Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ゼフ登場
今日は先ず千葉北西部の公園に行く。
初めての場所だ。大きなエノキが何本もあってゴマダラチョウとアカボシゴマダラがたくさん飛んでいる。同数ぐらいかな。1本だけ樹液を出している株を見つけた。しかし川の対岸でしかも暗い。300mmを持ってこなかったのが悔やまれる(すべてトリミングしてます)。ゴマダラチョウはオオスズメバチに混ざって吸汁していた。
e0167571_19291458.jpg
黄色い複眼が特徴だ。飛来したオオスズメバチに翅を広げて警戒するところが撮れた。
e0167571_19294644.jpg
アカホシゴマダラもやって来た。
e0167571_19295996.jpg
白い春型を初めて見た時は「なんて気持ち悪い蝶なんだ」と思ったが、慣れてしまった(笑)。ツーショットも撮れたんだけど手前には葉が被ってしまい失敗作(泣)。
キジも何度か見かけた。
e0167571_19303169.jpg

お目当ては撮れないまま、埼玉南部へ移動。今年は季節の進み方が早いのでウラゴマダラシジミ(ウラゴ)がそろそろ出ている頃ではないだろうか。歩き始めてイボタの花がまだほとんど開花していないのに気付く。飛び回るのはヒメウラナミジャノメばかり。大きなコミスジだな、と思った蝶はアサマイチモンジだった。
e0167571_19304681.jpg
ここで見るのは4年ぶりなのでちょっとうれしい。
ワンドを渡って探していたらようやくウラゴが飛び出した。もちろん新鮮なのだが、とにかく出始めで数が少なく撮影チャンスは1回だけだった。
e0167571_19305949.jpg
一瞬開翅してくれたけど撮れなくて残念だった。個人の初見記録を9日更新した。
日が傾きかけてダイミョウセセリが林縁でテリを張っていた。
e0167571_19311659.jpg
周りを飛ぶ蝶全てにスクランブル発進していた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-14 19:31 | チョウ | Comments(8)
Commented by HemlenK at 2016-05-14 20:29
オオスズメバチを威嚇するシーン、ナイスショットですね。
ちょっとドキドキしそうですが、撮ってみたいシーンですね。
ウラゴ・・・もう出ていましたか。今日は、狭山方面にアカシジミを探しに行ってみましたが、まだ出会えませんでした。
あと数日・・といった感じです。
アサマイチモンジ・・知っている近場のポイントがどんどんなくなってきているので、羨ましいです(^^)
Commented by yurinBD at 2016-05-14 23:28
アサマイチモンジは未見の蝶ですので、羨ましいです!
ウラゴマダラシジミ、もう出ているのですね、
今年は蝶の登場が本当に早いですね!
ウカウカしていると季節の進行においていかれそうです(苦笑)
ダイミョウセセリのお写真、とても良い雰囲気ですね!
Commented by banyan10 at 2016-05-15 04:33
ゴマダラチョウは樹液が似合いますね。
なかなか最近はこういうシーンに出会えていないです。
アサマイチモンジは綺麗な個体ですね。
ウラゴマダラは近いうちに見に行ってみます。
Commented by dragonbutter at 2016-05-15 11:31
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
この酒場は近づきにくかったので、スズメバチを刺激せずにとることができました。
その分画質はいまいちですが。
Commented by dragonbutter at 2016-05-15 11:35
yurinさん、コメントありがとうございます。
アサマイチモンジはフィールドガイド日本のチョウの分布図では関東地方にべったり色が塗られていますが、南関東で見られる場所は限られていますね。
甲信地方に行かれた時にチャンスがあると思います。
Commented by dragonbutter at 2016-05-15 11:38
banyanさん、コメントありがとうございます。
ゴマダラチョウと樹液は僕も撮れていたとしても随分久しぶりだと思います。
ウラゴマダラはすぐ擦れるのでタイミングが難しいですね。
Commented by himeoo27 at 2016-05-15 18:32
「ゴマダラチョウ」と「ウラゴマダラシジミ」
語呂合わせのような2種の組み合わせ面白いですね!
どちらも何故かヒメオオには縁が薄いチョウです(笑)。
Commented by dragonbutter at 2016-05-16 23:56
himeooさん、コメントありがとうございます。
語呂合わせになっていたんですね(笑)。
私もゴマダラチョウとの相性はあまりよくありません。
<< 北アのオレンジと安曇野のブルー | ページトップ | 初夏の渓流 ―スミナガシのダブ... >>