Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
夏チャマ撮影は暑さとの勝負
チャマダラセセリの夏型(夏チャマ)は長いこと撮りたいと思っていた。しかし春に比べて少ないというし、関東の夏チャマは空振りの時「代役」がいないので行くのに覚悟がいる。去年はFさんと探そうという話があったけど都合が合わずに挑戦は今年になった。
先ずはFさんが春に沢山見つけたというポイントへ。下草がしっかり刈られており、今日も3人が作業にやってきた。歩きやすいので助かるが、吸蜜源も刈られてしまうのでチャマにとっていいことなのかはよくわからない。杉も随分育っておりこのポイントもそう長くはないかもしれない。着いたのは8時前だったが真夏の日差しと草いきれですぐに汗が吹き出す。1時間以上探し回ってようやくFさんが1頭目を見つけた。
e0167571_21363697.jpg
敏感ではあったが、逃げても緩やかに飛んでは少し先にとまってくれるフレンドリーなオスだった。まるでハンミョウのよう。これをきっかけに何度か見つけたが同一個体も含まれるだろう。
e0167571_2137455.jpg
気温もますます上がってきて集中力が途切れがちになったころ、ちょっと飛び方が違うチャマを見つけた。産卵場所を探しているようだ。ミツバツチグリは至る所にあるのだが、気に入った葉が見つからないようでなかなかとまってくれない。ようやくとまって腹部を曲げて産卵態勢に入ったが撮る前に飛ばれた。しかし前翅前縁の折り返しのないメスの証拠写真は撮れた。
e0167571_21371962.jpg

そこそこ撮れたし暑くて耐えられなくなって次のポイントへ。しかしそこは2年前の春とても少なかった場所なので期待はしていなかった。春とは違って夏草が背丈ほど伸びており、かき分けて進むのに苦労する。おまけにイバラも多い(泣)。しかし数メートル草漕ぎをしたところで早くもチャマが出迎えてくれた。この後は次々と飛び出した。擦れた個体も多かったが今日羽化したようなピカピカのオスもいて、広角で撮っても逃げなかった。
e0167571_2139262.jpg
e0167571_21392243.jpg
ここは吸蜜源はたくさんあるのだがなぜか花にとまってくれなかった。キンミズヒキにとまったけど吸蜜していない。
e0167571_21393680.jpg

少し離れたところで2匹が絡んでストンと降下したので交尾に違いないと思って必死で草をかき分けて行ってみたがどうしても見つけられなくて残念だった。
時間も12時半となり体力も限界なので切り上げることにした。撮影者にも採集者にも会わなかった。くそ暑い中ここまで来る者は変わり者かな。
夏チャマは高校生(多分)の頃見て以来なので初見のようなもの。ここでは環境が変わるにつれて少しずつ発生地を変えているようだが、いつまでも生き延びてほしいものだ。Fさんには酷暑の中お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-08-02 21:43 | チョウ | Comments(6)
Commented by banyan10 at 2014-08-02 22:17
暑い中、撮影できて良かったですね。
翅裏を撮影するには暑い夏の方がいいのかもしれませんね。
僕は信州で以前に撮影しましたが、関東よりは涼しく撮影できたのでしょうね。もっとも、数年でかなり厳しい状況のようなので今では関東か福島で見るしかないのかもしれません。
Commented by himeoo27 at 2014-08-03 06:31
夏チャマ撮影おめでとうございます。
暑くて個体数が春に比べて少ないと聞いている
ので私はまだ挑戦したこともありません。
それにしても、良かったですね!
Commented by dragonbutter at 2014-08-03 19:18
banyanさん、こんばんは。
この日は逆になかなか翅を開いてくれませんでした。
翅裏は春型に比べて赤みが弱く、灰色っぽく感じました。
banyanさんは信州で夏型を撮っておられたんですね。
今となっては貴重な写真ですね。
Commented by dragonbutter at 2014-08-03 19:20
ヒメオオさん、こんばんは。
暑ささえ我慢できれば何とか撮影は可能と思います。
といっても2年3年先はわかりませんが。
Commented by maximiechan at 2014-08-03 20:07
今日は採集者も結構入っていました。
実はこの記事に刺激されて、本日行ってきました。
ちょっと苦労しましたが、雄雌ともに取り敢えずは撮影できました。
雌の産卵しているところもどうにか写せました。
情報提供ありがとうございました。
Commented by dragonbutter at 2014-08-03 22:11
maximiechanさん、こんばんは。
おめでとうございます。
あまり数が多くない中でいろいろ撮影できたようでよかったですね。
何とかこの地域でいつまでも生き残っと欲しいものです。
<< ミシガンの樹木園にて ―前編― | ページトップ | 猛暑日はヤンマ日和 >>