Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
南紀への旅 -2-
<前回の続き> ここで飛んでいるシジミチョウはサツマが5割、ヤクルリが4割、残りの1割がヤマトシジミとウラナミシジミといった感じ。ヤクルリは3年前に尾鷲で証拠写真を撮って以来だ。オスの深いブルーは飛翔中も目立っていた。
e0167571_21505275.jpg
e0167571_21513276.jpg
ツワブキ以外ではベニバナノボロギク(ベニバナボロギク)の吸蜜が撮れた。
e0167571_21514727.jpg
アサギマダラもやってきた。南に渡る途中だろうか。
e0167571_2152976.jpg
翅脈が白く輝くきれいなヤマトシジミもいた。
e0167571_21523174.jpg

次のポイントからは予報通り雨もぱらついていい写真は撮れなかった。内陸に入った熊野古道ではクロコノマチョウの密度が高い場所があった。
e0167571_21524975.jpg

蝶以外の写真も一つ。最初のポイントを後にするとき、車のドアに長さが1cmに満たない小さな虫がとまっているのを家内が発見した。
e0167571_2153375.jpg
エゾギクトリバのようだ。蛾の仲間であるが、こんな翅でよく飛べたものだ。
夕方熊野速玉大社を参詣してから最後に新宮城址に登り、夕暮れの熊野川を撮って終了。
e0167571_21531814.jpg
この後はレンタカーを返して、駅に近い海鮮居酒屋で夜行バスに乗るまでの時間をつぶした。サツマやヤクルリは今では愛知や静岡で撮影可能であるが、本場(?)南紀で短時間ではあったが戯れることができて遠くまで行ったかいがあった。南紀のルーミス、ナンキウラナミアカシジミ、それと熊野本宮大社など、また行く理由は残っているが実現するかはわからない。去年情報を頂いたIさんに感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-11-04 22:03 | チョウ | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2014-11-08 08:19
サツマシジミの飛翔シーン↓素敵ですね!
来年こそは撮影にチャレンジしてみたいです。

蟲撮を始めたばかりのころ同じトリバガの仲間
のブドウトリバを私の妻と一緒に自宅で見つけ
ていったい何だろうか?と吃驚したことを懐か
しく思い出しました。
Commented by dragonbutter at 2014-11-09 13:23
ヒメオオさんこんにちは。
サツマシジミの飛翔はシジミの中では撮りやすいと思いました。来年是非いらしてみてください。
蛾にはまだ見たことがない変わり者がたくさんいるんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2014-11-11 17:14 x
同じころに同じ目的で出かけていたんですね。
この時の週末は天気が今一で、苦労しましたけど、両種とも撮影できておめでとうございます。
飛翔がきれいに決まっていますね。
Commented by dragonbutter at 2014-11-11 22:14
ダンダラさんこんばんは。
確かに天気が悪くて撮影できたのは2時間ほどでした。
でもとても密度が高いポイントでしたのでどうにか両方撮ることができました。
観光も含めてまた行きたい場所ですが、遠いです!
<< タイヤのパンク | ページトップ | 南紀への旅 -1- >>