Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:山( 8 )
Top▲ |
檜洞丸に登る
11月6日に丹沢の檜洞丸(1601m)に登った。丹沢の最高峰(すなわち神奈川県の最高峰)である蛭ヶ岳(1673m)には去年登った。檜洞丸の標高は第4番目であるが、第2、第3の峰は国土地理院の地図には名前が載っていないので実質丹沢第2の山といってもいいかもしれない。
西丹沢自然教室に車を止め、ツツジ新道を登る。素晴らしい秋晴れだ。ゴーラ沢は水量も少なく難なく渡渉できた。このコースは樹林の中の上りが続くので、あまり展望はよろしくない。広い山頂も樹林の中なので蛭ヶ岳のようなわけにはいかない。
e0167571_22532232.jpg
1000mを超えると紅葉は大体終わっていた。
e0167571_22513456.jpg
e0167571_22515389.jpg
しかし富士山の眺めは素晴らしかった。
e0167571_225419.jpg
e0167571_22541781.jpg
これは去年登った蛭ヶ岳。
e0167571_22551814.jpg

本当はコイワザクラかシロヤシオの咲くころ登りたかったが、この春は都合がつかなかった。今回は日頃の運動不足のまま登ったので急登にはこたえた。また挑戦する機会があればもうちょっとトレーニングをしてからにしようと思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-08 22:50 | | Comments(0)
神奈川県最高峰に登る
僕は東京都民で職場は神奈川県。しかし両都県ともその最高峰に登ったことがない。雲取山も蛭ヶ岳も標高の割に奥深い山だ。
日曜日に丹沢の最高峰蛭ヶ岳(1673m)を目指した。単独行である。深田久弥の「日本百名山」には「私がその頂上に立ったのは随分前のことだが、いかにも深山の感じがしたのは、そこから見渡すあたりが鬱蒼たる森林のためだったろう。(中略)ただ表尾根を歩くだけでなく、その奥深く入れば、山の規模は大きく複雑で、容易にその全貌をつかめない。」とある。きつそうだがいつか登りたいと思っていた。
蛭ヶ岳は日帰りルートがいくつかあるが、一番距離が短い青根(相模原市)からのコースで登った。短いとはいっても往復で15kmを超える。
登り始めは6時35分。曇って冷たい風が吹いていた。山にも低い雲がかかっている。しかし予報通り八丁坂の頭に着いた頃から晴れてきた。圧巻は姫次(ひめつぎ)で突然目の前に現れた新雪の富士山だった。
e0167571_2322276.jpg
一方目的地の蛭ヶ岳山頂はガスの上にわずかに顔を出している。
e0167571_2323820.jpg
まだ遠いし随分高く感じる。蛭ヶ岳山荘がまるで天空の城の様だ。
蛭ヶ岳の最後の上りでは紅葉の檜洞丸の向こうに富士山が見える形になる。
e0167571_233125.jpg
頂上は360度のパノラマ。絶好の天気となった。
e0167571_2332886.jpg
e0167571_2334451.jpg

このルートは最短ルートの割に歩く人が少ない。色づいた葉が風で舞い落ちる音を聞きながら静かな山歩きが楽しめた。
e0167571_234296.jpg
e0167571_237820.jpg

頂上でラーメンを食べ、下る途中でコーヒーを沸かしてゆっくり休みをとって、スタート地点に戻ったのが3時頃だった。万歩計は3万歩を越していた。
充実した一日となった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-10-19 23:24 | | Comments(2)
初秋の八ヶ岳
シルバーウィークは山に登った。
高校の同級生が企画した八ヶ岳山行。
僕は仕事の関係で後半の参加。
後半は赤岳鉱泉から天狗岳までを往復して美濃戸口に降りるもの。
赤岳鉱泉と帰りに通る硫黄岳の標高差はせいぜい550mであったが、多くの峰を超えて往復するルートは想像以上にハードなものだった。
降りてから調べるとコースタイムは11時間。累積した上りは1300m。きつかったはずだ。
それでも天気が良くてよかった。富士山が見えれば最高であったが。
企画してくれた友人たちに感謝!
e0167571_19492820.jpg

赤岳鉱泉から。紅葉が始まっていた。
e0167571_19494119.jpg

大同心と横岳。
e0167571_19495560.jpg

赤岩の頭からの赤岳(左)、阿弥陀岳(右)。遠くに南アルプス。
e0167571_1950969.jpg

東天狗岳(右)と西天狗岳(左)
e0167571_19501966.jpg

硫黄岳の爆裂火口
e0167571_19503026.jpg

硫黄岳からの南八ヶ岳の稜線
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-09-23 19:56 | | Comments(0)
早川尾根は南アルプスの展望台
連休は高校の同学年の仲間から登山のお誘い。目指すは南アルプス早川尾根の最高峰アサヨ峰(2799m)。南アルプスは若い頃大体踏破しているが、鳳凰三山と早川尾根は残っていた。
伊那側から最終バスで北沢峠に入る。好天の連休とあって幕営場は色とりどりのテントで満杯。始発バスは20台出たという。ありがたいことに地元の仲間がテントを張って夕食の段取りも考えてくれていた。
沢の音と寒さで何度か目が覚めたが、天気の心配はなさそうな朝を迎えた。登山隊は計6人。高校時代の山岳部、今でも青梅マラソンに出場、といったそうそうたるメンバーだ。前日は仙丈ヶ岳に登って連チャンというのだからすごい体力だ。ついていけるか不安があったが、楽しい話に花を咲かせながら、また360度の大パノラマに励まされながら何とか登り切ることができた。アサヨ峰で飲んだほんの一口のウィスキーの美味かったこと。
以下その大パノラマです。
写真1: 栗沢山から間近に望む甲斐駒ケ岳。花崗岩の白い頂が眩しい。
写真2: アサヨ峰から見た南アルプスの女王、仙丈ケ岳
写真3: アサヨ峰から見た日本第二の高峰北岳、ずっと右に塩見岳
写真4: 栗沢山からアサヨ峰(右手前)と鳳凰三山(左奥の稜線)。わずかに紅葉が始まっていた。
e0167571_23495596.jpg
e0167571_23502081.jpg
e0167571_23505041.jpg
e0167571_2351683.jpg

山に登る前後で多少蝶とトンボの写真も撮りましたので後日載せます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-24 23:57 | | Comments(0)
八ヶ岳に咲くツクモグサ
この週末は梅雨空の中、八ヶ岳に登った。先週末の三ツ峠山は八ヶ岳の予備登山だった。目的はツクモグサの撮影。
高山植物の中には極端に分布の限られるものがある。その筆頭がキタダケソウ。世界中で北岳の頂上直下にしか見られない。キタダケソウは6年前に撮ることが出来た。ブログを始める前のことだ。
ツクモグサも本州では白馬岳と八ヶ岳(横岳)にしか分布しない貴重な花だ。両種とも観察を厄介なものにしているのが開花時期である。花の咲くのが梅雨の最中なのだ。雨に降られたくないと言っているとなかなかチャンスがないのだ。
今回も「午後から雷を伴い強く降る」という土曜の予報だったが、運良く稜線に出ても幸い雷は鳴らず、風もほとんどなかった。
e0167571_23404278.jpg
ガスの中、ケルンを頼りに辿りついた硫黄岳山荘はこの日「タルチョ祭」という安全祈願祭の日だった。
e0167571_234118.jpg
夜はリピート山中氏のコンサートがあり、また地酒もたっぷり振舞っていただき楽しい時を過ごした。小屋に着いた直後から雨が降り始め、一晩中止まなかった。
翌朝も続く雨とガスの中、横岳を目指す。雨はすぐ小ぶりとなったが風が強い。横岳に近づくと広い稜線が一変し、狭い岩稜となり、鎖や梯子が出てくる。岩が濡れているので慎重に進む。
e0167571_23411914.jpg
ツクモグサは横岳最高峰のすぐ手前の切り立った崖に咲いていた。
e0167571_2342234.jpg
こんな岩場に。
e0167571_23422268.jpg
そこそこの数が見られるが、足場が悪くて撮影できる株は限られる。この花はお分かりのとおりオキナグサに近い種類で、暖かそうな毛に覆われている。
e0167571_23424378.jpg
赤岳や阿弥陀岳を背景に撮りたかったが、ガスの中雨に濡れるツクモグサもまた良い。
この他に見られた花を少し。チョウノスケソウ。これも初めて見た。
e0167571_23425881.jpg
オヤマノエンドウとハクサンイチゲ。
e0167571_23431328.jpg
e0167571_23432368.jpg
これまた初見のウルップソウには少し早過ぎで、小さな一株を見ただけだった。
e0167571_23434471.jpg
まだまだ高山植物のシーズンはこれからなのだ。麓の登山道の脇にキバナノコマノツメの見事な群落があった。
e0167571_2344332.jpg

山岳展望には恵まれなかったが、目的も果たせ思い出に残る山行となった。
e0167571_2344177.jpg
一緒に登っていただいたHさん、お疲れ様でした。
最後に一つ、残念、というか心配な風景。赤岳鉱泉の先で広範囲に剥がされた樹皮。
e0167571_23443687.jpg
鹿の食害だ。鹿も生きるのに必死なのはわかるが、これは深刻だ。鹿の駆除にオオカミを放せば、という考えが分からないでもない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-06-17 23:49 | | Comments(2)
三ツ峠山に登る
たまには脚力を鍛えようと、妻を誘って土曜日に日本二百名山である三ツ峠山に登った。
日和っていちばん簡単なコースを登ってしまったので、ほとんど汗もかかず、なんとなく山頂についてしまった。
e0167571_15472885.jpg
ガスがかかって楽しみだった富士山の眺望もなし。下界は暑かったようだが、頂上直下の山小屋の温度計は9.5℃!とても寒かった。
人気の岩場ではロッククライミングを楽しむ人々がいた。
e0167571_15474263.jpg

山頂近くではアツモリソウが咲いていたが、動物園のような檻に囲まれていて撮る気にならなかった。そこまでしないと盗掘を防げないのは嘆かわしい。アマドコロが咲いていた。
e0167571_1548172.jpg

中腹で登山道の脇にある支柱のワイヤーロープを通す穴?になんとヒガラが巣を作っていた。
e0167571_15494238.jpg
人の腰より低い位置だ。しきりに餌を運んでいたが大丈夫だろうか。登山者がしょっちゅう通るし、蛇なら簡単に登れてしまう。
麓の林道を歩いていると羽化したてのキマダラヒカゲ。
e0167571_15502435.jpg
これはどうみてもヤマだよね。吸水したそうに同じ場所を飛び回っていた。
e0167571_15503654.jpg
ヒオドシチョウが登山者の車の周りを飛んでいた。ルーフキャリアにとまって吸水を始めた。
e0167571_15505315.jpg

未熟なカワトンボのメスが弱々しく飛んできてとまった。
e0167571_1551910.jpg
アサヒナカワトンボだろうと思いながら撮ったが、このあたりはニホンカワトンボとの雑種と考えられる伊豆個体群というタイプが住む領域のようだ。最終的にはゲノム解析をしないと判らないのかな。
人里まで下りると宅地造成が頓挫している空き地に擦れたミヤマチャバネセセリがいた。
e0167571_15515555.jpg

今年はクモガタヒョウモンを見る機会がとても多い。
e0167571_15522075.jpg
これもオス。メスが撮りたいのに。するとそこに小型のヒョウモン?が絡み始めた。
e0167571_15525881.jpg
いやがって飛び立つけどすぐにとまるので何回か撮影チャンスがあった。
e0167571_15531111.jpg
絡んだ相手はなんとキタテハだった。数分間にわたって執拗に追いかけていた。
e0167571_15533243.jpg
オスなのに腹部を上げて交尾拒否(?)(笑)。
携帯によるとこの日は2万歩以上歩いたが、期待通りの脚力アップにはならなかったと思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-06-09 15:59 | | Comments(2)
3年ぶりの北アルプス -その3-
2日目、3日目は軽く触れるだけで済ませようと思う。2日かけて登ったところは正に雲上の楽園であった。山の上は登った日は悪天候で、3日目は日程的にきつくてゆっくりできず、高山蝶を撮れなかったのは残念だった(いたとしてもクモマベニヒカゲ程度であっただろうが)。
e0167571_2226860.jpg
e0167571_22262124.jpg

3日目の復路も同じ道を選んだ。最後のポイントでもう一度産卵場面が撮れた。
e0167571_22274768.jpg
産卵に疲れたのか葉上でゆっくり開翅を始めた。
e0167571_2228686.jpg
まだ撮れていなかった青斑の広いメスだ。開翅の瞬間、大粒の雨が落ち始める。その後数秒間シャッターを切り続けたが、この子もさすがに観念して雨宿りの場所を探して飛び始めた。私もあわててザックの場所に戻りカメラをビニール袋にしまいザックカバーと雨具を取り出す。その後は雨が降ったりやんだりのなか、重い足を引きずり最後まで何とか歩ききった。小雨の中、眼下の林ではフジミドリシジミとウラクロシジミ(ピカピカと白く光っていたので多分そうでしょう)がテリ張りをしていたが、撮影できる距離ではなかった。
今回はオオゴマに始まりオオゴマで終わった山行でした。オスの開翅は宿題です。
Hさんご、同行感謝します。貴重な交尾まで見つけていただいて。
健脚者にはなんていうこともない山行日程であろうが、3日間何とか歩ききってくれた自分の二本足を褒めてあげよう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-08-11 22:33 | | Comments(10)
中央道からの山岳展望
連休は法事で信州の田舎に帰っていた。法事以外にも、たまった用事があり、あわただしく過ごした。
11月にしては山の雪が多めだった。
中央道からは日本の高山のほとんどが展望できる。でもベストスポットはサービスエリアの間にあるのが残念だ。私の好みは笹子トンネルを越えたあたりからの白根三山、日野春付近からの甲斐駒、飯島町付近からの南駒かな。
下は今回サービスエリアから撮った写真。見える山々のほんの一部だ。曇天の上、加工を重ねて画質は落ちているが。

駒ケ岳SAからの中央アルプス
e0167571_23213823.jpg
駒ケ岳SAからの南アルプス
e0167571_23225023.jpg
諏訪湖SAからの八ヶ岳連邦
e0167571_23231186.jpg
ある稜線には苦しい、またある峰には幸せで満たされた思い出がある。あの頃は時間も体力も今の私からは羨ましいほどあった。

山の名前は確かだと思います、、多分、、いや、ひょっとすると・・・・・・・
間違ってたら教えてね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-11-25 23:29 | | Comments(0)
| ページトップ |