Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新の記事
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、あけまして..
by dragonbutter at 22:44
明けましておめでとうござ..
by himeoo27 at 20:27
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 21:40
banyanさん、あけま..
by dragonbutter at 21:39
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
すくすく育つ -1-
週末の関東地方は蝶の観察には生憎の天気だった。
そこで今朝はゆっくり起きて、2月にみつけたイチモンジチョウの越冬巣に潜んでいた幼虫がどうなっているか狭山丘陵に見に行くことにした。越冬巣が見つかった枝にはササの葉と小さなストラップで目印を付けておいた。
ウグイスカグラの花は最盛期で、若葉が萌えていた。
e0167571_22162578.jpg

ブログに載せておいた環境写真を参考に、巣のあったウグイスカグラの株をみつけた。家内が目印を発見したので枝の同定もできた。空となった越冬巣はまだそのまま残っていた。
e0167571_2219074.jpg
そして越冬巣から10cmと離れていない枝で幼虫を発見!
e0167571_22172510.jpg
e0167571_22174155.jpg
体全体が緑色なので終齢幼虫と思われるが4齢かもしれない。第7・8節の突起の長さが同等なので予想通りアサマイチモンジではない。
1時間ほどしてから見ても位置は変わっていなかった。摂食するのは夜なのだろうか。枝に糸が吐かれているのでここを休憩所としているのかもしれない。
e0167571_2218343.jpg

しっかり育っていてよかった。
少しだけ薄日が差してヤマトスジグロシロチョウとミヤマセセリが飛んだ。
早く帰宅できたので、今度は一人で自転車でヒカゲチョウの越冬幼虫を見つけた公園に行ってみることにした。(続く)
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-03 22:22 | チョウ | Comments(3)
Commented by nephila at 2016-04-28 21:36 x
正しくはウグイスカグラです。スイカズラ科なのでよく間違えられます。
Commented by nephila at 2016-04-28 21:36 x
正しくはウグイスカグラです。スイカズラ科なのでよく間違えられます。
Commented by dragonbutter at 2016-05-03 16:34
nephilaさん、ご指摘ありがとうございました。
間違って覚えていました。
スイカズラ科でもウグイス「カグラ」なのですね。
訂正させていただきます。
これからも間違いがあったらよろしくお願いいたします。
<< すくすく育つ -2- | ページトップ | 37年ぶりの林道 >>