることはできます。
そのうちお話しします。
この法則はそのうち教科書に載ると思います(爆)。
Commented by dragonbutter at 2014-06-17 23:05
yodaさん、コメントありがとうございます。
このトンボはホバリングを狙わないと飛翔はちょっと不可能と思います。
置きピンで撮れないので難儀します。
Commented by dragonbutter at 2014-06-17 23:07
banyanさん、こんばんは。
クモガタのメスは大きくて圧倒的な存在感がありました。
ウラギンは交尾だったらうれしかったのですが。
<< 会津逍遥 -2- | ページトップ | 細ながーい顎のヤゴ >>