Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
タグ
(140)
(126)
(111)
(69)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
続・ついに玄関先で!
しばらくは多忙でフィールドにはでられない。
そこで今年撮った赤とんぼの写真。
ヒメアカネ。多摩南部のポイントで今年も少数見られた。
e0167571_23205333.jpg

アキアカネの産卵
e0167571_2321597.jpg

ナツアカネ交尾と産卵
e0167571_23213211.jpg
e0167571_23214374.jpg

マユタテアカネ産卵(ピント合っていません)
e0167571_23215485.jpg

そして先日、ついに玄関先のユキヤナギでホシミスジの越冬巣を見つけた!いつの間にか産卵していたのだ。
e0167571_2329338.jpg
中にはちゃんと幼虫がいるようだ。
e0167571_23295445.jpg

シモツケも一株あるので、時間がある時ゆっくり越冬巣があるか探してみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-14 23:30 | チョウとトンボ | Comments(4)
Commented by yurinBD at 2016-11-15 05:56
ご自宅でホシミスジの幼虫が越冬ですか、凄いですね~!
絶好の観察の機会で羨ましいです♪
羽化が確認できたら素晴らしいですね。
連結しての産卵シーンを綺麗に撮影され、お見事です!
ナツアカネの全身真っ赤な姿が印象的です。
Commented by dragonbutter at 2016-11-15 23:38
yurinBDさん、コメントありがとうございます。
自宅周辺ではかなり分布が広がっているようです。
1匹だけですので、越冬後は途中で見失ってしまうかもしれませんが、できるだけ観察を続けたいと思います。
Commented by mikiosu at 2016-11-17 03:15
こんにちは。
わ〜、玄関先に越冬巣があるとはいいですねえ!
越冬後の幼虫はちょっと大きくなっても巣に戻ってきて休むことが多いので観察できる可能性大です。来春が楽しみですね♪
Commented by dragonbutter at 2016-11-17 22:19
mikiosuさん、コメントありがとうございます。
越冬後の幼虫の情報ありがとうございます。
無事冬を越してほしいものです。
<< 貫禄あるヤゴ | ページトップ | 檜洞丸に登る >>