Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
初ガサの帰りに
今年初めての散策はちょっと足を延ばして茨城県へ出かけた。
最初はオゼイトトンボのいた池。ここは自力で見つけたポイント(知る人ぞ知る産地なのかもしれないが)。他にもモートンイトトンボも去年見つけている。
ヤゴ目的で来たのは初めて。池で掬っても何も入らない。岸辺のグジュグジュの湿地状の場所で掬うと沢山のヤゴが入った。
e0167571_18493132.jpg
全てがオゼイトトンボ。オゼイトのヤゴは初めてだが、よく見るクロイトトンボやアジアイトトンボに比べて尾鰓が短い印象。そして色が濃い。
e0167571_18495361.jpg
複眼の縞模様が特徴かなと思って過去の画像をチェックしたが、エゾイトトンボやオオイトトンボにも見られた。
e0167571_18501980.jpg

ここは猫の額ほどの小さな湿地なので、ちょっと環境が変わるといなくなってしまいそうで心配。
第2、第3のポイントではこれといった成果なし。第3のポイント付近からの筑波山が立派だった。
e0167571_18503340.jpg
連続する3つの峰が見られるのはここだけとか。もう少しするとダイアモンド筑波が撮れるそうだ。
ここでは若齢のギンヤンマを観察。
e0167571_18505286.jpg
ギンヤンマ属のヤゴは垂れ目で、上から見るとちょっと情けない顔に見えるが、前とか横から見るととてもカッコいい。
e0167571_18519100.jpg
ヤゴのなかでも最高にハンサムだと思う。
その帰り、常磐道の流山と三郷の間で何と頂上の左端に太陽が沈むダイアモンド富士が見られた!運転中につき撮影できなかったのは残念だが、新年早々縁起のいいものが見られた。これで「遠くに遠征するほど天気が悪い」という雨男を返上できるといいのだが・・・(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-01-11 18:54 | トンボ | Comments(4)
Commented by けい at 2016-01-14 20:07 x
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も楽しく拝見させて頂きます。

オゼイトトンボのヤゴ、かわいいですよね〜。
前に、このヤゴの調査に参加した事があったのですが、確かに良い場所に当たると『オゼイトトンボがどっさり』という事があったので、その状況を思い出しました。
採れた環境も、お書きになった通りの環境だったかと記憶しています。
Commented by dragonbutter at 2016-01-14 23:20
けいさん、あけましておめでとうございます。
ブログ訪問ありがとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。
イトトンボの仲間はオゼイトやモートンのように狭い範囲にすごい密度で見つかることがありますね。
今年も自分でいいポイントを見つけたいものです。
Commented by thecla at 2016-01-14 23:48 x
大変遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
↓のゴマシジミ、ゴマシジミに見えないですね。一瞬モンゴル当たりの蝶かと思ってしましました。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by dragonbutter at 2016-01-15 23:16
theclaさん、こちらこそご挨拶が遅れて申し訳ありません。
ゴマシジミは本当に奥が深いですね。
もっと早く気付いてしっかり撮るべきでした。
<< 葉裏で耐える | ページトップ | 謹賀新年2016 >>