Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:47
新鮮な「ハヤシミドリシジ..
by himeoo27 at 16:47
タグ
(140)
(126)
(111)
(69)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
奥多摩の山ゼフ
去年のこと、奥多摩のある山から下りる途中「下の橋でこんな写真を撮りました。」といってきれいなアイノミドリシジミの写真を見せてくれた方がいた。さっそくその場所に行ってみたが、残念ながらテリ張りの時間が終了してみることができなかった。
そこで昨日再度チャレンジした。当初は一日一人で行動する予定であったが、偶然にも多くの方とご一緒できて有意義な一日となった。
その場所に着くと、そこには既にmaximiechanさんがスタンバイ中だった。すぐにcactussさんも見えられた。アイノミドリシジミは確かに発生していたが、いい位置にとまってくれなくてせいぜいこんな写真が撮れただけだった。
e0167571_21563398.jpg

そうこうするうち少し上に行っておられたmaximiechanさんがもっと近くにアイノがとまるポイントがあるということで移動した。ここはやはり偶然お会いしたSさんが見つけておられたものだった。残念ながら私が着いた時にはアイノのテリ張り時間がほとんど終了していた。しかしここで想定外にフジミドリシジミが降臨した。口吻を伸ばしているカットもあったので、吸水にやって来たのだろうが、なんとここで開翅のサービス。
e0167571_2157999.jpg
e0167571_21572337.jpg

まさかこんな近くでゼフを撮れるとは思いもよらず、300mm+1.4Xテレコンの装備だったが、テレコンは画質が落ちるだけで余分だった。
Sさんは何度もここに通われているそうで、メスアカミドリシジミのポイントなどたくさんの情報を教えて頂いた。
駐車場まで下る途中アイノが飛んで来て散策路に敷かれたウッドチップで吸汁。
e0167571_21574966.jpg
この後低い葉にとまって半開翅。
e0167571_2158263.jpg

この後お二人をお誘いしてポイントを移動した。
お会いした皆様、お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-29 22:00 | チョウ | Comments(10)
Commented by maximiechan at 2015-06-29 22:53
cactussさんの案でここに行ったのですが、貴兄にお会いできるとは思っていなかったし、本命のフジミドリがあんな風に現れるとも思っていなかったので、驚きの連続でした。アイノも多そうですし、メスアカやウラキンもいるのが分かったので、
来年以降が楽しみになりました。
Commented by dragonbutter at 2015-06-30 22:44
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
日曜日はお疲れ様でした。
フジミドリ、本当にラッキーでしたね。
上へ誘っていただけなかったら撮れませんでした。
またどこかでお会いしましょう。
Commented by axinite at 2015-07-01 07:10
あそこにいた euros です。
偶然にもお会いできてよかったです。
お世話になりました。
あの場所では 5 年に一度、フジミドリに出会うことができるのです。

ところで、五月末、都内の有名なフジの産地に私と同じ日に行っているのですね。
というわけで正確には初対面ではなかったようです。
今後ともどこかで遇いいできたらよろしくお願いします・
Commented by banyan10 at 2015-07-01 07:13
フジミドリは絶好のチャンスでしたね。
最初の電話はその前だったようですね。(笑)
行きましたが、ガスがかかって撮影は難しかったです。
昨年も曇る時間が長かったので、ここのアイノは晴れていないと厳しいかもしれません。
Commented by cactuss at 2015-07-01 21:19
当日は偶然、お会いできて、念願のフジミドリシジミが撮影できて良かったです。
いろいろなゼフがいるので、また、機会があったら行ってみようと思います。
Commented by dragonbutter at 2015-07-01 22:13
eurosさん、こんばんは。
それは失礼いたしました。
あの日にお会いしていたのですね。
ともあれ先日は大変お世話になりました。
お陰様で成果も上がり、楽しい時間を過ごすことができました。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by dragonbutter at 2015-07-01 22:16
banyanさん、こんばんは。
いろいろ情報ありがとうございました。
突然お電話してすみませんでした。
あの電話の後フジが下りてきました。
Commented by dragonbutter at 2015-07-01 22:18
cactussさん、コメントありがとうございます。
思いがけずお会いできてうれしかったです。
今年はミヤマカラスといい、cactussさんとお会いできると成果が上がるようです(笑)。
またお会いできればと思います。
Commented by CLと棒 at 2015-07-07 20:25 x
フジミドリ、素晴らしいですね。
今年は、ウラナミアカシジミを撮りたいと思っているのですが、残念ながら会えませんでした。
Commented by dragonbutter at 2015-07-07 23:11
CLと棒さん、こんばんは。
フジミドリは運も味方してくれないとなかなか撮れませんね。
ウラナミアカは私も今年会っていません。
伊那谷には意外と少ないのかもしれませんね。
<< 奥多摩のその奥にて | ページトップ | イトトンボの楽園 >>