Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
キトンボの秋
御嶽山が突然噴火して、休日ということもあって大きな被害が出ました。被害の全貌が現時点でまだ明らかでありませんが、連絡の取れない方の一刻も早い救出を祈るばかりです。ここは私も学生時代に登った思い出深い山です。
今日は3年ぶりに埼玉県西部にキトンボを見に行ってきた。ここに最初に出向いたのは5年前のこと。あちこちで連結打水産卵が見られ、どれを撮るか悩むほどだったが、3年前は数が減っていた。そして今年は。着いたのが9時半過ぎというのが先ず敗因。それでもやはり少ない。数が少なければ当然産卵するペアも少ない。産卵するペアは着いて30分くらいでいなくなり、縄張りを張るオスもちらほら。草丈が伸びてセイタカアワダチソウが目立つ。以前見たタコノアシが見つからない。そしてこんなものにも会ってしまった。
e0167571_21552329.jpg
関東随一のキトンボ天国も今後衰退していくのだろうか。
とはいっても何とか撮れた数枚を紹介する。
e0167571_21591040.jpg
e0167571_21592396.jpg
産卵シーンは逆光で失敗作だが、産卵弁の前に水を貯めているのが判る。
e0167571_2204498.jpg
e0167571_221855.jpg

今日もマユタテとリスアカネの産卵が見られた。
e0167571_2212933.jpg

リスは近すぎて片方にしかピントが合わない。
e0167571_2214330.jpg
せっかく合ったものは画面から切れている。
e0167571_2215526.jpg

ところで水辺の岩で滑って転んでしまった。とっさにカメラはかばったけど、前のめりになって右手と右膝を強打。痛かったが、幸いにもかすり傷ですんだので撮影を続けられた。キトンボのペアを追っていた時だ。脚力が落ちてバランス感覚も低下しているので気を付けないといけない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-28 22:07 | トンボ | Comments(2)
Commented by banyan10 at 2014-09-29 22:05
キトンボはやはり綺麗ですね。
連結飛翔も見事です。
僕も転びそうになることが増えてきた気がします。(笑)
無理しない範囲で撮影したいですね。
Commented by dragonbutter at 2014-09-29 23:09
banyanさん、コメントありがとうございます。
ここに次に行くのは何年か先でしょうが、発生が続いてほしいものです。
時々危ない目にあう方が行動にブレーキがかかっていいのかもしれませんね(笑)。
<< 嵐の前に | ページトップ | 打空産卵2種、他 >>