Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ヤゴの水中写真
年末と年始に胃腸と喉の風邪を二度びきしてしまった。成人の日にはだいぶ回復したので、久しぶりに流水域のヤゴを見に出かけた。冷たい空っ風がビュンビュンふいていたが、胴長が防寒具にもなって、川の中でもそれほど寒くはない。
ここは一級河川の中流域。冬だから水量は少なめ。河原が整備されており、ヤゴには若干暮らしにくくなったようで心配だ。サナエトンボの仲間のヤゴを撮るときは大きめの石を足でひっくり返す。この時すぐ下流にタモ網を構えて、流れてくるヤゴを掬うのだ。
今日の収穫はオナガサナエが4匹とミヤマサナエ(?)1匹と少なめ。
e0167571_23132596.jpg
e0167571_2313414.jpg

オナガサナエのヤゴはここでは初見だが、いて不思議はない。アオサナエに似るが側棘と触覚の形態からオナガサナエだ。上から見ると笑っているようにも見える。しかし横や前から見ると間が抜けて滑稽で情けない顔だ。
e0167571_2314428.jpg
e0167571_23142115.jpg

リリースする前にTG3での水中撮影にトライした。
e0167571_2315545.jpg
e0167571_23151692.jpg
e0167571_23152791.jpg
天気が良かったので自然光でいい感じに撮れた。もちろん清流でなければできない撮影だ。フィッシュアイコンバーターも水中写真で試してみたかったが、手が冷たくてそこまで考える余裕がなかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-01-13 23:21 | トンボ | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2015-01-17 18:46
オナガサナエの横顔、前顔の写真
確かに笑えますね!
寒い中お疲れさまでした。
Commented by dragonbutter at 2015-01-18 10:14
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
見る角度によって印象が変わってくるのもヤゴの魅力です。
<< 水生昆虫の王様 | ページトップ | 寒い夜に熱い宴 >>