Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ホシミスジ成長日記20170611など
ホシミスジの幼虫が沢山いたユキヤナギの株。
なぜかどんどん数が減っていった。鳥に食べられたのか寄生されたのか。
5月28日には前蛹と終齢幼虫1匹ずつだけとなった。
e0167571_2311326.jpg
e0167571_23113439.jpg

そして6月3日。その前蛹も消えてしまった。思い返せば上の前蛹もだらーんと体が伸びていて元気がないようではある。5月7日にコデマリで撮ったものはこんな感じに頭部を持ち上げていたっけ。
e0167571_23121768.jpg

結局終齢幼虫1匹だけ。
しかし成虫が飛んでいた。
e0167571_2312594.jpg

6月11日にはその幼虫が蛹にまでこぎつけていた。
e0167571_23132541.jpg
まだ幼虫時代にあった緑の斑紋が残っている。
羽化は20日過ぎになるだろうか。ミキ♂さんが観察した羽化1号は5月21日とのことなので、第1化は1月以上かけてダラダラと発生するのかもしれない。
成虫は数を増しており、ユキヤナギへの産卵も観察できた。
去年の秋キマダラセセリの幼虫がいたオギの株をチェックに行くと成虫がちょこんととまっていた。
e0167571_23134722.jpg
今年もここで幼虫が見られそうだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-13 23:15 | チョウ | Comments(0)
<< SF映画にでも | ページトップ | 湖のホンサナエなど >>