Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ミシガンの樹木園にて ―前編―
先週はアメリカ出張だった。ミシガン州のアナーバーはデトロイトから西に60㎞程にある人口11万の都市である。
e0167571_16522253.jpg
滞在中はスケジュールがびっしりだったが、水曜日だけ昼に4時間余りフリータイムができたので、町から歩いて10分余りで行けるニコルズ樹木園(Nichols Arboretum)を散策した。広い公園で、リスはもちろん、目の前の草むらからオジロシカが顔を出したのにはびっくりした。
e0167571_16525125.jpg
アメリカには20年ほど前暮らしたことがある。時々蝶やトンボの採集や撮影もした。そのころ見たいくつかと再会できたし、初め見るものもあった。短時間であったが、蝶の普通種はある程度見ることができたので紹介する。和名は「ぷてろんワールド」を参考にした。100mmマクロしかもっていかなかったのでトリミングしたものも多い。同定に間違いがあればご指摘ください。
e0167571_16535592.jpg

先ずはビジターセンターを入ってすぐの花壇にいたGiant Swallowtail(クレスフォンテスタスキアゲハ)(Papilio cresphontes)。
e0167571_16541158.jpg
ミシガン最大の蝶だそうだ。日本のクロアゲハくらい。
e0167571_16545556.jpg
このPipevine Swallowtail(アオジャコウアゲハ)(Battus philenor)は毒のある蝶でタテハチョウに擬態されている。独特の光沢が毒々しい。
e0167571_16553823.jpg
唯一観察した日本との共通種。1860年頃北米に移入されて以来、現在ではほぼ全米に広がっている。英名はCabbage Butterfly。
アメリカにはモンキチョウの仲間が14種類もいる。
e0167571_1656871.jpg
これはClouded Sulphur(アメリカモンキチョウ)(Colias philodice)。
e0167571_1656568.jpg
求愛シーンからわかるけどオスはミヤマモンキチョウに似ている。メスは日本のモンキチョウとそっくり。もちろん誤求愛ではない。メスには白色型もいる。
e0167571_16571538.jpg
ルリシジミによく似たこの蝶はSpring Azure(Celastrina argiolus)だと思うけど、北米のルリシジミの分類はまだ遅れているらしい。
e0167571_16574668.jpg
Red Admiral(ヨーロッパアカタテハ)(Vanessa atalanta)名前に反してアメリカにも広く分布する。ちょっととまった位置が高かったな。
e0167571_1658979.jpg
これは夏の花壇でよく見かけるPearl Crescent(Phycoides tharos)。ヒメウラナミジャノメくらいの大きさ。ミカヅキタテハ(Phyciodes)の仲間は似たものが多くて同定に自信はない。
後半に続く
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-08-10 17:02 | チョウ | Comments(0)
<< ミシガンの樹木園にて ―後編― | ページトップ | 夏チャマ撮影は暑さとの勝負 >>