Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
早くもメスばかり
先週末、見たかった蝶は(予想はしていたが)フライング。
クロシジミもまだだろうと思いながら立ち寄ってみたら発生していた。最も早い観察日となった。
それなのに目にするのはメスばかり。オスはこの1匹だけだった。
e0167571_222633100.jpg

なぜだろう。いる場所が違うのかな。
というわけで今回もオスの開翅は撮れなかった。スリスリ始めたので期待したが飛ばれた。
メスは開いてくれたが早くも擦り傷や破損のあるものも多かった。これが最も傷の少なかったメス。
e0167571_22265695.jpg
e0167571_22272423.jpg

好奇心のあるアリが近づいてきた。クロシジミはちょっといやがって向きを変えたが、アリは間もなく歩き去った。
e0167571_22281222.jpg
e0167571_2228211.jpg
e0167571_22282842.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-14 22:29 | チョウ | Comments(4)
Commented by nephila at 2016-07-15 22:20 x
中国のトキがいる洋県では、田んぼの畔の灌木の近くに沢山いましたが、雌雄半々の感じでした。日本では環境が違うので、雄が高い場所にいるのかもしれません。
Commented by dragonbutter at 2016-07-17 19:03
nephilaさん、コメントありがとうございます。
一応近くの桜の木を叩いては見ましたが飛び出しませんでした。
Commented by mikiosu at 2016-07-18 01:52
こんにちは。
クロシジミはまだ見たことがなく、羨ましいです!
自分もアリと一緒のところを撮ってみたいです。
Commented by dragonbutter at 2016-07-19 22:12
mikiosuさん、コメントありがとうございます。
クロシジミは消滅した産地も多いようですが、一部採集禁止となった自治体では採集者とバッティングすることなくゆっくり撮影できます。
交尾も撮りたいのですがまだチャンスがありません。
<< 褐色の女王 | ページトップ | 掃き溜めにヒヌマ 他 >>