Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:トンボ( 180 )
Top▲ |
小さな池にも
早くも師走。今年もあっという間に終わろうとしている。
蝶やトンボの季節も終わって、しばらくはヤゴでも探して歩きまわろうかと思う。
ここは神奈川県西部の標高約100mの地点。カエデの紅葉が美しい。
e0167571_233387.jpg
キチョウが複数飛んでいたが、紅葉との組み合わせは撮れなかった。
e0167571_2332016.jpg
この小さな池はすっかり落ち葉に覆われて水面が見えない。周りは完全にコンクリートで固められている。何のための池かよくわからないが、ヤブヤンマは野壺のような小さな水域にも発生するというので掬ってみると、すぐに亜終齢のヤゴが見つかった。
e0167571_2324329.jpg
e0167571_2334680.jpg
e0167571_2335820.jpg
環境からはヤブヤンマだがマルタンヤンマにも似ていて同定は保留。何であれ、ヤンマは成虫だけでなくヤゴもカッコいいでしょ。最後の写真はプラ容器にいれて下から撮影した(首が痛くなる)。
いずれにしても大きなトンボのヤゴは大きな池にいるとは限らないのだ。
そういえば日本一大きなトンボであるオニヤンマのヤゴも、ちょろちょろ流れる小川にいたりする。

ところで最近外付けHDDの調子が悪い。PCで認識されたりされなかったり。仕方ないので完全に逝ってしまう前に、もう一つHDDを買ってバックアップをとった。データの保存方法はいろいろあるが、どれも完璧ではないので悩ましい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-12-02 23:09 | トンボ | Comments(2)
タイヤのパンク
2週間ほど前の朝、家内に駅まで送ってもらおうとしたら 右の前輪がぺちゃんこになっていた。よく見ると釘が刺さっている。前日は問題なかったので、一晩かけて空気が抜けたようだ。その日の夕方スペアタイヤに変えようと思ったら、うちの車にはスペアタイヤは積んでなくて、パンク修理キットで応急処置するようになっていた(そんなことも知らずに乗っていた)。
車のことは詳しくないので説明書を見ながらコンプレッサーで空気とリペア液を充填(音がかなりうるさい)。5km×2回走っても空気圧が下がらないので当面OKということで、10日ほど後にディーラーに行くことに。しかしネットで調べるとパンク応急修理キットを使ったタイヤは交換するしかないようで、それなりの出費を覚悟していた。ところがディーラーで直せるかもしれないと言われ、とりあえず全てを冬用タイヤに交換してもらって連絡を待っていた。
昨日電話でタイヤが修理出来たので取りに来てくれとのこと。新しいキットと込で7000円ほどだと。来春には新しいタイヤ購入を覚悟していたのでちょっと嬉しい。
それにしてもパンクが家で見つかってよかった。以前パンクしたのはアメリカのInterstate-5 を走行中だった。もう20年も前のことだ。たまたま同乗していた弟と必死でスペアタイヤに交換して最寄りのガソリンスタンドに駆け込んだが、今思うと高速道路上でのタイヤ交換はとても危険だった。
写真がないと寂しいので1999年にタイに家族旅行に行った時のフィルム時代の写真から。
e0167571_238750.jpg
e0167571_2381938.jpg
e0167571_2382866.jpg
フォトCDにしてあったのを先日偶然見つけた。当時は蝶やトンボに対する興味はどん底の状態だったのでほとんど撮っていない。今から考えるともったいないことをした。フチドリベッコウトンボだろう。日本での記録は飛来したか持ち込まれたもののようである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-11-13 23:13 | トンボ | Comments(2)
またまた嵐の前に
何と2週続けて大型台風が日本を襲撃することになりそうである。
今日は天気がもちそうなので先週の水田にまた行ってみた。稲刈りが終わっていたらカトリヤンマの観察もし易いかと思ったがまだだった。飛んでいるカトリも少し減った感じだった。いつもながらカトリヤンマの飛翔能力の高さには脱帽だ。矢のような速さで飛んできたかと思うとすぐ近くで急停止してホバリング。ファインダーを向けるとすでに視界から消えている。この大きさでここまでの俊敏さはすごい。
e0167571_22233528.jpg
e0167571_222348100.jpg
かなりの産卵が行われたと思う。来年多くのヤゴが成虫まで育ってほしいな。
この場所でクロバネツリアブの交尾を目撃した。日本最大のツリアブということで2匹つながるとなかなかの迫力。交尾の写真はあまりないようなので載せておく。
e0167571_2224382.jpg

その後のTG-3だが、、。ヤマトシジミ卵の写真。
e0167571_22243018.jpg
何回か撮り直したけど野外ではこれ以上のものは撮れなかった。シジミチョウの卵クラスになると限界があるのだろうか。
FCON-T01をつけてナツアカネを撮ったもの。
e0167571_2225286.jpg
トンボの解像はまだいいとして、背景は何とかならないものか。海野さんは素晴らしい写真を撮っておられるのでもっと勉強しないと。
ここではいかにも産卵しそうなボロのオオウラギンスジヒョウモンがいたのでしばらくそちらに集中したのだが産んでくれなかった(泣)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-10-11 22:29 | トンボ | Comments(4)
嵐の前に
御嶽の噴火の後、今度は大型台風が近づいている。月曜日は出勤できるか微妙だな。
土曜日までは天気がもつという予報だったが、朝から仕事で職場から離れられず、解放されたのが3時近く。さっそく6月にカトリヤンマのヤゴが見られた水田に向かうが、渋滞もあって現地着は4時近くになった。すっかり曇ってしまって既に薄暗い。
水田の周囲を歩き回ると時々黒っぽいトンボが不規則に飛んでいる。暗いので黒っぽく見えるが飛び方と大きさからカトリヤンマに間違いない。しかし少しばかりホバリングしてくれてもうまくフォーカスが合せられない。産卵に来たメスのようだが、稲刈り前の水田の真ん中あたりで潜り込むので手が出ない。午後5時、夕闇迫る水田で撮ったメスの1枚を超証拠写真として載せておく。
e0167571_22124330.jpg

今年東京都下では2か所目のカトリヤンマ。ここの方が数はずっと多そうだ。数分に一度は飛び回り、視界に2匹はいることも。カトリシーズンも終盤であるが、もう一度くらいチャンスはあるだろうか・・・。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-10-04 22:15 | トンボ | Comments(0)
キトンボの秋
御嶽山が突然噴火して、休日ということもあって大きな被害が出ました。被害の全貌が現時点でまだ明らかでありませんが、連絡の取れない方の一刻も早い救出を祈るばかりです。ここは私も学生時代に登った思い出深い山です。
今日は3年ぶりに埼玉県西部にキトンボを見に行ってきた。ここに最初に出向いたのは5年前のこと。あちこちで連結打水産卵が見られ、どれを撮るか悩むほどだったが、3年前は数が減っていた。そして今年は。着いたのが9時半過ぎというのが先ず敗因。それでもやはり少ない。数が少なければ当然産卵するペアも少ない。産卵するペアは着いて30分くらいでいなくなり、縄張りを張るオスもちらほら。草丈が伸びてセイタカアワダチソウが目立つ。以前見たタコノアシが見つからない。そしてこんなものにも会ってしまった。
e0167571_21552329.jpg
関東随一のキトンボ天国も今後衰退していくのだろうか。
とはいっても何とか撮れた数枚を紹介する。
e0167571_21591040.jpg
e0167571_21592396.jpg
産卵シーンは逆光で失敗作だが、産卵弁の前に水を貯めているのが判る。
e0167571_2204498.jpg
e0167571_221855.jpg

今日もマユタテとリスアカネの産卵が見られた。
e0167571_2212933.jpg

リスは近すぎて片方にしかピントが合わない。
e0167571_2214330.jpg
せっかく合ったものは画面から切れている。
e0167571_2215526.jpg

ところで水辺の岩で滑って転んでしまった。とっさにカメラはかばったけど、前のめりになって右手と右膝を強打。痛かったが、幸いにもかすり傷ですんだので撮影を続けられた。キトンボのペアを追っていた時だ。脚力が落ちてバランス感覚も低下しているので気を付けないといけない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-28 22:07 | トンボ | Comments(2)
しばらくぶりの晴天
仕事のない休日ですっきり晴れたのは何週間ぶりだろう。
部活があるという息子を駅まで送ってそのまま西に向かう。
ここは東京で数少ないルリボシヤンマのポイント。
オオルリボシが開放的な明るい池を好むのに対して、ルリボシは小さくて植性の豊かな池(場合により湿地)で育つ。だから産卵を撮ろうとしても草が被って撮りにくいことが多い。おまけにここは谷戸の最奥なので、秋ともなると日差しが届かない。とても暗いのだ。今日は先日買ったブラケットにLEDライトをつけ、クリップオンストロボと合わせて光源を確保してみた。うーん、当たり前だけど重い!マユタテアカネがとても多い。オスはホバリングしながら縄張り争い。
e0167571_21242622.jpg

あちこちで産卵もしている。
e0167571_2124493.jpg
e0167571_21253239.jpg
e0167571_21254276.jpg
しばらく打水産卵すると近くの枝にとまって休むペアもいる。
e0167571_21255790.jpg

ネキトンボも何度か単独で産卵にはいった。
e0167571_21261351.jpg

そしてルリボシヤンマも時々やってきた。何とか葉被りのない写真は撮れた。
e0167571_21262975.jpg
e0167571_21263994.jpg
2枚目はもっと低い位置から撮るべきだったかな。
こちらはオオシオカラトンボの産卵。これは明るい場所での撮影だったので楽勝。
e0167571_215482.jpg

帰りに寄った畑ではニラの花にたくさんのヒョウモンチョウが集まっていた。ミドリヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモンが多かったが、1匹だけ痛みの少ないメスグロヒョウモンがいた。
e0167571_21265315.jpg

大部分暗い谷戸で過ごしたが、しばらくぶりの晴天は気持ちよかった。
現地でお会いした「ホタルの独り言」のFさん、お世話になりました。いろいろお話しできて楽しかったです。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-21 21:33 | トンボ | Comments(2)
カトリヤンマの棲家
早いもので既に9月。夏も終わりだ。
不順な天候が続いており週末は遠出もせず成果も目立ったものはなかった。
これから旬を迎えるトンボにカトリヤンマがある。しかし関東では数を減らしており、確実な産地は少なくなっている。都内では2年前に生き残りのメスを12月に1度見ただけであった。
今年の6月、都内某所で複数のカトリヤゴを見つけた。
e0167571_22315026.jpg
場所は「江(え)」と呼ばれる水田の脇の溝であった(下の写真は別の場所です)。
e0167571_22332293.jpg
江は別名承水路とも呼ばれ、本来は棚田などで隣の田んぼや山からの冷たい水が田んぼに直接入らないようにいったんここに貯めるためのものだそうだ。しかし常時水がたまっているため、色々な生物が住み着き、生物多様性の維持に役立つらしく、最近はトキが住む環境づくりに欠かせないという。ヤゴにとっても絶好の住み家であるに違いない。
そして昨日はやはり都内の別の場所で休耕田にできたと思われる湿地にカトリヤンマが度々飛来した。
e0167571_22334842.jpg
しかしここにはアメリカザリガニもいて今後が気になった。
成虫の写真がないと寂しいので10年(埼玉)と12年(愛媛県)に撮ったオスとメスの写真を載せておく。
e0167571_2233545.jpg
e0167571_22344384.jpg
この日は写真が撮れなかったけどもう少し季節が進んだらまた行ってみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-01 22:37 | トンボ | Comments(2)
猛暑日はヤンマ日和
土曜日は練馬のアメダスで最高気温36.0℃となる猛暑日となった。この週末は涼しい所に出かける予定はなかったので、敢えて猛暑ならではの被写体、ヤンマのぶら下がりを探した。
炎天下、自転車で近くの公園へ。走っていれば風があたるが、信号待ちは辛い。ポイントについてすぐに先達の方々が集まっているのが目に入った。ここは写真愛好家が多いのでいつも既に見つけてくれているのだ。皆さん「今日はすごい」と興奮気味である。ちょっとしたお祭り状態。先ずはヤブヤンマのオス。
e0167571_20501239.jpg
すぐ先にはヤブのメス。
e0167571_20502857.jpg
ヤブメスは初撮影かな。続いてマルタンヤンマのメス。
e0167571_20524294.jpg
上の道でマルタンのオス。
e0167571_20525538.jpg
どれも撮影に絶好な低い位置にとまっている。時期的にまだ破損が目立たず、若い個体ならではの色も残っているベストの状態。
今まで何度も来ているが、こんなに低い位置ばかりにとまってくれていたのは初めて。高温が関係しているのだろうか。またヤブとマルタンのオス・メスパーフェクトも今までなかった。
暑い日のぶら下がりは近づいてもまず逃げないけど、うっかり枝や葉に触って揺らしてしまうとさすがにアウトだろう。だからギャラリーが多くて広角写真はちょっと遠慮していたが、皆いなくなったわずかな隙を狙った撮ってみた。ゆっくり取り組めないので大したものは撮れなかったが。
e0167571_20534075.jpg

ヤンマのぶら下がりはもう卒業、なんて考えていたがやはり2年ぶりのヤンマ探しは暑いけど楽しかった。宝石のような複眼の魅力は何度撮っても色褪せない。
e0167571_20535413.jpg
e0167571_2054986.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-07-27 20:57 | トンボ | Comments(6)
マルタンの朝
今朝はこのトンボに会えた。
e0167571_11453530.jpg

マルタンヤンマのメス。羽化直後の個体だ。マルタンヤンマの羽化は普通夜間行われ、夜明け前に飛び去るということなので羽化シーンの撮影はそう簡単ではない。ではどうして撮れたのかというと、このメスは羽化不全だったから。
e0167571_1146426.jpg
e0167571_11461514.jpg
あたりには羽化殻がたくさん見つかった。もっとずっと早く着けば撮れるのだろうが、暗い池の中ヘッドライトでマルタンを探すのはちょっと怖い。盛夏に産卵シーンは狙ってみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-21 11:54 | トンボ | Comments(2)
細ながーい顎のヤゴ
久しぶりの週末の雨降り(泣)。見たかった蝶があったのだけど、首都圏は8週連続好天の週末だったということだから、たまには週末は休みなさいという天の声かも。
久しぶりのヤゴネタです。トンボはヤゴで越冬するものが多いので、冬にヤゴと遊び始めるとシーズンオフはなくなる。次に多いのが卵での越冬。アカトンボの仲間の大部分とヤンマの一部(カトリヤンマなど)、そしてアオイトトンボの仲間の大部分である。卵越冬だと春孵化した後、急速に成長して初夏にはトンボとなる。若齢の小さなヤゴは見つけるのが難しいので、ヤゴ観察は短い限られた期間となる。この季節はチョウやトンボのハイシーズンなのでなおさらヤゴを撮る機会も少なくなるのだ。プール掃除の際、ヤゴ救出作戦と称して理科教育にヤゴ観察を取り入れている学校もあるようで、その場合はアカトンボのヤゴのことが多い。
今年は4月に里山の休耕田でアオイトトンボのヤゴを見ることができた。アオイトトンボ科のヤゴは尾鰓ですぐわかる。なんと表現していいかわからないが独特の形と模様。
e0167571_18591868.jpg
e0167571_1859498.jpg
大きさはイトトンボのヤゴより明らかに大きい。4月には亜終齢と終齢を見ることができた。終齢になるとオスメスも簡単に区別できるし、成虫同様生殖器の原器の形がオオアオイトトンボとの鑑別に重要となる(左オス、右メス)。
e0167571_1901396.jpg

何といってもアオイトトンボのヤゴの際立った特徴は長―い顎(下唇)である。
e0167571_1904642.jpg
普段は二つに折りたたまれているので獲物を撮るのにこれを伸ばすととてつもなく長くなるのだ。下の写真は腹側から撮った写真であるが、途中で著しく細くなっているのがアオイトトンボの特徴だ。
e0167571_191682.jpg
どうしてこんな形に進化したのだろう。オオアオイトトンボより早めに成長することやヤゴの住む環境(オオアオイトは水面に張り出した木の枝に産卵するのでそういった環境が必要)の違いも鑑別の参考になると思う。
ところで今日は何年ぶりかで映画を見に行った。「夫婦50割引」を使ってね。見たのは家内の希望で「青天の霹靂」。どんな映画か全く予備知識なしで見たのは初めて。雨の週末を過ごすにはおすすめの映画ですよ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-07 19:06 | トンボ | Comments(2)
| ページトップ |