Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新の記事
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、あけまして..
by dragonbutter at 22:44
明けましておめでとうござ..
by himeoo27 at 20:27
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 21:40
banyanさん、あけま..
by dragonbutter at 21:39
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
白磁のような
ゼフィルスの季節になった。
今日は最も早く出現し、擦れやすいウラゴマダラシジミを見に出かけた。考えてみたら去年はこの蝶をここでは撮ってない。2年前には5月26日に撮っているが、今年は高温が続き、晴天の日が多いので、もう数日早めに観察したかったところ。ウィークエンド・ナチュラリストとしては仕方ない。
数はほぼ例年並みといったところ。道から少し逸れたところで新鮮なメスが飛び出した。
e0167571_2051934.jpg
今日羽化した個体かもしれない。翅裏は白磁に例えられるほど白くて美しい(サツマシジミといい勝負かな)。開翅を期待したけど飛ばれてしまった。
やはりオスは擦れが目立つ。飛び疲れたのか、休んでいるオスが何頭かいるが、いっこうに翅を開いてくれない。LEDライトを当てたら嫌がって少し動いた後開いてくれた。
e0167571_2055189.jpg
e0167571_206352.jpg
ここまで翅を開いたショットは初めて。1枚目が自然光、2枚目が内蔵ストロボ使用。撮影時にLEDライトは使っていない。
オスの開翅は初撮影だったことが後でわかった。
その他には新生テングチョウが発生していた。黄色い縁毛がきれいだ。
e0167571_2062550.jpg
e0167571_206356.jpg

ヒメジャノメが長いこと巴飛翔していた。ピントの来ているのがいくつかあった(トリミングしてます)。
e0167571_2065391.jpg
e0167571_207255.jpg

ところで妻のコンデジがあまりに古くてかわいそうなので、私がTG-3を買った後使わなくなったカシオ EXILIMをあげた(これだって古い!)。しかしほどなくしてカードスロットが壊れてカードが入らなくなってしまった。直すのもばかばかしいので何を買おうかと相談のうえ(といってもかなり誘導して)、リコーGRD IVにした。ひとつ古い型であるが、最新モデルのリコーGRはまだ高いうえにマクロ撮影に関しては退化している!結局中古を2万5千ほどで購入したが、私は一度も使っていなかった。今朝TG-3のバッテリーがないことに気付いたのでこのGRD IVを借りて出かけた。
e0167571_2075695.jpg
e0167571_2081067.jpg
ピントを合わせるのにコツがいりそうだけど、さすがに画質はTG-3よりよさそうである。壊したり置き忘れたりしたら怖いことになるのでそう度々は使えないけど(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-23 20:16 | チョウ | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2015-05-24 14:29
ゼフィルスと一緒に出逢うこの時期の
テングチョウは羽化直後ばかりで兎に
角綺麗ですね!
Commented by banyan10 at 2015-05-25 02:37
僕はこの場所はかなり頻繁に通っていましたが、また1日違いでしたね。
雄はほとんど擦れた個体になっていますが、雌は新鮮な個体も多く本当に綺麗ですね。
ヒメジャノメの卍も見事です。
Commented by dragonbutter at 2015-05-25 22:39
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
テングチョウは今年も数が多そうですね。
一度越冬後の生き残りと一緒に飛ぶのを見ました。
Commented by dragonbutter at 2015-05-25 22:41
banyanさん、コメントありがとうございます。
ウラゴのオスの羽化直は宿題となりました。
ヒメジャノメは長いこと同じ場所で飛んでいてくれたので何枚かヒットしました。
<< ブナ林の宝石 | ページトップ | 初夏の渓流にて >>