Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新の記事
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、あけまして..
by dragonbutter at 22:44
明けましておめでとうござ..
by himeoo27 at 20:27
ダンダラさん、あけまして..
by dragonbutter at 21:40
banyanさん、あけま..
by dragonbutter at 21:39
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
かいぼり2018
都内のI公園でかいぼりが行われていると聞いて行ってみた(名前を伏せるまでもないですが)。
e0167571_2302171.jpg

I公園でのかいぼりは2013年度と15年度に続き3回目。詳細はマスコミで報道されているが、以前のかいぼり時に比べて在来種が増える傾向があるという。
オオヤマトンボの他に、前回の「かいぼりステーション」では見なかったウチワヤンマがレスキューされていた(下写真の真ん中)。
e0167571_2324737.jpg
e0167571_23124643.jpg
かいぼり隊として活動されたボランティアの方々はお疲れ様でした。
歩道の手摺で3匹フユシャクを見つけた。
e0167571_23135750.jpg
e0167571_2314857.jpg

この2匹はナミスジフユナミシャクだろうか。
e0167571_23143054.jpg
e0167571_23144062.jpg

これはよくわからない。クロバネフユシャクかと思うが誰かご教示ください。
もっとねばってオスも見たかったが、以前その後でひどい風邪をひいたことがあるので、この日は退散とした。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-01-14 23:16 | ヤゴ | Comments(0)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
昨年同様月毎に1枚の写真を選んで並べてみました。ご一緒したお仲間(括弧内に記しました)のおかげで撮れたものがほとんどです。昨年はフィールドに出る機会が減って、蝶と蜻蛉だけでは埋めることができませんでした。
e0167571_22595934.jpg
e0167571_2302689.jpg
e0167571_2304261.jpg

1月 ムラサキシジミ(霧島緑さん、banyanさん、ダンダラさん)
2月 ミスミソウ
3月 スジグロシロチョウ(banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさん、みき♂さん、他)
4月 ムカシトンボ(Yさん)
5月 アオバセセリ(Fさん)
6月 アオサナエ(Hさん)
7月 ハヤシミドリシジミ(霧島緑さん)
8月 ルリモンハナバチ
9月 マダラヤンマ(Hさん)
10月 コバネアオイトトンボ
11月 コノシメトンボ
12月 ルーミスシジミ(banyanさん、theclaさん、Nさん)

今年も皆様に素敵な出会いがありますことを。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-01-01 00:00 | その他 | Comments(10)
年末の公園にて
12月16日は暖かい日となった。
近くの公園へ。
去年より少ないようだが、ユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫の巣が数個。
e0167571_21162496.jpg

コデマリでも初見となる越冬巣が1こみつかった。
e0167571_21165489.jpg

長く伸びた枝の先端付近だった。
ムラサキシジミのオスが下りてきてくれた。
e0167571_21171220.jpg

多分今年の最後の更新でしょう。皆様良いお年を。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-12-24 21:18 | チョウ | Comments(0)
スーパーマクロレンズ
中一光学(中国瀋陽の光学メーカー)からでたFREEWALKER 20mm F2 SUPER MACROというレンズがある(焦点工房から販売)。
なんと4-4.5:1という高倍率である。ペンタックス用もあり、値段が2万5千円程ということで、怖いもの見たさに(笑)ポチってしまった。
こんな感じ、先端がびっくりするほど小さい!
e0167571_22422864.jpg
e0167571_22423981.jpg

レンズのリングは倍率(4-4.5X)と絞りのみ。フォーカスリングはないのでカメラを前後させて合わせる。
買った主目的は蝶の卵の撮影であった。もう買って半年以上経つが、使ってみた印象は・・・
画質はあまり期待していなかったが、まあまあである。
軽いので携帯には便利。
余りにも接近戦になるので、野外での使用はやや厳しい(風が吹いたり近くの枝や葉に触れたりすると被写体が動いてしまう)。
予想通り被写界深度は極端に狭いので深度合成したいところ。
LEDライトなどの補助の使用が望ましい。
ホシミスジとキアゲハの卵(深度合成済み)。
e0167571_22433412.jpg
e0167571_22434424.jpg

トリミングなしである。
拡大するとこんな感じ。
e0167571_22435799.jpg

これはダビドサナエ幼虫の腹端。
e0167571_2244131.jpg
e0167571_22442650.jpg
これは手持ち撮影で深度合成していないもの。使いこなせばもう少しいい写真が撮れると思う。
好みの分かれるレンズだと思う。お勧めはしないが、買ったことに後悔もしていない。
おまけは今年最後かもしれないアキアカネ。公園の石灯籠にへばりついて日光浴していた。
e0167571_22573728.jpg

[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-12-14 07:00 | その他 | Comments(2)
初冬のルーミス
日曜日はbanyanさんと房総へルーミスシジミを撮りに出かけた。
ここに行くのは4年ぶり4回目のこと。
ポイントに着くと見慣れたお二人。theclaさんと千葉のNさんだ。すでに越冬個体を見つけておられ、教えていただく。
e0167571_22581668.jpg

11時近くなるとチラチラと飛び始める。しばらくの間冬の日差しを浴びて開翅するルーミスに遊んでもらった。
e0167571_231031.jpg
e0167571_2311320.jpg
e0167571_2312710.jpg

湿った地面から吸水する個体もいた。
e0167571_2314140.jpg

午後になってお休み体勢の個体。
e0167571_2325270.jpg
葉の枯れた部分の模様にすっかり溶け込んでいる。これなら天敵にも見つりにくかろう。
開翅写真を検討したところ、少なくとも6頭の個体を撮影していた。他にねぐらから動かない個体が複数いた。
banyanさん、theclaさん、Nさん大変お世話になりました。4年前は開翅が撮れてないので、まともな撮影ができたのは実に6年ぶりでした。
e0167571_2383411.jpg

[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2017-12-04 23:09 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |