Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新の記事
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、あけまして..
by dragonbutter at 22:44
明けましておめでとうござ..
by himeoo27 at 20:27
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 21:40
banyanさん、あけま..
by dragonbutter at 21:39
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
初秋の八ヶ岳
シルバーウィークは山に登った。
高校の同級生が企画した八ヶ岳山行。
僕は仕事の関係で後半の参加。
後半は赤岳鉱泉から天狗岳までを往復して美濃戸口に降りるもの。
赤岳鉱泉と帰りに通る硫黄岳の標高差はせいぜい550mであったが、多くの峰を超えて往復するルートは想像以上にハードなものだった。
降りてから調べるとコースタイムは11時間。累積した上りは1300m。きつかったはずだ。
それでも天気が良くてよかった。富士山が見えれば最高であったが。
企画してくれた友人たちに感謝!
e0167571_19492820.jpg

赤岳鉱泉から。紅葉が始まっていた。
e0167571_19494119.jpg

大同心と横岳。
e0167571_19495560.jpg

赤岩の頭からの赤岳(左)、阿弥陀岳(右)。遠くに南アルプス。
e0167571_1950969.jpg

東天狗岳(右)と西天狗岳(左)
e0167571_19501966.jpg

硫黄岳の爆裂火口
e0167571_19503026.jpg

硫黄岳からの南八ヶ岳の稜線
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-09-23 19:56 | | Comments(0)
<< 大河のほとりにて | ページトップ | 舞い降りた崖の上の貴婦人 >>