Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
これでも蜻蛉好きさん、ご..
by dragonbutter at 22:29
フィールドではお邪魔をし..
by これでも蜻蛉好き at 22:15
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 22:56
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
タグ
(138)
(124)
(110)
(69)
(62)
(57)
(56)
(55)
(52)
(37)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ミシガンの樹木園にて ―後編―
昨日の続きです。
e0167571_19193946.jpg
e0167571_1920654.jpg

Great Spangled Fritillary(オオアメリカギンボシヒョウモン)(Speyeria cybele)は今まで見た中で最も大きなヒョウモンだった。少なくともオオウラギンヒョウモンの大きさはあるだろう。飛び回ると遠くからでも目立ち、迫力十分!
e0167571_1920454.jpg

これはComma(コンマタテハ)(Polygonia comma)だと思う。もちろん裏面の小白斑の形に由来する名前だ。アメリカ中東部だけでシータテハの仲間が6種類もいるので鑑別は神業。新鮮で美しかったけど敏感で近づけなかった。
e0167571_19212057.jpg
e0167571_19214482.jpg
これはSilver spotted skipper(Epargyreus clarus)という大きなセセリチョウ。アメリカ、特に中東部では最も数の多い蝶のひとつ。
e0167571_1923179.jpg
Yellowpatch Skipper(Polites peckius)はホシチャバネくらいのとても小さなセセリ。敏感なうえ一度飛ばれると100%見失ってしまうので撮影に苦労した。
e0167571_19232629.jpg
これは言わずと知れたオオカバマダラ(Monarch)(Danaus plexippus)のメス。渡りをする蝶として有名だ。
樹木園の北端はヒューロン川に接していた。
e0167571_19234872.jpg
川岸で2種のトンボに会えた。
e0167571_1924570.jpg

これはBlue-fronted Dancer(Argia apicalis)。Argiaの仲間は新大陸で繁栄している。前から見るとアメ車でも見ているようでカッコいい。
e0167571_19242610.jpg
メスには青色型と褐色型があるようだ。
e0167571_19244060.jpg
e0167571_1925364.jpg

もう一種類がEbony Jewelwing(Calopteryx maculata)。
e0167571_19253020.jpg
アオハダトンボに似ているが一回り小さかった。この1匹だけで、オスは見られなかった。
赤とんぼの仲間は写真から同定することは難しそうだ。Ruby Meadowhawk (Sympetrum rubicundulum)あたりかと思われるが・・・。
e0167571_19255887.jpg
メスも同じ種類かどうか自信なし。
e0167571_1926147.jpg

公園内に池がなかったのでトンボはほとんど撮れなかったけど、蝶は短時間でこれほどの種類に会えるとは思わなかったのでうれしかった。この時だけは時差ぼけを忘れていた(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-08-11 19:32 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented at 2014-08-12 11:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dragonbutter at 2014-08-12 21:31
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
そうでしたか。世の中狭いですね。
アナーバーはきれいで治安もよさそうで良い町ですね。
私も全く同感で、もう少し早くデジカメが開発されていたらと思います。
Commented by himeoo27 at 2014-08-13 21:19
Silver spotted skipper(Epargyreus clarus)
は、可愛いセセリチョウの仲間ですね!
ぜひ一度は出逢いたいです。
Commented by dragonbutter at 2014-08-14 22:11
ヒメオオさん、こんばんは。
このセセリはかなり大きいので実際見るとあまり可愛くはないですよ。
海外の蝶の撮影も楽しいものですが同定が難しくてじれったい思いもしますね。
Commented by ごま at 2014-08-27 06:48 x
ミシガンですか。
魅力的なチョウが沢山ですね。
見慣れないチョウとの出会いは、とっても興奮しますね。
写真を拝見しているだけでもドキドキしてきます。
いいものを見せていただきました。
Commented by dragonbutter at 2014-08-27 22:10
ごまさん、コメントありがとうございます。
本当に久しぶりの海外の蝶でした。
短い時間でしたが感動しました。
こういう経験もたまにはいいですね。
<< コシボソの復活 他 | ページトップ | ミシガンの樹木園にて ―前編― >>