Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:その他の動物( 3 )
Top▲ |
タナゴ誕生
我が家ではもう10年以上も前からタナゴを飼っている。私の昆虫写真熱が再発するずっと前から。
タナゴは二枚貝に産卵する。今までに一度だけ繁殖に成功したことがある。もう10年以上前のこと、タイリクバラタナゴだった。
ここ1-2年はニホンバラタナゴを飼っていた。この春先にアブラボテをペアで買った。アブラボテは気が荒いということで他のタナゴとの混泳には向かないと考えて飼ったことがなかったが、近くの店で見たオスが見事な婚姻色(尻鰭が真っ黒に色づいていた)をだしていたのでつい買ってしまった。
ニホンバラタナゴのオスも今までみたことのないほど美しい薔薇色が現れている。しばらく水槽に入れていたカラスガイをサブタンクに移して1月近く経つだろうか(そのままにしておくと孵化して貝から泳ぎ出た稚魚はあっという間に親達に食べられてしまう)、何気なくのぞいたら稚魚が3匹泳いでいた。
e0167571_2350967.jpg
e0167571_23501796.jpg

さてこの稚魚はアブラボテかニホンバラタナゴか、楽しみである。ただ混泳水槽だと雑種が産まれる可能性があるらしいが、それはそれでどんな色、形か興味がある。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-09 23:51 | その他の動物 | Comments(0)
産卵の季節
グログとHPでリンクを貼らせていただいているKさんの写真が展示されているというので、仕事を済ませて午後から横浜市の会場へ行く。光をうまく味方につける技術に感銘した。
付近の里山は梅が満開で、田んぼにはニホンアカガエル(自信なし)の卵が見られた。
e0167571_2149598.jpg
e0167571_2150137.jpg
来週は春本番を思わせる暖かい日が訪れるという。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-02-20 21:53 | その他の動物 | Comments(2)
White Christmas in Hokkaido
22-23日は急な出張で北海道に一泊で行ってきた。もっといい季節に行きたかったが業務だから仕方ない。道南とはいえ、冬の北海道は初めてなので楽しみな気持ちもあった。
緩やかな流れのため、ダムやセキの開発から免れ、川本来の自然が多く残されているこの川には、毎年約10万匹ものサケが遡上するという。
e0167571_23384749.jpg
この時期には夥しい数のサケの死骸が見られる。
e0167571_23393323.jpg
冬になるとそれをねらってオオワシやオジロワシが渡ってくる。残念ながら望遠レンズを持っていかなかったので撮ることはできなかった。驚いたことに、この真冬でも遡上中のサケが見られた。
あとは行程の合間に撮った下手な写真をいくつか。天気がよければもう少しましに撮れたのかもしれないが。
e0167571_23451314.jpg
海が見える丘で
e0167571_23402081.jpg
海まで滑っていけそうな坂道
e0167571_23403687.jpg
列車の中から撮った駒ケ岳。緯度が高い北海道では低い標高の山でも威容がある。特に冬は。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-12-24 23:48 | その他の動物 | Comments(8)
| ページトップ |