Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:チョウ( 199 )
Top▲ |
大雪山撮影行-1-
しばらくブログの間隔があいたのは、こんな場所に行ってきたからです。
e0167571_21395015.jpg

大雪山です。以下は6月20日(土)の記録です。
-------------------------------------------------
ずいぶん前からHさんとウスバキチョウを撮るため、この山行を計画していた。
ウスバキは日本では大雪山にだけ生息する高山蝶で、ずっとこの黄金色の蝶に会えるのを夢見てきた。しかしこの蝶、羽化後2、3日で色がうすれて、白っぽくなってしまう。きれいなウスバキに確実に会うには、遅くとも6月20日頃までに登る必要がある。
そこで林道開通直後のこの週末に賭けた!
安い航空券は当然変更が利かないし、仕事の関係からも直前の計画変更は無理。
この日が近づくにつれ悪化する天気予報を横目でにらみながら、玉砕覚悟で19日夜、旭川に飛んだ。
今年の6月の北海道は稀にみる天候不順が続いているらしい。蝦夷梅雨というやつらしい。許された時間は正味3日である。
翌朝、窓から見る空はどんよりと曇っている。でも山は稜線までよく見える。予報からも、今日午前が勝負とみた。
登山口には6時頃着いて、時々薄日が射す中歩きだす。この時期はまだまだ雪が多く、登山道はまだ大部分雪の下だ。緊張を強いられる急な雪渓のトラバースを繰り前しながら徐々に高度を上げる。
8時前に着いたポイントには、既にカメラ片手に初めてお会いする北海道の蝶のアブドゥさんが到着しておられる。気温が低いからか、日差しが弱いからか、ウスバキはたまに飛ぶだけだが、3人で夢中になって撮影した。
e0167571_22282955.jpg
e0167571_22302029.jpg
e0167571_22415964.jpg
新鮮な個体が多いが、もう既に黄色がやや褪せている個体もいた。しばらくするとやはり初対面の四季彩散歩のNoreenさんが登って来られた。Noreenさんが来られた頃からウスバキの出現が俄然増えた。ミネズオウやイワウメで無心に吸蜜をするシーンも撮れた。
e0167571_22433080.jpg
e0167571_22443515.jpg
そのうちもつれ合って飛んでいた2匹が地面に降りた。交尾だ!そこへ別のオスがアタックし、3匹が集まってどうなっているかわからない塊となる。
e0167571_2247493.jpg
e0167571_22491034.jpg
最後のオスがあきらめて飛び去ると2匹はきれいな交尾の姿を見せてくれた。
e0167571_2250745.jpg

皆さんの声で振り向くとキタキツネだ。人を恐れる様子は全くない。
e0167571_22515348.jpg
よく見るとネズミを咥えている。近くに巣穴があって、子供に餌を運ぶ途中だろうか。
Noreenさんの「アサヒ!」という声に走り寄ってアサヒヒョウモンを撮る。
e0167571_22541434.jpg
これも大雪山特産の高山蝶で、撮影チャンスはウスバキより少ないといわれている。残念ながら証拠写真を撮ると飛び去った。アサヒは何度か視界を過ぎったが、カメラにはこれしか収められなかった。
もう一段上の方が多いと聞いて、急な雪渓を登ってみるがアサヒは飛んでいない。
e0167571_22571875.jpg
ここまで来たら、と、更にもう一丁雪渓を越えて頂上まで登り、雄大な残雪の山々を眺めて来た。
e0167571_22584576.jpg

もう1種類撮りたかったダイセツタカネヒカゲの姿は見られなかった。
学生時代に二度登った大雪。当時はひたすら峰から峰へ縦走し、小さな生き物に目を向ける余裕はなかった。今回は雪上の楽園で遊んだ夢のような一日だった。午後からはぽつぽつと雨が降り始める中、下山した。
<山麓の生き物は次回に>
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-06-24 21:35 | チョウ | Comments(8)
所沢ゼフ祭り
あっという間に今年もゼフィルス(ゼフ)のシーズンが通り過ぎようとしている。
ゼフィルス(ギリシアの西風の神)とはチョウ仲間で人気の高いシジミチョウの一群である。
昨年雨で機会を逸した所沢の雑木林をF先生に案内していただいた。今年も予報は微妙であったが、前日に急遽好転し、絶好の日和となる。
林の一角に着いたのが9時過ぎ。林の縁を歩き始める。最初に登場したのが派手な模様の蛾であった。交尾中である。帰ってから調べると、キオビゴマダラエダシャクという長ったらしい名前の蛾であった。普通種のようだが、交尾の写真が撮れたので、ちょっと気持ち悪いがUPしておく。
e0167571_2135826.jpg
F先生が枝を叩くとたくさんのウラナミアカシジミが飛び出した。中には下草にとまっているものもいて、撮影のチャンスも多かった。
e0167571_2154265.jpg
アカシジミもそれなりに見かけたが、少しピークを過ぎている感じで、擦れたものが多かった。
e0167571_216286.jpg
林の中の小径を「ちょっと来い」と鳴くコジュケイが横切った。あまり人を怖がっていないようだ。
e0167571_21113712.jpg
ここにいる平地性ゼフはあとミズイロオナガシジミとオオミドリシジミだ。ミズイロは最初に一度見かけただけでずっと飛ばない。
林の中に入ってしばらく行くと大きな白黒の蝶が飛んでいる。イチモンジチョウより明らかに大きい。ミスジチョウだ!下草に止まったところをゆっくりと近づくが、邪魔な葉をよけて、良いアングルを捜していたら飛ばれてしまい二度と見なかった。見ただけでもラッキーなほど珍しいという。悔しい思いをする間もなく、今度は灰色っぽい小さなチョウが飛んだ。近づくとここではやはり少ないというオオミドリだ。2匹目はゆっくりと翅を広げてサービスしてくれた。残念ながらメスなので青緑の光沢はないが、それでも素晴らしく新鮮で、今朝羽化した個体かもしれない。
e0167571_2112515.jpg

林の中の明るい空き地のネムの木ではキチョウが産卵していた。
e0167571_2113988.jpg

一回りしてから、一応近くの別の林も点検することに。ここが大正解で、栗の花にすごい数のゼフが来ていた。枝を叩くたびに数匹ずつ飛び出すほどだ。ここでついにミズイロオナガも撮ることができ、平地性ゼフの四天王がそろった(ちなみにウラゴマダラとミドリシジミはここにはいない)。
e0167571_21134534.jpg
何と、なかなか撮れない完品の開翅写真のおまけつきであった。写真にはうまく現れていないが、翅表は日の光を浴びると虹色に光った、
e0167571_2114011.jpg

雑木林の宝石ともいえる小さな蝶たちのいるこの林、いつまでも健在でいてほしいものだ。
一日がかりでご案内いただいたF先生、ありがとうございました。祝杯のビールも格別でしたね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-06-07 21:23 | チョウ | Comments(4)
ぐずついた週末
あいにく今週末は天気が良くなかった。土曜日と日曜日の写真をまとめてUPしますが、普通種ばかりです。
5月30日(土)
仕事帰りに小山田緑地に寄る。着いたのは既に2時過ぎ。改修された池と小川でヤマサナエがテリを張っている。このオスはお腹にいっぱい土をつけているがどうしたんだろう。
e0167571_17152837.jpg

日が射さないのでどうしてもジャノメチョウの仲間になってしまった。
まずヒメジャノメの開翅写真を撮る。表だけだとコジャノメとの区別が難しい。
e0167571_17161984.jpg

次はヒカゲチョウ。暗かったんでストロボで撮ったらジャノメ模様の周りに青いリングが浮かび上がって幻想的だ。
e0167571_17164678.jpg

最後はクロヒカゲ。翅が丸くて色が薄いのでメスかな。どれもあまり真剣に撮ることのない蝶だ。
e0167571_1717125.jpg
5月31日(日)
雨が降るのは午後からだというので、さいたま緑の森博物館に行く。去年ウラゴマダラシジミのいたイボタノキでしばらく粘ったが結局現れず。もう羽化しているはずだが、曇天だからだろうか。
樹液酒場に白い蝶がひらひら飛んでいる。何だろうと近づくとアカホシゴマダラだ。
e0167571_17181433.jpg
すぐそばにオオスズメバチがいて気にしながら撮ったので、眼にピントが合っていない。10年ほど前に藤沢で発見された大陸亜種で、誰かが放蝶したと考えられている。ここにも進出したか!春型を撮るのは初めてであるが複雑な気分だ。その後アカホシゴマダラは何度か見かけたが、ゴマダラチョウ(在来種)は見なかった。飛び方はゴマダラチョウよりずっと緩慢だ。
近くの茶畑の脇のマーガレットに今年羽化した新鮮なテングチョウが食事に来ていた。そういえば越冬した個体しか撮ってなかったからいい機会だ。
e0167571_17184949.jpg

帰路は土砂降りの雨となった。あっという間に5月が終わってしまった。来週末は好天を期待したい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-05-31 17:24 | チョウ | Comments(2)
赤城姫に会いに
明日から天気が崩れそうなので、連休最後の遠出をする。
赤城ヒメギフ撮影だ。
以前は群馬県の北部にいくつか産地があったらしいが、現在関東でヒメギフチョウが見られるのは赤城山だけだ。
昨日はニュースで高速の大渋滞を報道していたので、家を5時半頃出たが、既に渋滞は始まっていた。
9時頃目的地に着くと、「赤城姫を愛する集まり」の方たちが集合しているところだったので、お話をしながら一緒に登り始める。途中は1匹も出現しなかったが、山頂に着くと、反対側の南斜面でかなりの数が飛んでいる。しばらくぶりにお会いするTheclaさん他、10人近いカメラマンが既に到着している。薄曇のせいか、結構とまってくれた。
e0167571_21111551.jpg
そのうち2匹がもつれ合って地面に墜落。すわ交尾か!、と思ったが、どうもオス同士の戦いであったようだ。
e0167571_21121163.jpg
一度だけスミレに訪れたが、あわてて撮ったらしっかりピンボケ。まだまだ未熟だ。むしろシャッターを押す寸前に飛び立った写真のほうが面白い(負け惜しみ)。
e0167571_21135015.jpg

超接写で写すと毛むくじゃらな顔が蛾みたいでちょっと気味悪いね。
e0167571_21143469.jpg

帰りにカタクリの花で粘ってみたが、雲が厚くなって飛来しなかった。
やや消化不良ではあったが、初めての場所だからまあまあとしよう。
帰りは覚悟していた渋滞が全くなくて、拍子抜けした。
最後になったが、赤城姫を守っておられる地元の方々に敬意を表したいと思います。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-05-03 21:18 | チョウ | Comments(2)
魚沼の宝石(その1)
今日は新潟の中越地方にギフチョウを見に行くことにした。
ちと遠いので5時前に出発。それにしても好きだね。
途中でちょっとだけ仮眠して(最近早朝出発すると途中で一度眠くなる)、9時前には一応目的地に到着。しかし初めての場所でポイントを知らないので、適当に車を止めて歩いてみる。まず目を引いたのがオオバキスミレ。雪国ではいくらでも見られるんだろうが、表日本の人間にとって黄色いスミレは新鮮だ。
e0167571_2352123.jpg
去年行った小出の近くではカタクリとキクザキイチゲがくさるほど咲いていたが、ここでは非常に少ない(キクザキイチゲは全然見なかった)。ちょっと訪花の写真は難しいかもしれない。
全然飛ばないので少しずつ山手に上っていく。
それでもルリシジミがちらほらするだけだ。しばらく登ると特別大きな杉のある丘陵の上に行き着いた。春日八郎の別れの一本杉が思わず口をついて出てきそうな場所だ(一応私の生まれる前の曲だが)。遠くに残雪で真っ白な守門岳が見える。裸の崖が目に付くが、中越地震の爪跡だろうか。
e0167571_23532741.jpg
まだ早いけどおにぎりをひとつ食べようかと腰を下ろしたところ、突然2匹のギフが飛来した。うち1匹がとまったので証拠写真を撮る。
e0167571_23564719.jpg
新鮮な個体だ。ボロボロのヒオドシチョウも飛んでいる。ギフチョウを探していると必ず現れるチョウだ。
e0167571_23574921.jpg
全く間違ったところに来たようではないので、このあたりを少し落ち着いて歩いてみることにする。しかしここで私にとってはギフチョウよりびっくりするものを見ることになるとは思っていなかった。 (続く、今日は眠いので)
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-04-20 00:07 | チョウ | Comments(0)
土曜の午後のみちくさ
今日は昼過ぎから青空が広がった。
土曜日の午後用に新しいフィールドを、と思い、仕事帰り八王子市の長池公園に立ち寄った。
それほど大きな緑地ではないが立派な林が残り、一角には田んぼや炭焼き小屋があって里山文化がよく受け継がれている。
池や湿地、小川もあり、トンボも期待できそうだ。
今日は今年初めてミヤマセセリのメスに会えた。
e0167571_1913083.jpg
新鮮な個体で、オスに比べて一回り大きいため、飛び方も少しゆったりしていた。
小川の近くでイチリンソウが満開だった。
e0167571_19135361.jpg
今日は短時間であったし、種類は少なかったが、季節が進んでどのような昆虫にあえるか楽しみだ。
明日の予報も晴れ!さて、どうしようかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-04-18 19:16 | チョウ | Comments(0)
再会
私が育った伊那谷南部には黒っぽいギフチョウがいる。「日本一黒いギフチョウ」なんて呼ばれることがある。私も30年以上前にカタクリに訪花したところを撮ったことがある。
今年は高速料金も下がったので再会を期して訪れた。以前見た場所はすっかり変わってどこだったか特定すらできない。ちょっと暗い気分になる。
少し山手に入ってみた。午前中は全く日が射さず、ギフどころかチョウはなんも飛ばない。春の花のフローラもとても貧弱だ。

ミツバツツジが咲く雑木林
e0167571_22532670.jpg

どうしたもんかと思いながらひたすら歩き回っていると、正午過ぎから空が明るくなった。日が当たり始めるととたんにモンキチョウ、ベニシジミ、スジグロシロチョウ、スジボソヤマキチョウたちが飛び始めた。
e0167571_22542996.jpg

e0167571_22545256.jpg

まばらなブッシュをかき分けながら雑木林を進んでいたら足元からギフが飛び出した(こんなことが3回ほどあった)。この蝶は標本や写真でみるとやけに優雅な模様であるが、枯野に止まっていると保護色で本当にわからないんです。その後10回以上は目撃した。久しぶりの再会に胸が高鳴ったが、そんな私をからかうように黒いギフチョウは優雅に飛び回っては消えた。止まったのは2回だけ。1回ははるか遠くの散り残った梅の花、もう1回は急斜面で、近づく前に飛ばれてしまった。気温が低い午前中に晴れなかったのが痛かった。200ミリマクロでは不規則に飛ぶギフの飛翔を捕らえられない。そんなわけで今日は惨敗でした。悔いの残る一日となったが、今でも一応健在とわかったのでよしとしよう。いつかは微笑んでくれるだろう。

今年の初見トンボ、オツネントンボ。こんな林の中にいるところを見ると、まだ成熟していないのだろう。
e0167571_22553044.jpg

ギフチョウは人里近くに産地があることが多い。撮影に行っていつも心痛めるのは廃棄物の不法投棄である。いくら禁止の看板があっても、捨てる連中にとってはどこ吹く風のようだ。日本人のモラルが問われる行為だ。
ところで高速の料金が値下がりしたのはうれしいが、渋滞がひどくなって痛し痒しである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-04-05 23:02 | チョウ | Comments(4)
アゲハ1号
今日は午前中春の雨が降った。
出勤して仕事をしていたが、昼ごろから晴れてきたので、そこそこに切り上げて今日は緑区の四季の森に行ってみた。
駐車場に着く直前、WBCの対韓国戦で日本が決定的な得点を挙げたから、安心して散策を開始。
暖かくてどうみても4月の散歩である。モクレンが満開で、ソメイヨシノのつぼみも今にも開きそうだ。モンキチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、キタテハがちらほらと飛んでのどかだ。
e0167571_18532054.jpg

e0167571_1854571.jpg

しばらく歩くとモンキチョウより一回り大きな黄色と白の斑模様の蝶が目に入る。地面にとまったので近づくとアゲハチョウであった。こんなに早くお目にかかれるとは思っていなかったので、一瞬いるはずのないギフチョウが頭をよぎってしまった。それほど小さくて可憐なアゲハであった。
e0167571_18544139.jpg

私はアゲハ、キアゲハを比べるとキアゲハの方か好きであるが、春一番に羽化したものを間近に見て、少し考え直さないといけないと思った。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-03-20 18:56 | チョウ | Comments(6)
シーズン開幕
何週間か前から撮影日誌をブログに切り替えようと思って、スキンは用意してあったが、シーズンが始まると同時に、と決めていたので今日になった。
今日は久しぶりに朝から快晴の日曜日。僕がチョウだったら飛びまわりたくなるような日だ。今日こそ初蝶に会えそうだ。
朝食もそこそこに所沢の雑木林に行く。まだ朝の冷気が残って心地よい。遠くには真っ白な富士山が見える。畑ではヒバリが鳴いて春うららの陽気である。一回りしてみるが、蝶は現れない。もう少し気温が上がるのを待とうかとも思ったが、10 kmほど先の狭山自然公園まで足を伸ばしてみることにする。
コンビニのおにぎりを食べて歩き始めるとすぐにテングチョウが現れた。去年と比べて1週間遅れの初蝶である。ミヤマセセリを捜すが、まだのようだ。
e0167571_17391170.jpg

車に積んできた折りたたみ自転車を広げて、今度は林に隣接する田んぼに行ってみる。こういうとき折りたたみはとても便利だ。気温も上がってきたせいか、テングとキタテハがたくさん飛び始める。そして今年羽化した蝶の第一号、モンキチョウも1匹だけであるが撮ることができた。春一番のモンキチョウは黒っぽく、ミヤマモンキチョウの雰囲気が漂う。もうちょっとすれば見向きもしなくなるだろうが、今のモンキチョウは貴重だ。複眼がきれいな黄緑色をしていることも初めて気がついた。
e0167571_17413423.jpg

e0167571_1742655.jpg

予想していた顔ぶれではあったが、シーズン開幕となるうれしい一日であった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-03-15 17:47 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |